当サイトはアフィリエイト広告を利用しています 

無印良品 日焼け止めローション SPF50+ PA++++

シンプルイズベストが売りの無印良品。
普段使いに適した商品が光る商品が多いですよね。
そんな無印良品の日焼け止めの中でも異色の、強力なレジャー向け日焼け止めといえるのが日焼け止めローション SPF50+ PA++++。
どんな日焼け止めなのか?他の無印日焼け止めとはまったく違う成分をみてみましょう。

無印良品 日焼け止めローション SPF50+ PA++++とは?

無印良品 日焼け止めローション 30mL SPF50+ PA++++

名前は似ている無印良品日焼け止めシリーズ。
その中でも異色の優秀な紫外線カット性能を持つのが日焼け止めローション SPF50+ PA++++です。

SPF50+ PA++++がポイント。
SPF50+ PA++++がついていない無印日焼け止めローションとはまったく別物なので間違い買いのないよう、要注意です。

無印良品 日焼け止めローション SPF50+ PA++++のメリット

夏レジャーなど、紫外線が強烈な環境でも活躍できる期待が持てる

無印良品日焼け止めシリーズでは別格の、紫外線カット性能を誇ると想定できる内容になっています。
その根拠をいくつかご紹介します

SPF+PA++++の国内最高の紫外線カット機能を持っている

SPFAとは、紫外線によって起こるお肌表面のヒリヒリ痛い赤い炎症、サンバーンを起こすのに、対象の日焼け止めを塗らなかったときの何倍の照射量までかかったかを示す指標です。
SPF+は、50倍以上の照射量までサンバーンを起こさなかったことを示すわけですね。

サンバーンは、紫外線の中でもエネルギーは高いものの肌浸透性に劣る280-320nmの短い波長を持つUVBによっておきるとされているので、SPFはUVBのカット機能を示す指標に使われることが一般的です。

PAは、紫外線によって起こる特殊な日焼け、サンタンをどのくらい遅らせられるか?を示す指標です。

サンタン?
聞きなじみは無いかもしれませんが、それもそのはず。

サンタンは未だそのメカニズムがはっきり明らかになっていない人体のお肌に起こる現象で、光を浴びたお肌は、一時的に褐色色に変化するのですが、光を浴びなくなると元の肌色に戻る仕組みがあります。

これを即時黒化というのですが、即時黒化の状態のまま光を浴び続けると元に戻るはずの褐色色が、長期的に色づくようになります。
この不思議な変化によって起こる特殊な日焼けがサンタンです。

PAは即時黒化からサンタンへの変化をどのくらい遅らせることができるかの指標で、無印良品 日焼け止めローション SPF50+ PA++++の場合、16倍以上の時間サンタンを遅らせたことを示します。

また、PA試験はサンタンの原因と考えられているUVAを人工的に作り出して照射して試験したものなので、紫外線の中でも比較的波長が長く、エネルギーこそ少ないものの肌浸透性が高いために、長期的なダメージ蓄積でシワやタルミといったエイジングを引き起こす320-400nmのUVAのカットの指標とすることができます。

無印良品 日焼け止めローション SPF50+ PA++++はSPF/PAともに日本国内で最高ランクの指標を持つ日焼け止めです。
これは無印良品の日焼け止めでは、無印良品 日焼け止めジェル(ポンプ)と無印良品 日焼け止めローション SPF50+ PA++++のみ。
非常に心強いレジャー向けといえる日焼け止めですね♪

ちなみに、無印良品 日焼け止めローションには同じ名前なのにSPF30/PA+++の日焼け止めもあるので買い間違えに注意しましょう。

5種類もの紫外線カット成分で幅広い紫外線カットが期待できる

無印良品日焼け止めでは、日焼け止めローションSPF+PA++++が異色という根本がこれです。
紫外線とは、目に見えないほど波長の短い光エネルギーの総称で、地上に降り注ぐ紫外線は、280-400nmまでの波長幅があるとされています。

ですから日焼け止めは、280-400nmまでの紫外線すべてをカットしてくれることが望ましいのですが、日焼け止めに含まれる紫外線カット成分は、一つの成分でカットできる波長幅に限界があり、280-320nmまでのUVBカットが得意な成分、320-400nmまでのUVAカットが得意な成分といった具合に、カットできる波長が高まる最大吸収波長というものがそれぞれあります。

