当サイトはアフィリエイト広告を利用しています 

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ) SPF50+/PA++++

シンプル イズ ベスト。無印良品のよいところですよね?
そんな無印良品で選べる日焼け止めは全10種類!その中でも高いカット機能と汎用性の高さが欲しい方に最もおススメできるのが無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)といえます。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+/PA++++とは?

created by Rinker
¥1,730 (2024/02/24 10:50:57時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥890 150mL ¥5.9/mL

無印では2つしかないSPF50+/PA++++の国内最高ランクの紫外線カット機能を示す日焼け止め。
同じくSPF50+/PA++++の日焼け止めローション SPF50+ PA++++とはしっかりと差別化が計られています。

では、無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)とは、どんな日焼け止めなのか?紐解いていきましょう。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+/PA++++のメリット

SPF50+/PA++++とにかく高い紫外線カット機能がまず注目できますよね?
カット機能の高さを中心に無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPFのメリットを抜粋してご紹介していきます。

国内最高ランクのSPF50+PA++++の紫外線カット機能を示す

SPFとは、肌浸透性こそ低いものの、高いエネルギーによって肌を焼く、UVBによるヒリヒリ痛い赤い炎症、サンバーンをどのくらい引き起こすことを阻止してくれるか?を示します。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)が示すSPF50+は、無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)を塗れば、塗らなかったときの50倍以上サンバーンを起こさなかったことを示します。

日焼けは、UVBによるサンバーンをきっかけに起こすお肌のバリア機能という見方ができるので、SPFはUVBカットや、日焼けを防いでくれる指標と見ることができます。

一方、PAは、エネルギーこそ小さいものの、浸透力が強いため、お肌奥のとっかえのききづらい大切な機関への蓄積ダメージをうみ、シワやたるみといったエイジングを引き起こすUVAをどの程度カットできるか?を示します。

具体的には、UVAによって起こる特殊な日焼け、サンタンが起こるのをどのくらいの時間遅らせることができたか?を示すのです。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)はPA++++。
サンタンを起こすのを16倍以上の時間遅らせたことを示すのです。

PAの測定には、人口のUVAの商社によって行われるので、PAはUVAのカットの指標と見ることができるわけですね♪

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)はSPF50+PA++++の国内最高ランクのカット機能を示すので無印良品の日焼け止めの中でも、タフなレジャー向け、絶対焼きたくない方や、紫外線ダメージを極力減らしてエイジングケアに全力を注ぎたい方に向いています。

超シンプル!3種のバランスのよい紫外線吸収剤で、幅広い紫外線波長をカットしてくれる期待が持てる

紫外線とは目に見えないほど波長の短い光エネルギーの総称で、地上に降り注ぐ紫外線は実際には、280-400nmもの波長幅があり、

日焼けの元になるお肌表面を焼いて、赤くなってヒリヒリ痛いサンバーンを引き起こすUVB(280-320nm)
長い時間をかけてシワやたるみといったエイジングを引き起こすUVA(320-400nm)

の二つに分けて呼ばれています。
日焼け止めならば、UVBもUVAもカットして欲しいですよね?
ところが、日焼け止めの紫外線カット成分はカットが得意な波長幅が成分によって違っているので、1つの成分で全波長幅の紫外線をカットするのは難しいと想定できます。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)には、日本の代表的な紫外線吸収剤

UVAのカットが得意な

  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

UVBカットが得意な

  • メトキシケイヒ酸エチルへキシル
  • エチルへキシルトリアゾン

の総勢3種のバランスの取れた紫外線カット成分が超シンプルに配合された日焼け止めです。

このため、UVAもUVBもバランスよくカットしてくれる期待が持てます。

参考価格¥5.9/gの最高ランクのコスパ

私の知る日焼け止めは549種類。
その中でもトップクラスのコスパを示すのが無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF。

シンプルな内容がこの驚愕のコスパを生み出していると考えられます。
ですから、普段使いに取り入れれば年間のランニングコストは激減!

下手な化粧水なんかより、紫外線カットによる保護やエイジングのほうが絶対効果的なので(持論)是非取り入れてみるべきコスパ!
お試しに最適なので、だまされたと思ってはじめてみてはいかがでしょうか?
だまされても低コストですみますw

大容量+便利なポンプタイプ

日焼け止めとしては大容量の150mL配合で便利なポンプタイプ♪
玄関の下駄箱においておけば、ちょっとしたごみだしや、コンビニへの買いだしでも忘れることなく気軽に紫外線対策できるので、普段使いにぴったりです。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+/PA++++のデメリット

シンプルかつ安さ爆発ゆえ、デメリットもいくつかあります。

紫外線カット機能が長続きしないと想定できる

紫外線カット成分は、紫外線カットの方法の違いから

紫外線吸収剤
紫外線散乱剤

に分けることができます。

紫外線吸収剤は紫外線エネルギーをまともに受けて、お肌を紫外線ダメージから守ってくれる成分です。

紫外線吸収剤の紫外線カット
紫外線吸収剤の紫外線カット

紫外線エネルギーをまともに受けて、熱や赤外線へと変換するので、紫外線をカットすればするほどカット機能が低下していきます。

これに対し、紫外線散乱剤は紫外線エネルギーを受けるのではなく、屈折させることでお肌を守ります。

紫外線散乱剤の紫外線カット
紫外線散乱剤の紫外線カット

紫外線をただ受け流すだけなので、紫外線カットの過程では変化を起こすことも無いために、いくら紫外線をカットしようともカット機能は低下しません。

その代わりに、可視光線までも屈折させてしまうので、塗ったところが不自然に白くなる白浮きをおこします。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+/PA++++は、紫外線吸収剤だけでできた日焼け止めなので、これ以上なく紫外線カット機能が低下しやすいと想定できます。

