AGB クレンジングオイル 150ml

目次

AGB クレンジングオイルはこんな人におすすめ!

created by Rinker
アルガンビューティー(Argan Beauty)

乾燥肌、敏感肌でメイク落としの後お肌のハリが気になる、、、
低刺激なメイク落しが欲しい!
しっかりメイク落とししたいけど、カサカサな仕上がりは何とかしたい!

ここがすごい!

  • 完全油脂だから低刺激にクレンジングできる!
  • 完全油脂だから洗顔後の失われがちなお肌本来の潤い成分を補えて仕上がりしっとり!
  • 高級油脂成分アルガンオイル配合なのに、2,600円台は超お得!
  • 配合された界面活性剤は無刺激のノニオン界面活性剤のみだから眼刺激もほとんど無いほどの低刺激設計!

効果的な使い方

AGB クレンジングオイルは『クレンジングオイルですから、お化粧や日焼け止めなどの通常の洗顔で落ちない油性成分にあわせて利用することが基本です。
通常の洗顔は、この手のクレンジングオイルは必要ありません。
洗顔フォームで十分です。

ですから、AGB クレンジングオイルはメイク落としとして利用して、洗顔フォームでのW洗顔が基本です。

でも、せっかくもともとお肌に存在するべき油脂が主成分であるがゆえにW洗顔の必要性はそこまで高くないAGB クレンジングオイル。
これを選んだのなら、低刺激低洗浄力にこだわることに挑戦してみると◎です。
ですから、洗顔フォームは低刺激低洗浄力アミノ酸系洗顔フォームを選ぶことをおすすめします。

選ぶときの注意点

弱点が見当たらないのがAGB クレンジングオイル。ですが、あえて注意点を上げるとすれば、W洗顔の是非です。AGB クレンジングオイルは、洗顔フォームによるW洗顔が必要かどうか?で悩む方も多いかもしれません。
石鹸ベースの洗顔フォームでお肌が突っ張ることは避けたいですものね?
W洗顔なしでお肌トラブルなどの問題がないのなら、それでよし。私はW洗顔していません。
どうしても、気になる場合、問題を感じる場合は先述のアミノ酸ベースの洗顔フォームをおすすめします。
おすすめの低刺激低洗浄力アミノ酸系洗浄成分+抗炎症成分配合の洗顔フォームは

キュレル 泡洗顔料

です。

本商品の特徴!完全油脂系クレンジングの類似商品たち

クレンジングオイルを徹底比較

商品イメージ
商品名 AGBクレンジングオイル 値段 値段 値段 値段
値段 ¥2,423 ¥1,100 ¥1,200 ¥1,586
配合量 120ml 50g 65ml 25g 50g
どんな人向け? 乾燥・敏感肌でつっぱらない潤いある仕上がりが欲しい方 低刺激!いろんな肌に使える とにかく焼かない! 低刺激かつ高機能紫外線カット性あり
オイルの種類 完全油脂タイプ(アルガン+米ぬかオイル) 30 50+ 47 5
アニオン界面活性剤の配合 無し +++ ++++ +++
W洗顔の必要度 ほとんどいらない 酸化チタン 吸収剤+散乱剤(亜鉛+チタン) 酸化チタン
アルコール なし なし なし なし
AMAZON 購入 購入 購入 購入 購入

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

口コミ

かれこれ5〜6本リピートしています。
顔中に毛穴の黒ずみ・角栓・ブツブツがある状態でしたが、徐々に肌が滑らかになり、角栓も改善しつつあります。他人から見ても綺麗になったと感じるようです。
一度ものすごく酸化臭のするものにあたったことがあり、肌に乗せるとなんとなくピリピリと感じた気がしてそのまま使うのが怖く、緑茶センターに問い合わせてチェックしてもらいましたが、特に問題はなかったようで、天然由来なので香りにブレが出ることがあるとのことでした。