このため、多くの日焼け止めは複数種の紫外線カット成分が配合されているわけですね♪

無印良品 日焼け止めローションSPF+PA++++には、無印良品日焼け止めシリーズでは最多の5種もの紫外線カット成分が配合されています。
5種は他の日焼け止めと比べても比較的多い数値。

紫外線カット成分の配合が多いということは、最大吸収波長があちこちに点在することに等しいので、弱点となる波長が少なくなることを強いしめしますよね?
このため、紫外線カット成分が種も配合された無印良品 日焼け止めローションSPF+PA++++は、幅広い波長の紫外線をカットできる期待値が高いと想定できます。

紫外線を反射も散乱もしてくれる

紫外線カット成分は、カットの方法によって

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

の2つに分けることができます。

紫外線吸収剤とは?

お肌のお変わりに紫外線エネルギーを受けてくれて、赤外線や熱エネルギーへと変換することでお肌を紫外線ダメージから守ってくれる成分の総称です。

紫外線吸収剤の紫外線カット
紫外線吸収剤の紫外線カット

紫外線エネルギーをまともに受けるので、紫外線カットの過程で変化することがあるので、紫外線をカットすればするほどカット機能が低下していくデメリットがあります。

また、紫外線を吸収しやすくするために改良された成分が使われるため、高いカット機能や高い持続性をもった優秀な紫外線吸収剤ほど、敏感肌に合わないといったレビューが散見されるようになる傾向に有ります。
変換した熱や赤外線も無刺激とは言いがたいので、敏感肌ほど吸収剤を苦手とする傾向にあります。

ただし、日焼け止め特有の特徴、塗ったところが白く浮き上がる白浮きは穏やか(殆どしない)傾向にあり、自然な仕上がりになるという大きなメリットがあります。

紫外線散乱剤とは?

紫外線エネルギーをまともに受けず、高い屈折率で受け流すことでお肌を紫外線ダメージから守ってくれる紫外線カット成分の総称です。

紫外線散乱剤の紫外線カット
紫外線散乱剤の紫外線カット

紫外線エネルギーをまともに受けずに受け流すだけなので、紫外線カットの過程で成分が変化することはありません。
つまり、どんなに紫外線をカットしても紫外線カット機能が低下することが無く、紫外線散乱剤に頼った日焼け止めほど、塗りなおしが必要なくなるという大きなメリットがあります。

その代わり、可視光線さえも散乱してしまうので、塗ったところが白くなる白浮きが顕著です。

日焼け止めを塗ったとき不自然に白浮きしてしまう要因の殆どは紫外線散乱剤で、白浮きの顕著な日焼け止めは、必ずといってよいほど紫外線散乱剤

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

の高濃度配合があります。

無印良品 日焼け止めローションSPF+PA++++は吸収剤も散乱剤も使った混合タイプだからカット機能が頼もしい

無印良品 日焼け止めローションSPF50+PA++++には紫外線散乱剤

  • 酸化亜鉛

に加えて、紫外線吸収剤

  • メトキシケイヒ酸エチルへキシル
  • オクトクリレン
  • ポリシリコーン-15
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

が配合された紫外線散乱剤も紫外線吸収剤も配合された、混合タイプの日焼け止めです。

一般に、紫外線吸収剤だけや紫外線散乱剤だけといったどちらか一方だけで構成された日焼け止めに比べて、混合タイプの日焼け止めのほうが、幅広い紫外線をカットできる期待値が高いとされています。

無印良品 日焼け止めローションSPF50+PA++++ は無印良品で唯一の混合タイプの日焼け止め。
高いカット機能が幅広く機能する期待が持てるわけですね♪

カット機能が低下しづらく効き目長持ちが期待できる

日焼け止めは紫外線カット機能が低下していくため、こまめな塗りなおしが推奨されていますよね?
その一番の要因は、紫外線吸収剤が利用されているから。

先述のように紫外線吸収剤は、紫外線をカットすればするほど変化を伴う心配があるので、カット機能が低下していく傾向にあります。

無印良品 日焼け止めローションSPF50+PA++++も、紫外線吸収剤を4種も配合があるので、当然紫外線カット機能が低下していく心配があり、タフな環境下での長時間の利用には塗りなおしが必要です。

