アウトドアUV ホワイト SPF50+/PA+++

塗りやすい!落ちづらい!持ち運びで邪魔にならない!虫除け効果!塗り直し必要頻度は最低ランク!その上で最高クラスの紫外線カット機能がある。とにかくアウトドアに必要な性能を抑えきった日焼け止めがアウトドアUVホワイトです。

目次

created by Rinker
OUTDOORUV(アウトドアユーヴイ)

こんな人におすすめ!

キャンプや登山、スキーなどのアウトドアにとにかくぴったり。
コンパクトで持ち運びやすく、固形タイプだから漏れの心配も無いし、落ちずらい最高クラス性能+水にも強いので、塗り直しのしずらいアウトドアのタフな環境にもしっかり対応。全く邪魔にならないので、アウトドア好きのザックや車にとりあえず忍ばせておきたい一品。

ここがすごい!

  • 使いやすいスティックタイプだから、気になったときに手を汚さず片手でささっと使える。手袋OK!

  • 紫外線防止剤に、低刺激かつエコ向きの紫外線散乱剤のみ2種を配合。その上で紫外線防止機能は高性能を実現している

  • 性能の落ちない紫外線散乱タイプのみ配合、その上、オイルベースで汗・水に強いから、高温多湿、アウトドアのタフな環境でも、持ち前の高機能を長時間維持
    だから
    塗り直し頻度も少なく済む!

  • アウトドアで大変ありがたい虫除け成分配合!

  • 固形小型のスティックタイプだから漏れの心配も無い!邪魔にならず持ち運びに便利!

まさに、アウトドアのために、、、だけを純粋に考えた成分設計。
小型スティックタイプであることも◎。
アウトドアを良く知っているアイテムです。

効果的な使い方

小さくて持ち歩きやすいうえに、漏れないのできにせず持ち運べるアウトドアUVです。効果が落ちにくいとはいえ、持ち歩いて気になったときにささっと塗りたせば、さらに効果的。
また、弱点は白浮きくらいなもの、このため汎用性にもとっても優れています。
かばんや車に1本づつくらい備えておくととっても便利です。

選ぶときの注意点

散乱タイプは紫外線カット性能が低下せず、しかも落ちづらい固形オイルタイプ。塗り直し頻度は他の日焼け止めと比べて圧倒的に少なくてよいといえますが、それでも、落ちてしまえばやはり性能は落ちます。タオルで汗をゴシゴシ拭くなどしたときは性能も落ちているかも知れないくらいは意識して、必要に応じて塗り直ししましょう。

また、アウトドアUVは散乱タイプの宿命、白浮きを起こします。
ナチュラルカラーでもそれなりです。
ただ、マイカという成分が酸化チタンを取り込んで特別な散乱を発揮して、肌色をいかしたナチュラルな光沢を引き起こすと想定でき、良く言う日焼け止めの白浮きとは異なります。
※個人の感想です

本商品の特徴。スティックタイプの日焼け止め類似商品

コスメ先進国韓国では、スティックタイプはたくさんありますが、日本ではまだまだ珍しいです。なので、類似品記事も少ないですね。良いもの見つけたら随時更新していきます!

スティックタイプ日焼け止め徹底比較!

アウトドアUV最高の特徴といえるのはスティックタイプであること!だとおもいます。
ですからスティックタイプでおすすめの日焼け止めだけを並べて比較をしてみました!

商品イメージ
値段 ¥2,970 ¥1,700 ¥749 ¥2,848 ¥2,400
配合量 10g 10g 10g 15g 20g
どんな人向き? 長持ちで塗り直し頻度が少なく済む。虫除け機能つきのアウトドア向け。 4種の防止剤をバランスよく配合!絶対焼かない! コスパ抜群!塗り直しも躊躇無くガンガンいける?! 塗り幅NO1!ひと塗りで広範囲をカバーできるからささっと使える! 白浮きは嫌だけどカット機能は高目が良い!
SPF 50+ 50 50+ 50+ 50+
PA +++ ++++ ++++ ++++ ++++
日焼け止めの種類 散乱剤(亜鉛+チタン) 吸収剤+散乱剤(亜鉛+チタン) 吸収剤 吸収剤 吸収剤+散乱剤(亜鉛)
アルコール(エタノール) なし なし なし なし なし
落ちにくさ
洗顔方法 石けんレベル クレンジング+石けんレベル クレンジング+石けんレベル 石けんレベル 石けんレベル
白浮き あり あり なし なし なし
タイプ スティック スティック スティック スティック スティック
AMAZON 購入 購入 購入 購入 購入

長持ちで塗り直し頻度が少なくてすむもの→アウトドアUV
塗り直してでも絶対焼かない→ブリサマリーナ
とにかくコスパ重視→スキンアクアパーフェクトUVスティック
白浮きしたくない→さらさらUVスティック
なるべく白浮き無しかつ高性能→雪肌精
ですね!

