ニベアサンプロテクトウォータージェルSPF35/PA+++普段使いにピッタリの日焼け止め

みずみずしいジェルタイプの日焼け止め。通勤や買い物、ちょっとそこまでのお出かけに、肌負担の少ないSPF35/PA+++。ポンプなら気軽に使えるから、毎日の紫外線対策もバッチリ♪

目次

こんな人におすすめ!

キシキシ感がなく、しっとりみずみずしい使い心地の日焼け止めがほしい
白浮きしない日焼け止めを使いたい
普段使いに肌負担の少ない日焼け止めを使いたい

ここがすごい!

  • ヒアルロン酸配合で、しっとりうるおう使い心地♪
  • 白浮きしない!顔色が悪くならない。服への色移りも心配ナシ!
  • ポンプタイプなら、置きっぱなしでOK!お出かけ前にささっと塗れる!
  • 石けんで落とせるから、毎日の洗顔もラクラク♪

効果的な使い方

ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++は、紫外線防止剤に「紫外線吸収剤」を使っている日焼け止めです。

吸収剤のいいところは、日焼け止めにありがちな「キシキシ感」や「白浮き」がないところ。水のようにスッとなじんでサラサラになる、使いやすいジェルタイプのものが多いというところです。

ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++もみずみずしい使い心地なので、日焼け止めの、あの「塗ってる感」がなく、毎日の紫外線対策に負担なく使えます。

また、ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++にはボトルタイプもあるので、玄関先に置いておけば、ついつい面倒くさい!となりがちな日焼け止めを、カンタンにお出かけ前の習慣にすることができるのがいいところ。

急いでいたり、腕や足など、パパッと塗り広げたい場所にも手早く伸ばせます。

ただ、ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++はウォータープルーフではないので、汗や水で落ちやすい特徴がありますが、それは裏を返せば、帰宅後の洗顔時には、洗い流しやすいのでお肌への負担が軽くて済む、ということです。

洗浄力が強いクレンジング剤や石けん並みの洗顔料は必要ありません。お肌にやさしいアミノ酸洗顔料でも充分に落とす事ができます。

日焼け止めに合わせて洗浄剤の強さを調整することで、普段のスキンケアの肌負担を減らし、お肌を健康に保てるような使い方をするのがオススメです。

選ぶときの注意点

吸収剤は、紫外線を熱エネルギーに変えることで、肌への紫外線ダメージを防ぎますが、一方で、光により劣化していく性質があります。

ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++は汗や水で落ちやすいこともあるので、23時間おきにこまめに塗り直すことを意識するのが理想です。

ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++には、ボトルタイプがあるので、携帯して、こまめな塗り直しを意識すると紫外線対策を徹底できます。

ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++に使用されている吸収剤は

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

2種類です。

どちらも、古くから使われていたり、一般的によく使われていて安心感の高いメジャーな吸収剤ですが、紫外線吸収剤は紫外線防止剤の中で刺激を感じやすい成分でもあります。

お手軽なボトルタイプで、お肌にあうかどうか確かめてから使うことをおすすめします。

それから、紫外線カット能力が上がると、肌にとって刺激になる、肌負担が増える、という話をよく聞きます。それと、成分にアルコール(エタノール)が入っていると、目にしみることがあります。

実際、同じニベアのより紫外線カット能力の高い、SPF50+/PA++++のタイプの方では目にしみた、塗ったらヒリヒリした、という口コミがありました。一方、こちらのSPF35/PA+++ではそのようなコメントはなかったので、より肌負担は少なく使えると思うのですが、念のため、顔周りに使う時には目に入らないように気をつけるようにしたほうがいいでしょう。

本商品の特徴。白浮きしない!吸収剤メインの日焼け止めの類似商品

ジェル系日焼け止め徹底比較!

