プチプラ

セラミド

お肌の潤いの源「セラミド」
セラミドは美の象徴であるだけでなく、お肌のバリア機能のかなめとなる成分でもあります。
ですから、セラミドが失われると、
潤いが失われる
ばかりではなく、高いバリア機能まで失う心配があり、「シミ」「しわ」「たるみ」といったお肌のトラブルを引き起す心配も高まってしまうのです。

まさに「負の連鎖」ですよね?
そして、スキンケアの大きな目的のひとつは如何に「シミ」「しわ」「たるみ」といったお肌のトラブルを避けるか?です。

ですから、スキンケアの主役にセラミドが注目されていて、セラミドをいかに
生み出し
守り
補うのか?
がスキンケアのお題目となるのです。

Finding Your Next

おすすめ最新記事

セラミドを生み出し、守り、補う♪スキンケアはセラミドからはじめよう!

スキンケアで出来ることは、お肌表面の0.03mmほどの角質層を助けることがほとんど。
その角質層の潤いとバリア機能の主役を担うのが
「セラミド」
です。
たった、0.03mm、、、そんなに薄い世界の何をどう改善したところでどうなるものか?
と感じる方も多いのではないでしょうか?
ところが、角質層は私たちの想像を超える数字以上のシールド性能を持っていて、その役割の重要性は計り知れません。

そして、そのシールド性能の高さが健康肌であり、私たちは健康なものを美しいと感じているためにセラミドは美の根底を支える重要な要素として注目されているわけです。私たちは、美を求めて、自然に健康を維持しているという見方も出来ますね?

ところが角質層の主役「セラミド」は、
紫外線をはじめとするあらゆる刺激で失われる上に、年を重ねるごとで減少してしまう傾向にあります。

ですから、健康な潤い肌をキープするには、スキンケアによって、セラミドを守り、補い、生み出してあげることが必要になるわけですね?

では、近年、具体的にどんなセラミドスキンケアがトレンドか?

これはっ!!というものを

『守る』
『補う』
『生み出す』

に分けてまとめてみました!

セラミドを『守る』スキンケアで潤いもち肌を目指そう!

まずはセラミドを
「守る」
です。

守るは美容の基本であり、主役!
なのでしっかり抑えたいですよね。

では、セラミドを守るにはどうすればよいか?
まず、セラミドが失われがちな場面に注目しましょう。
それは、2つ!

1、洗顔、メイク落しの「摩擦」と「洗いすぎ」

2、外出時の「紫外線」

です。
まずは、洗顔とメイク落しです!

低刺激な洗顔料とメイク落としを選んで優しくオフ!セラミドを守ろう!

洗顔やメイク落しは、お肌の為の大切なスキンケアですが、同時に

お肌の潤い成分、NMFとセラミドへダメージ


が心配されます。

ですから、
洗い流したい成分を程よくオフする
その上で低刺激におさめる
の両立がポイントです。

洗顔とメイク落しでは、そのためのポイントが違ってくるために分けて考える必要があります。
まずは、メイク落しです。

メイク落しは、負担の少ない油脂クレンジングを選び、優しくオフを意識しよう!

メイク落しは、配合成分によっていくつかの種類に分類でき、その種類により、特徴が変わります。
メイク落しを低刺激におさえるにはまず、

洗浄力

セラミドをはじめとしたお肌の潤い成分への刺激性

に注目してメイク落しを選ぶことからはじめましょう。
まずは、アマゾンで人気のあるクレンジングオイルに配合のあったメイク落しの成分を種類別に紹介していきます。

炭化水素系
高洗浄力で、お肌の潤い成分まで洗浄してしまう心配があるために、最近割と嫌われていて見なくなってきた成分です。
それでも、
AMAZON人気上位では

ミネラルオイル
水添ポリイソブテン

が、見かけられました。

エステル系
ミネラルオイルより洗浄力は劣る、その分お肌に優しいとされ、最近主流となっているメイク落し成分です。

パルミチン酸エチルへキシル
エチルヘキサン酸セチル
ホホバ油(ロウ)
ジイソノナン酸BG
炭酸ジカプリリル

などが人気上位のメイククレンジングに採用されていて、現状もっとも主流となっているクレンジング成分といえそうです。

ノニオン界面活性剤系
肌浸透性が非常に低く、超低刺激の洗浄成分です。
メイク落しの機能というより、メイク落し成分そのものと、これによって浮いたメイクも含めて全体の洗浄成分として、その他の系列の洗浄成分とセットで採用されることが多いです。
人気メイク落しでは

PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

などが、見受けられました。

以上
炭化水素
エステル
ノニオン界面活性剤
これらの3つの系統の成分を組み合わせたものが、現状のアマゾンでの人気上位のメイク落しにみられました。
特にエステルとノニオン界面活性剤を組み合わせたものが人気のようです。