ですから、いくらSPF50+PA++++の国内最高ランクの日焼け止めといっても、長時間の使用には向いておらず、こまめな塗り直しが必要といえます。

エタノール高濃度配合が想定でき、アルコール過敏症の方や冬場には向かない

このご時勢とってもお世話になっているエタノールですが、殺菌成分ですから当然お肌の負担になりやすく敏感な顔に使う場合、敏感肌の方に限りますが、軽度のトラブルを引き起こす心配はあるにはあることを抑えておきましょう。

また、エタノールはすばやく揮発して、お肌の熱をとってくれるので清涼感が楽しめます。
ですが、冬場にはいらない機能ですよね?あわせて抑えておきましょう♪

紫外線吸収剤が苦手な肌には使えない

紫外線吸収剤は、変化を伴うこと、熱エネルギーや赤外線を生み出すことなどが起因となって、軽度の刺激として表れることが稀にあり、敏感肌の方の中では吸収剤を利用した日焼け止めが選べないといった方が実際にいらっしゃいます。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+/PA++++は国内最高ランクのカット機能を紫外線吸収剤だけでたたき出した日焼け止めなので、吸収剤濃度もMAXクラスと想定できます。

敏感肌や吸収剤が合わない方にはせっかく買っても使えない!何てことも想定できるのでテスターでの事前チェックなどで確かめてみると間違いが少なくて済むといえます。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+PA++++の代替品

さらに高い紫外線カット機能が期待できる日焼け止めが、無印シリーズには存在します。

無印良品 日焼け止めローションSPF50+PA++++です。

無印良品 日焼け止めローション 30mL SPF50+ PA++++

参考価格 ¥1400 30mL ¥46.6/mL

当たり前のようにコスパ単価が爆上がりしますがw
内容を見れば納得です。

紫外線散乱剤の

  • 酸化亜鉛

効き目長持ちが期待できる優秀な紫外線吸収剤

  • オクトクリレン

を含む4種類を含む全5種類もの紫外線カット成分で構成されています。

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+PA++++と同じSPF50+/PA++++ですが、構成内容が充実しているので、幅広い紫外線波長でのカット機能やカット機能の持続性に更なる期待が持てるわけですね。

そのかわり、紫外線散乱剤である酸化亜鉛は高い屈折率がものを言って、塗ったところが白くなる白浮きを起こしますし、優秀な紫外線吸収剤は優秀なほど敏感肌に合わない傾向にあるので、高いカット機能によるデメリットも発揮してしまうこともあることは抑えておきましょう♪

無印良品 日焼け止めシリーズ比較表

商品名アウトドアスプレー日焼け止めシート日焼け止めジェル日焼け止めミスト日焼け止めミルク日焼け止めミルク (敏感肌用) 日焼け止めミルク (薬用美白)日焼け止めローション 30mL SPF50+ PA++++日焼け止めローション 30mL SPF30 PA+++日焼け止めローション シトラスハーブの香り 30mL SPF30 PA+++
イメージ
SPFSPF33SPF12SPF50+SPF30SPF30SPF27SPF31SPF50+SPF30SPF30
PAPA+++PA++++PA+++PA++PA++PA+++PA++++PA+++PA+++
アマゾン人気順位30位 (顔用日焼け止め)90位 (顔用日焼け止め)82位 (全身用日焼け止め)72位 (顔用日焼け止め)22位 (顔用日焼け止め)396位(全身用日焼け止め)
参考価格¥890¥760¥890¥790¥990¥1,490¥1,590¥1,400590750
内容量50mL12枚150mL50mL150mL150mL150mL30mL30mL30mL
コスパ¥17.8/mL¥5.9/mL¥15.8/mL¥6.6/mL¥9.9/mL¥10.6/mL¥46.6/mL¥19.6/mL¥25/mL
落ちにくさ
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の総数3134132511
ベース成分ミリスチン酸イソプロピル 水添ポリイソブテン水 DPG水 エタノールシクロペンタシロキサン ジメチコン水 BG水 シクロペンタシロキサン水 シクロペンタシロキサン水 シクロペンタシロキサン エタノール水 イソノナン酸エチルヘキシル水 イソノナン酸エチルヘキシル
香りシトラスハーブの香り
ノンケミカル
低刺激性
アルコールフリー2位に配合3位に配合
医薬部外品
白浮きしづらさ×××
吸収剤(UVA+UVB)1000010000
吸収剤(UVA)1011011100
吸収剤(UVB)1123011300
散乱剤(UVA)0000000100
散乱剤(UVB)0000100011
トリメチルシロキシケイ酸19位に有り16位に有り
特別な特徴スプレータイプシートタイプスプレータイプ
アミノ酸1種1種
オイルヒマワリ種子油ミツロウミツロウ
抗炎症成分ありあり
DPG3位9位
エタノール2位3位
1,2ーヘキサンジオール
ペンチレングリコール4位5位6位
AMAZON購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ
無印良品の日焼け止め一覧

※価格や順位は変動するため参考値です。

シンプルに激安価格で高機能性が期待できる日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+/PA++++。
白浮きなど、若干デメリットもあるもののさらに優秀なカット機能が期待できる日焼け止めローション SPF50+ PA++++で判断が分かれそうですね!

無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)SPF50+PA++++は激安でシンプルな日焼け止めを日常に取り込みたい方に向いた日焼け止め

わたしの知る日焼け止めの中でも、トップクラスのコスパとシンプルさを秘めた日焼け止めです。
白浮きの心配も無く、汎用性も抜群!

万人に受け入れられやすい日焼け止めといえるので、家族みんなで使うのに向いているといえると思います。

これを機に、紫外線対策を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか?
変に美容液によるスキンケアをするより断然おススメできますよ♪

Scroll to Top