ただし、カット機能が低下しづらい紫外線散乱剤も利用していることでカット機能の低下は吸収剤だけで構成された日焼け止めよりも長持ちする期待が持てます。

その上!
無印良品 日焼け止めローションSPF50+PA++++に配合された紫外線吸収剤には効き目長持ちが期待できる優秀な紫外線吸収剤

  • オクトクリレン

の配合があるため、ただでさえ効き目長持ちが期待できる混合タイプの中でも、さらに優秀なカット機能のぴじが期待できるのです。

無印良品 日焼け止めローションSPF50+PA++++のデメリット

無印良品 日焼け止めローション 30mL SPF50+ PA++++

ほめどころの多い無印良品 日焼け止めローションSPF50+PA++++ですが、無印では異色の日焼け止めということで、無印らしくないデメリットもちゃんと有りますw

エタノール高濃度配合が想定できる

無印といえばシンプル設計の低刺激性を期待しがちですが、日焼け止めローションSPF50+PA++++にはエタノールの高濃度配合が想定できるため、敏感肌向けとは言いがたいのが本当のところ。

このご時勢しっかり生活に染み付いたエタノール。
清涼感やみずみずしいテクスチャーを与えてくれる優秀な成分では有るものの、敏感肌の方に稀に肌に合わずに使えない!という方がいるうえに、日焼け止めに必ずしも非多様の無い成分であることも確か。

もちろん、通常肌でアルコールにお肌が問題なければきわめて安全な成分なので無意味に恐れて敬遠する必要のお有る成分ではないので、エタノール高濃度配合?体に悪そうだからやめとこうみたいな、安易な拒否は必要ありません。

敏感肌の方には使えない心配があること、目や口に入らないように注意して使うことをお知らせするにとどまります。

ちなみに、エタノールさえ肌に合うのであれば、あとは紫外線吸収剤さえ大丈夫であればあとは敏感肌に嫌われがちな成分が見当たらない低刺激設計といえると思います。

白浮きしないわけではない

日焼け止めローションSPF50+PA++++は混合タイプなので、紫外線散乱剤だけでできている日焼け止め、たとえば同じ無印良品シリーズの日焼け止めミルク(ポンプ)のような顕著な白浮きは示しません。

ただし、白浮きの比較的穏やかな酸化亜鉛の配合はあるので,まったく白浮きしないナチュラルな仕上がりになるわけでも無い事に注意しましょう。

同じSPF+PA++++がお好みで、ナチュラルな仕上がりの日焼け止めを無印良品で選びたい場合、紫外線散乱剤をまったく使っていない日焼け止めジェル(ポンプ)がおススメです。

created by Rinker
¥1,730 (2024/02/24 10:50:57時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥890 150mL ¥5.9/mL

日焼け止めローションSPF50+PA++++の代替品

日焼け止めローションSPF50+PA++++ のメリットは

  • 混合タイプ
  • 優秀吸収剤配合
  • SPF50+/PA++++の国内最高ランクの紫外線カット機能
  • 無印良品らしいシンプル設計

といえると思います。
これらのメリットが欲しいのに選べない!という方がいるとすればエタノール高濃度配合が想定でき、アルコール過敏症の方や、冬場に余計な清涼感がいらない方が想像できます。

そこで!

これらのポジティブ要素を同じく持っているのにエタノール等、敏感肌に避けられがちな成分が配合の無い日焼け止めを探してみました♪

created by Rinker
AQUA SAVON(アクアシャボン)
¥1,508 (2024/02/24 16:11:51時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥1490 75g ¥19.8/g