ですが、今回私がオススメしたいのはこれらの成分ではなく油脂系メイク落しです。

油脂系
クレンジグオイルの中でもっとも洗浄力が低い傾向にあり、お肌に必要な油性成分を残してメイクを落とすことが期待出来ます。
また、油脂はお肌にもともとバリア機能としてお肌を守るために存在する『皮脂膜』の主成分であるために、お肌と馴染みが良く自然な保湿成分としても働きかける機能性も持ち合わせており、肌に残ってもしっとりと馴染みます
AMAZON上位には油脂洗浄成分は見当たりませんが、

ツバキ油
オリーブ油
米ぬか油
マカデミアンナッツ油
アルガニアスピノサ油

などが有名です。
最近、優秀なクレンジングオイルとして注目度があがってきているメイク落し成分です。

メイク落しの洗浄成分の刺激とは、メイクの成分に近しいお肌の潤い成分をも同時に落としてしまうことです。
ですから、あんまり強いメイク洗浄力があるものは好ましくありません。

とはいえ、メイクを洗い残しては、刺激云々どころじゃありませんよね?
ですから、メイク残しをしない程度の洗浄力で、なるべく低刺激なメイク落しを選びたい!が正解といえます。

そこで、まずお試しいただきたいのが、比較的低洗浄力低刺激の油脂系クレンジングコスメです。
低洗浄力を基準に選んでいただき、それでメイク落ちが十分でない場合に他におすすめしたい対策があるからです。
まずは、優秀なプチプラ油脂系クレンジングオイルをいくつか紹介します。
その上で油脂系クレンジングを利用したセラミドに優しい低刺激メイク落しの方法をご紹介いたします。

これらの油脂系クレンジングを使用すること、これが

セラミドにやさしい低刺激メイク落しの始まりです。

では、具体的な低刺激クレンジング方法はというと

まず、水気の無いうちにクレンジングをメイクした部位のみに乗せ、手のひらでクレンジングを回すようにして優しく馴染ませます。お肌とクレンジングを馴染ませるわけでは無く、クレンジングとメイクを馴染ませるイメージでやさしく馴染ませましょう。

こうして、馴染んだクレンジングとメイクを今度は、少量のお水を手にとって加え、再び手のひらで優しく回して馴染ませます。これにより少しづつお肌からクレンジングとメイクを離していきます。

しっかり馴染んだと感じたら(普通2分くらい必要な傾向にあるそう)お水で優しく洗い流しましょう。

通常、お水ではクレンジング成分は落ちづらいため、必要に応じて後述する洗顔フォームによるダブル洗顔で優しく仕上げましょう。

ただし、ウォータープルーフなどの落ちづらいメイクの場合、この方法では、メイクが落ちきらない場合があります。
そんなときは、
メイクを落ちやすいものへ変えることをオススメしたい!
ですが、、、、、、そうもいきませんよねw

そうなると、メイク洗浄力の強いミネラルオイル系のクレンジングに頼るしかありませんが、ミネラルオイル系のクレンジングは、お肌の潤い成分との相性も良く、必要な潤いまで洗い流してしまう心配があり、やはりオススメしがたいです。
そこでオススメなのがプレクレンジングです。

落ちないメイクはミネラルオイルでプレクレンジング!

油脂クレンジングをベースにメイク落とし行う場合、まず注意したいのは、

メイクの洗い残し

です。
低洗浄力で低刺激だから選んでいるのにメイク残しをしては元も子もないですものね?
通常のメイクならば、油脂系クレンジングでも十分な洗浄力を発揮しますが、問題は

ウォータープルーフなどの落ちづらいメイク

です。
油脂クレンジングでメイクが落ちない!と感じた場合にオススメしたいのが、プレクレンジングです!
プレクレンジングはあくまで、上記のセラミドにやさしい低刺激メイク落しでは落ちないと感じるときの裏技なのでお気をつけを!

その方法とは、ミネラルオイルやスクワラン、ワセリンなどで、あらかじめメイクを浮かせ、キッチンペーパーなどで吸い取るというものです。
上記の3種のオイルも炭化水素といって、お肌に存在し、肌なじみの良い成分で、また、変化しづらく、お肌への影響が少ないといった特徴も有ります。

ミネラルオイル系のクレンジング剤もミネラルオイルなどの炭化水素は配合されているのですが、そのほかにも界面活性剤などのお水と反応して洗浄する肌刺激になりうる成分も配合されていて、基本早く洗い流すべきものです。なのでキッチンペーパーで吸い取るという行為と相性がよくないのです。

その点、ミネラルオイル、スクワラン、ワセリンなどは先述のようにお肌に存在する成分ですので、キッチンペーパーで吸い上げるというクレンジング方法と相性も良く、ピンポイントでメイク落しも狙えるため強力なメイクを落としても、比較的低刺激ですむ期待が持てるわけですね。

言うならば、プレシャンプーならぬプレクレンジングといったところですね。

ただし、それでもメイク残しの心配はあるため、その後のセラミドにやさしい低刺激メイク落しに加え、ダブル洗顔の洗顔フォーム選びが重要となってきます。

 

仕上げの洗顔は、低洗浄力が特徴でセラミドに優しいアミノ酸系洗顔フォームで!

