シミを消す美容液はプチプラで手に入る?シミのケア美容液の選び方とおすすめプチプラ美容液7選

老け見え・美肌の大敵シミ。シミ対策には高価な美容液を奮発すべき??いえいえ、プチプラでも優秀なシミケア美容液は存在します。

すべての美容液がシミを消せる能力を持っている訳ではありませんし、その効果は値段やブランドでは決まらないのです。

今回はシミに対抗できるプチプラ美容液の見分け方とオススメプチプラ美容液について徹底検証します!

シミのケア美容液の効果を見極めればプチプラでも優秀なシミのケア美容液は手に入る!

シミ対策用の美容液とは具体的に何をするかというと、

  • シミの原因を発生させない
  • シミの元を黒くさせない・薄くする
    お肌の新陳代謝を促して、シミを追い出し、薄くする

です。
ですから、このどれかを促す効果が期待できる成分。

これが、シミ対策をうたう美容液に本当に配合されているのか?
そして、その成分は上記のどの範囲に効果を及ぼすのか?
さらには、配合量や商品の分類(医薬部外品かどうか)などから、どの程度の効果の期待ができるか?
最後に、その安全性はどの程度か?

これらを確認し選ぶことが重要です。
ですから、ブランドや値段は関係ないといえ、プチプラ、無名でも優秀シミケア美容液は手に入るのです。

プチプラで手に入る美容液に配合されているシミケア優秀成分

シミに効果のある成分をシミケアの種類別にご紹介します。

シミの原因を発生させない成分

トラネキサム酸・カモミラET・ビタミンC誘導体・アルブチン・コウジ酸

これらの成分は、シミの原因メラニンを生成するメラノサイトへの指令を止めたり、メラニンの材料となるチロシンに働きかけるチロシナーゼの活動を抑制することが期待できる成分です。
これにより、そもそも、紫外線によって黒ずむメラニンそのものの生成を抑制することが出来る!というわけですね。
つまり、シミを根本から防ぐ期待が出来る!のです。

他の日焼け対策である
紫外線を浴びないようにするために帽子やサングラスなどを着用する
紫外線の吸収や反射が期待できる、日焼け止めを併用する
などのスキンケアと併用することで、更なる効果が期待できます。

シミの元を黒くさせない・薄くする成分

ビタミンC誘導体・ハイドロキノン

シミの原因はメラニンが酸化してお肌を黒くしてしまうことです。

ですから、メラニンの身代わりに酸化する上記の成分で、活性酸素などの酸化成分を失活させ、メラニンを酸化させずにシミを防ぐ、もしくは、酸化してしまったメラニンを蒸気成分で還元することでシミを薄める効果が期待できます。

直接の効果が期待でき、最もポピュラーなシミ美容液といえるのがシミの元を黒くさせない成分配合の美容液といえると思います。

お肌の新陳代謝を促して、シミを薄くする

プラセンタエキス・エナジーシグナルAMP・デスクパンテノールW

シミは通常自然に治ります。シミの原因、酸化したメラニンがお肌の生成によって押し出され切り離されるからです。

ただし、お肌の生成リズム、ターンオーバーは、ストレスや年齢、日常生活の様々な要因で乱れてしまいます。
これにより、シミが居座ったり濃くなったりしてしまうわけですね。

上記の成分は、お肌の生成リズムを整え、シミの切り離しを促してくれる効果が期待できます。

生活リズムを整えつつ、これらの成分を利用できれば、もっともナチュラルなシミ対策スキンケアといえ、まずはベースにオススメしたいシミ美容液です。

プチプラでシミケア対応の美容液を探すのならこれらの成分の配合があるかないかのチェックは必須!

どんなにシミケアに有効と謳う高級美容液でも、これらの成分が配合されていなかったら、

シミへの直接の改善効果

は低いといえ、あなたの求めるようなシミケア美容液ではない心配が高いです。
逆に、プチプラでもこれらの成分が配合されたものさえ発見できれば、プチプラでシミケアにおいて優秀といえる美容液は手に入る!と言えます。
本気でプチプラでのシミケアを美容液でとお考えならば、植物エキスやお肌の保湿などの余計な成分はいったん置いておき、シミへ直接の効果が期待できる上記のような成分に着目し、プチプラシミ対策美容液を探しましょう!

プチプラ!なのに、シミケアで優秀な美容液がある理由

『目的』をしっかり定めれば、おおくの化粧品はプチプラで手に入ります。
ほとんどの高価な化粧水はあれもコレもつまっていて、結局何が目的の美容液なのか分からん!なんて商品がほとんどです。
その上、効果の根拠がまことしやかな成分の配合がほとんどで、イメージだけ上手に整えてある美容液がほとんどです。
そして、コストのほとんどが広告費に使用されているため、無駄に高価になりがちなんだとか。
ですから、

自分の目的が何だったのか?