優秀吸収剤

  • オクトクリレン
  • ビスエチルへキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

を含む総勢7種もの紫外線カット成分で構成された非常に頼りになる日焼け止めです。
しかも、紫外線散乱剤

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン
  • 新成分酸化セリウム

の配合もある日焼け止めローションSPF50+PA++++ 同様の紫外線を散乱も期待できる混合タイプの日焼け止めです。

その上で、エタノールはもちろん敏感肌に敬遠されがちな成分が見当たらない低刺激設計♪
敏感肌はもちろん、冬場の利用にもおススメできます♪

無印良品の日焼け止め徹底比較

日焼け止めローションSPF50+PA++++以外の選択肢に無印良品にどんな日焼け止めがあるか比較してみましょう♪

商品名アウトドアスプレー日焼け止めシート日焼け止めジェル日焼け止めミスト日焼け止めミルク日焼け止めミルク (敏感肌用) 日焼け止めミルク (薬用美白)日焼け止めローション 30mL SPF50+ PA++++日焼け止めローション 30mL SPF30 PA+++日焼け止めローション シトラスハーブの香り 30mL SPF30 PA+++
イメージ
SPFSPF33SPF12SPF50+SPF30SPF30SPF27SPF31SPF50+SPF30SPF30
PAPA+++PA++++PA+++PA++PA++PA+++PA++++PA+++PA+++
アマゾン人気順位30位 (顔用日焼け止め)90位 (顔用日焼け止め)82位 (全身用日焼け止め)72位 (顔用日焼け止め)22位 (顔用日焼け止め)396位(全身用日焼け止め)
参考価格¥890¥760¥890¥790¥990¥1,490¥1,590¥1,400590750
内容量50mL12枚150mL50mL150mL150mL150mL30mL30mL30mL
コスパ¥17.8/mL¥5.9/mL¥15.8/mL¥6.6/mL¥9.9/mL¥10.6/mL¥46.6/mL¥19.6/mL¥25/mL
落ちにくさ
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の総数3134132511
ベース成分ミリスチン酸イソプロピル 水添ポリイソブテン水 DPG水 エタノールシクロペンタシロキサン ジメチコン水 BG水 シクロペンタシロキサン水 シクロペンタシロキサン水 シクロペンタシロキサン エタノール水 イソノナン酸エチルヘキシル水 イソノナン酸エチルヘキシル
香りシトラスハーブの香り
ノンケミカル
低刺激性
アルコールフリー2位に配合3位に配合
医薬部外品
白浮きしづらさ×××
吸収剤(UVA+UVB)1000010000
吸収剤(UVA)1011011100
吸収剤(UVB)1123011300
散乱剤(UVA)0000000100
散乱剤(UVB)0000100011
トリメチルシロキシケイ酸19位に有り16位に有り
特別な特徴スプレータイプシートタイプスプレータイプ
アミノ酸1種1種
オイルヒマワリ種子油ミツロウミツロウ
抗炎症成分ありあり
DPG3位9位
エタノール2位3位
1,2ーヘキサンジオール
ペンチレングリコール4位5位6位
AMAZON購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ
無印良品の日焼け止め一覧

※値段や順位は変動するため参考値です。

日焼け止めローションSPF50+PA++++と、日焼け止めジェル(ポンプ)だけがSPF500+/PA++++の国内最高ランクの紫外線カット機能を持っていますね。

白浮きがいやなら日焼け止めジェル(ポンプ)
高いカット機能や塗りなおし頻度の少なさが欲しいのであれば日焼け止めローションSPF50+PA++++

といった選択肢が選べます。

日焼け止めローションSPF50+PA++++は高く効き目長持ちの優秀なカット機能をシンプル設計が売りの無印良品で手に入れたい方におすすめの日焼け止め

無印良品 日焼け止めローション 30mL SPF50+ PA++++

日焼け止めローションSPF50+PA++++最大の売りは、優秀なカット機能を持つ混合タイプの日焼け止めであるということ。
同じSPF50+PA++++の日焼け止めジェル(ポンプ)には、紫外線散乱剤の配合が無いため、紫外線を散乱することはできず、そのうえ、カット機能が低下する紫外線吸収剤だけで構成された日焼け止めですから、紫外線カット機能の持続において見劣りします。

その分、塗ったところが不自然に白くなる白浮きはしないので、ナチュラルな仕上がりを求める方には日焼け止めジェル(ポンプ)の方がおススメできます。

ちゃんと成分に向き合えば、こういった、合理的な選択肢を用意してくれているところが無印良品のよいところ♪
ユーザーの高い意識をなめていないことが見え隠れするので、無印での選択はめちゃくちゃ楽しいし勉強になります。

無印の日焼けどめには、まだまだたくさんの選択肢があるので、全ラインナップをチェックして、あなた好みの逸品を見つけてみてはいかがでしょうか?

参考記事:無印良品の日焼け止めは全10種類!徹底比較どれがよい?

Scroll to Top