メイク落しはクレンジングと洗顔に分けられます。
すなわち、クレンジングと洗顔フォームは基本的に求める機能、性質が違うのです。
クレンジングは、メイクを浮かす
洗顔フォームは、浮いたメイクと機能を終えたクレンジングとともに洗浄するもの!と考えると分りやすいと思います。
※厳密にはダブル洗顔不要をうたう、オールインワンみたいなクレンジングもありますが、オススメしたいのは分けてメイク落しをすることです。分りやすくアイテムを選びやすいですし、低刺激の根拠もはっきりしている分、正しい洗顔方法もはっきりする!からです。

ではまずは、洗顔フォーム選びから。
洗顔フォームでオススメしたいのはズバリ

アミノ酸系洗顔フォームです。

アミノ酸系洗顔フォームとは、アミノ酸を元に作られた洗浄成分を主成分とする洗顔フォームの総称で、他の洗顔フォームに比べ
低洗浄力
低刺激
が大きな特徴です。
このため、油脂系クレンジングで守ったお肌の潤い成分を引き続き失う心配を限りなく低くおさめてメイク落しを仕上げる期待が持てます。
これに対して、比較的
高刺激
高洗浄力
といえるのが、
石けん系洗顔フォームです。

市販のほぼすべての洗顔フォームは石けん系といって過言では無いのが現状で、そのことから、人気が有るのは間違いなさそうですが、石けんは理論上お肌の潤い成分に対する刺激は、アミノ酸系洗顔フォームの比じゃないくらい高い心配が大きいといえます。

ですから、アミノ酸系洗顔フォームを是非オススメしたいのですが、、、、
先述のように市販では、アミノ酸系洗顔フォームはさがすのに恐ろしく苦労するほど稀です。
いくつか、見つけてきたので、先にご紹介いたします。
是非一度石けん系と比較なさっていただきたいです!

日焼け止めは酸化チタンがオススメ!上手に選んでセラミドへのダメージを最小限に抑えよう!

セラミドを「守るにおいて、最近最も注目されているのが、紫外線防止剤、日焼け止めです。
意外かもしれませんが、紫外線は私たちの
お肌の最大の刺激で老化においても最大の原因といわれています。
ですから、スキンケアにおいて最も大事なのは紫外線対策である!少なくても紫外線対策ありき!と注目されているのです。

では、紫外線対策にはどんなものがあるのか?
そもそも紫外線とは何なのか?から考えていきましょう。

紫外線の正体から紐解く紫外線対策!

紫外線とは、太陽光に含まれている光のうち、一定のエネルギーを持ったもののことで、タンパク質を変性(性質を変えて二度と戻らない)させたり、細胞内のDNAを傷つける心配があります。
特にDNAへのダメージは注目されています。
通常、傷ついたDNAは細胞が傷ついた部分を切り離し、元の状態に回復します。が、ダメージが度重なったりすると、DNAのなおし間違いが生じる心配があり、これが原因で長い時間をかけて老化や皮膚がんの原因となると考えられています。

ですから、近年、若いうちからの紫外線対策が注目されているのです。
紫外線対策には、帽子や衣類によるもの、そして最も注目されるのが

日焼け止め

ですよね?
日焼け止めという名前では

肌を黒くしない何らかの仕組みのある薬品

と簡単に考えがち。
本来の使用目的を考えればそれでかまわないのですが、その仕組みを紐解くことで使用理由はまったく変わってくると思います。
日焼け止めの仕組みは、

太陽光のうちの紫外線を
散乱させるか
吸収して熱エネルギーへと変換させること
またはその両方によって
紫外線をお肌に到達させない。
これにより皮膚やDNAダメージを起こさせない!という訳です。

結果として日焼けをおこさないわけですが、
皮膚ダメージを防ぐ!と皮膚を黒くしない!は大分イメージが違いますよね?

ちなみに、もっと違いを理解するために、日焼けの仕組みも簡単に解説すると、
日焼けは、人体の持つ防御反応の結果です。

その過程は、紫外線を感じたお肌は、メラニンという紫外線に強い黒色へ変化する色素をお肌深部で発生させ、次第に皮膚上層部へ送り込むことで、いわば
生命による日傘
を作り出し、紫外線から大切な機能が多いお肌深部を守っているわけです。



セラミドを『補う』スキンケアで潤いもち肌を目指そう!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

ヒト型セラミド化粧水で失ったセラミドを補おう!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

洗顔後の弱った肌は油脂オイルでセラミドを優しく守り保湿しよう!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

セラミドを『生み出す』スキンケアで潤いもち肌を目指そう!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

ターンオーバーを正常化して、健康なセラミド美肌を促そう!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

睡眠時間を大切に!寝る前は何もせず、最初の3時間を整えて健康なセラミド肌を!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

ヒト型セラミドの元!天然セラミドで補うのもオススメ!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

睡眠時間を大切に!寝る前は何もせず、最初の3時間を整えて健康なセラミド肌を!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

栄養バランスを整えて体のバランスを整えよう!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

セラミドを守るスキンケアで潤いもち肌を目指そう!

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Scroll to Top