何が配合されているか?

コレだけを念頭においてしっかりチェックすることで、無駄、すなわちコストを省くことができるため、正直品質のプチプラシミケア美容液を手に入れることができるという訳です。

シミケアが期待できる、優秀プチプラ美容液7選

プチプラシミケア美容液はあります。
ただ、化粧品業界で正直品質はかなり稀、、、

今回、執念の調査で発見した、ウルトラレアな優秀プチプラシミケア美容液をいくつかご紹介します。

【医薬部外品】メラノCC 薬用しみ・ニキビ 集中対策 Wビタミン浸透美容液 単品 20mL

シミを薄くしたり、シミの原因となるメラニンを作らせない働きが期待できるビタミンC配合の美白美容液です。

ビタミンCは本来とても繊細で、化粧品に配合するのが難しい成分ですが、ロート製薬の特殊技術でピュアなビタミンCをそのまま取り入れることが可能になったという奇跡の商品です。

ビタミンCは紫外線を浴びる前に使うのが効果的、らしいので、お出かけ前の朝に使うといいですよ。日焼け止めやサングラスなどのUVカット対策も忘れずに。シミ対策には「予防」が大切です。

逆に、ビタミンCをぬれば速攻シミが消える・・・というのは難しいのですが、根気よく続けてシミを薄くすることを目指しつつ、これ以上シミを増やさないことに集中しましょう。

お肌に負担をかけない、シンプルなスキンケアで、お肌本来の健康を引き出し、白く美しいお肌に変えていく美白を目指したい人にオススメの美容液です。

☆ジャパンギャルズ ピュアビューエッセンス25mlプラセンタ☆美容液

プラセンタはお肌のターンオーバーを正常化して、できてしまったシミを排出する働きが期待できる成分です。

プラセンタの働きについてはまだ解明されていない部分もあるようなのですが、動物の胎盤から抽出される成分で、赤ちゃんを育てるためのアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。

栄養たっぷりの成分でお肌の機能を正常化することで、健康的で美しい肌に導いてくれる働きに期待が持てますね!

(医薬部外品) 薬用 純白専科 すっぴん白雪美容液 美白美容液 35g(シミ予防+うるおい充満)

資生堂の美容液なのにプチプラで使える♪うれしいアイテムです。

シミを作る酵素チロシナーゼの働きを抑制し、シミを作らせない「トラネキサム酸」が配合されています。

資生堂の美白美容液として人気のHAKUと同じ成分を使っているので、期待度も高いですね!

できてしまったシミを消す、というよりは、これ以上シミを作らないための「予防」ケアに日常的にコツコツ使い続けるアイテムとしてオススメです。

資生堂 アクアレーベル シミ対策美容液

肌美精 薬用美白美容液

肌ラボ 白潤プレミアムW美白美容液

サナ なめらか本舗 薬用美白美容液

まとめ

いかがだったでしょうか?

プチプラに配合されている成分じゃ効果がないんじゃないの?と思われがちですが、そんなことはありません。

美白ケアは「予防」が中心ですから、すぐに効果が感じられないからといって焦ってはいけません。

むしろ、塗っただけで簡単にシミが消える、という魔法のような美容液は、どんなに高価な美容液でも難しいのではないでしょうか? 化粧品は薬ではないので、即効性を期待することは難しいのです。

美容液をはじめ、化粧品にできることは健康で美しいお肌を維持するのを「助ける」こと。

すべての結果を美容液に託す、という使い方をするよりも、美容液を使うことによって高まる美白やスキンケアへの意識のほうが、私は大切だと思っています。

意識が高まれば、ちょっとしたお出かけでも日焼け止めを使う、サングラスやサンバイザーを欠かさない、などUVケアもまめになる。
普段から、美肌に良い生活にする。食事、運動、睡眠もしかり。

生活のすべてをお肌の美しさに導くサイクルに変えながら、そのサポートのひとつとして美容液を取り入れる、ということなら、プチプラでゲットしたアイテムでも十分に美白に近づけるのだと思います。

シミを薄くしたいのか、白肌に近づけたいのか、これからの紫外線対策をしたいのか、自分がどんなお肌を目指したいのかをハッキリさせて、その目的に合う成分を選ぶことができれば、プチプラでも満足度の高い美容液を手に入れることはできると思います。

理想のお肌に近づくためのお供として、自分にピッタリのプチプラ優秀美容液をぜひ見つけてくださいね。

Scroll to Top