商品イメージ
値段 ¥728 ¥558 ¥1,940 ¥1,100 ¥1,320
配合量 140g 110g 180g 50g 50ml
どんな人向き? みずみずしい使い心地、白浮きしない、普段使い みずみずしい使い心地、白浮きしない、普段使い みずみずしい使い心地、白浮きしない、普段使い 低刺激!いろんな肌に使える 低刺激!いろんな肌に使える
SPF 35 35 32 30 30
PA +++ +++ +++ +++ +++
日焼け止めの種類 吸収剤 吸収剤 吸収剤 散乱剤(酸化チタン) 散乱剤(酸化チタン)
アルコール あり あり あり なし なし
落ちにくさ × × × × ×
洗顔方法 いつもの洗顔料でOK いつもの洗顔料でOK いつもの洗顔料でOK お湯洗いレベル いつもの洗顔料でOK
白浮き なし なし なし あり あり
タイプ ジェル ジェル ジェル 乳液 乳液
AMAZON 購入 購入 購入 購入 購入

ユーザーの口コミ

毎日二回の犬のお散歩に日焼け止めを使っています。
最初SPFの意味がよく分からず、単純に高いほうがいいのだろうと日々SPF50の商品を使っていたら顔や体、あちこちがヒリヒリするようになってしまいました。
あらためて調べてみると、一時間以上のレジャーやスポーツとなるとはSPF50がいいそうですが、逆に一時間以内の外出であればSPF35で充分だそうです。意味もなくSPFが高い商品は、どうしても肌に負担をかけるそう
その点こちらはSPF35、シミやシワをガードするPAは高めの+++なので、犬のお散歩程度の外出には充分です。
用途に合わせて使い分けを始めたところ、ヒリヒリも徐々に改善してきました。治るといいな
ポンプ式で塗りやすいので、問題なければこのまま使おうと思います。

引用元:Amazon

ポンプ式だと、面倒臭いなって時でも多少なりとも楽な感じがして選びました(笑)
使い勝手は、やはり楽♪
振ったりフタを開けたりしないだけで、結構違うなと感じました。
私だけかもしれませんが、ウォータージェルって商品名に一瞬勘違いさせられますが、ウォータープルーフではないので注意が必要です。
塗り心地はサラッとではなく、乳液みたいなしっとりタイプだと思います。
塗ってる最中はベタつく気もしますが、すぐに違和感もなくなり忘れてしまう程度です。
真夏や丸一日外で過ごす様な日には向いてないと思いますが、買い物や通勤等の屋外にいる時間が限られてる日常使いには、問題ないと思います。

引用元:Amazon

ずっとこちらのものを使っています。
無香料なのもいいです。ほどよくしっとりしてくれるので、冬場も化粧下地として使ってます。
よく伸びて、使用感もいいので、毎年こちらのものを購入しています。

引用元:Amazon

おともにおススメ!

ウォータープルーフタイプではないので、汗をかいたときには落ちてしまいやすいですが、洗顔の時にはお肌に負担をかけずにラクに落とせます。

洗浄力の強いクレンジングや石けんレベルの洗顔料は必要ありません。

紫外線でダメージを受けたお肌をいたわる、やさしいアミノ酸系洗浄剤でもちゃんと落とせる♪

ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++のおともには、お肌に負担をかけないやさしい洗顔料です。

まとめ

ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF35/PA+++

みずみずしい使い心地で、白浮きしない。
吸収剤メインの普段使いに最適な日焼け止め。

通勤や近所への買い物、秋汗の少ないオフシーズン(秋・冬)の紫外線対策にぴったりです。

ウォータープルーフではないので、23時間おきにこまめに塗り直すことを意識すると紫外線対策を徹底できます。

ただ、吸収剤はお肌に合わない人もいるので、自分のお肌にあうかどうかのチェックは忘れずに。

また、目に入るとしみることがあるので、顔周りの使用には、目に入らないように気をつけましょう。

全成分表示

水、エタノール、PG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジメチコン、エチルヘキシルトリアゾン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、クインスシードエキス、キハダ樹皮エキス、酢酸トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、セテス-10、水酸化Na、メチルパラベン

Scroll to Top