ちなみに、私はニキビができやすいのでダブル洗顔しています。

私は薄めの化粧(ポイントメイクはしっかりやりますがベースは下地にパウダーのみなどが多いです)なので2プッシュで多いくらい。思ったより1本使い切るまでに長持ちしました。

マスカラはキャンメイクのフレアリングマスカラ、眉はケイトの眉マスカラなど使っていますが問題なく落ちています。
ニキビ肌ではないので、私は気分でダブルクレンジングしたりしなかったりですが特にトラブルもありません。2週間くらいで鼻の毛穴の黒ずみや角栓のザラつきが目立たなくなり感動しました。開いた毛穴が消えるわけではないですが、けっこう違います。
その後はオールインワンのみを塗ってますが特に乾燥もしません。私には合っているようなので、リピートさせていただきます。

乾燥しないです。滑らかになります。もっと早くに知りたかったです。
洗顔が楽しみになりました。約1ヶ月使用しましたが、化粧水つけていません。つけなくても乾燥していません。
朝は水のみの洗顔です。
化粧水をやめた事によって、日焼け止めを塗ってもテカテカしなくなりました。

小鼻の黒ずみ解消に使っています。
小鼻にくるくるなじませ暫し放置。乳化させ洗い流しています。
さすが油脂のクレンジングオイルです。小鼻になじませ放置しても洗い上りに乾燥は感じませんでした。
数か月で黒ずみがなくなり綺麗になってきました。
これからも続けていきたいです。

おともにおすすめ

まず、おすすめしたいのは、先ほどおすすめしたW洗顔用の洗顔フォーム

キュレル 泡洗顔

です。
洗顔フォームでは大変珍しい、アミノ酸系洗顔料で、高洗浄力、高刺激、かつアルカリ性の石鹸ベースに比べ、低刺激で低洗浄力、かつ弱酸に調整されているため、しっとりと仕上げられます。
肌残りがそれほど気にする必要の無いAGB クレンジングオイルとの相性は抜群です。

ついで、おすすめしたいのが、日焼け止めです。
近年、日焼け止めの役割は、

お肌を焼かない!

から

紫外線ダメージを防いでエイジングケアをする!

に変化しています。
紫外線対策こそ、最大のスキンケアかつエイジングケアである!と注目を浴びてきているのですね!
そこで普段使いで刺激になりにくい日焼け止め兼化粧下地

オルビス スキンモイスチャーベース

をおすすめします。

 

オルビス スキンモイスチャーベースの詳細はこちら!

日焼け止め兼化粧下地にオルビス スキンモイスチャーベースをつかって紫外線防止対策をした上で
お使いの化粧品で彩り
AGB クレンジングオイル+キュレル泡洗顔で優しくオフする。
これは単に一例ですが、

スキンケアではまず、考えたいのは化粧成分による補給ではなく、お肌本来の健康を守り、余計な刺激は与え無い事です。

まとめ

AGB クレンジングオイルは
・完全油脂系しかも高級油脂成分アルガンオイル高濃度配合のぜいたくなクレンジング
・ノニオン界面活性剤のみしようの超低刺激設計
・W洗顔は低刺激低洗浄洗顔フォームでOKだから、優しくオフできる
といった、お肌に優しいクレンジングオイルとなっています。

紫外線ダメージに対抗する日焼け止めの普及が進む中、クレンジングの価値はどんどん上がっていて、従来の単なる化粧落しではまにあわなく成りつつあると考えられます。
つまり、いかに低刺激か?が重要になってきているわけですね!
AGB クレンジングオイルは、一歩先を行った完全油脂系クレンジングオイルのひとつといえます!

全成分表示

コメヌカ油、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリン、アルガニアスピノサ核油、イソステアリン酸PEG-3グリセリン、アルニカ花エキス、フユボダイジュエキス、セイヨウオトギリソウ(花、葉、茎)エキス、セージ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイ花エキス、トウキンセンカ花エキス、スギナエキス、カミツレ花エキス、スクワラン、トコフェロール

Scroll to Top