ユーザーの口コミ

6月頭に1500から1900mほどの山へ行った折りに使用しました。その日は真夏と思えるほどの快晴で、紫外線はさぞ恐ろしい事になっていたと思います。
5時間ほど、稜線(日向)を多く歩くコースで、同じコースを歩いていた人たちの中には腕が真っ赤に火傷のように為っていた人も多かったのですが、こちらを1時間から1時間半毎に(休憩毎に)塗り直していたところ、全く焼けませんでした。

こちらの「ナチュラルカラー」は白塗りお化けにならないので塗り直すのが苦ではありません。「ナチュラルカラー」は「ベージュ」というより「オークル」という感じのやや暗めの色ですが、もともとアウトドア用ですから白すぎて浮くよりは暗めの方が馴染むかも知れません。

購入時に、白とベージュとどちらにしようか迷いましたが、白にして良かったです。肌の色が白い方なので、固まって付いたところ以外は気になりませんでした。(指で伸ばせばok)
香りも好きです。
腕に塗った部分はベタベタがちょっと気になりました。石鹸では落ちている感じはしませんでした。
手があまり汚れなくて塗り直しに便利なので無くなったら次も購入すると思います。値段をもっと安くして欲しいです!!

使用感ですか、するする伸びる、まではいかないものの、スムーズに塗ることが可能です。
驚いたのが防水力で、手の甲に塗り、軽く手を洗ってみましたがしっかりと水を弾いていました。

スティックタイプだから頬など比較的平らなところは塗りやすいが小鼻はうまく塗れない。使用感はサラッとはしていない。ただアウトドアではこのくらいが使いやすい。

パッケージの可愛さと強い保護力に期待して購入。登山での使用だがきちんと塗れば日焼け知らず。スティック状なのが使いやすい。ダレないのだ。顔に適当に擦り付け、指で延ばせば完璧。
ちょっとお高いがおススメ。

高い
小さい
でも良い!
というレビューが多いですね。
個人的には、性能はもちろんですが、蓋に描かれたクマがお気に入りの決め手。

おともにおススメ!

アウトドアUVは、固形オイルタイプだからかなり強い皮膜と撥水性をもっています。
アウトドアでは心強い性能維持機能となってくれますが、家に帰れば落ちづらい困ったチャンです。
石鹸レベルでも落ちなくは無いですが、クレンジングでの洗浄が確実だし、結果的に低刺激におさまります。
オススメは、ファンケルのマイルドクレンジングオイルです。

ファンケルのマイルドクレンジングオイル最大の特徴は、

刺激となる要素を徹底排除したうえで、しっかり落とすのに必要な洗浄力に調整した合成エステルをバランスよく配合していること

です。
ミネラルオイルベースのクレンジングではお肌の潤いをつかさどりお肌に必要な油性成分まで吸収してしまう心配がありますし、
石鹸や油脂クレンジングでは、洗浄力の低さに心配があります。
アウトドアUVくらいの皮膜を持っているのであれば、なるだけさっぱり落とせる合成エステルタイプのマイクレがちょうど良いです!

まとめ

釣り人、山男、山ガール、アウトドア好きならとにかく一本手に入れておきたい1本といいたい日焼け止めです。
小さくてほんと邪魔にならない点が最高にお気に入り部分。
この小ささで3000円!?
気持ちはわかりますw
でもやっぱりこれ!って自信を持って言える一品です。

私自身、普段使いこそ別のものを使っていますが、持ち運びはアウトドアUV。
常に持ち歩いています。
趣味の山登りでは、もはやお守りみたいな存在です。

わたしにとってはこのクニャクニャクマが守り神です。
もっともおすすめしたいコスメアイテムの一つです。

全成分表示

  • 〈全成分〉イソステアリン酸ヘキシルデシル・マイカ・酸化亜鉛・酸化チタン・トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2 ・合成ワックス・パラフィン・オレイン酸ポリグリセリル-2・(エチレン/プロピレン)コポリマー
  • ・ヒノキチオール・ハッカ油・ユーカリ葉油・トコフェロール・水酸化Al・ステアリン酸・ジメチコン
Scroll to Top