当サイトはアフィリエイト広告を利用しています 

ジェルタイプでプチプラの日焼け止め

大人気ジェルタイプ!めちゃくちゃリーズナブルなのも特徴の一つです。だからプチプラでも容易に手に入るメリットもあります♪そこで、ジェルタイプの日焼け止めをプチプラっぷりで徹底比較(^^♪一定の優秀さももちろん視野に入れつつ比べてみました。

ジェルタイプでおすすめのプチプラ日焼け止めと選び方

まずは、私の知る538種類の日焼け止めから、ジェルを名乗る日焼け止めに絞って、2021/10/5現在の参考価格でプチプラ順に並べてみましょう!

ジェルタイプの日焼け止め63種類

商品名ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用ニベア スーパーウォーター ジェルスキンアクア モイスチャー ジェルニベアサン ウォータージェルスキンアクア スーパー モイスチャー ジェル ポンプスキンアクア スーパー モイスチャー ジェルアクアシャボン UVジェル ウォータリーカントリー&ストリーム UVジェル日焼け止めジェル(ポンプ)ニベアサン スーパーウォータージェルサンカット ジェル50ビオレUV アクアリッチ ウォータリージェルビベッケ UVジェルスキンアクア スーパー モイスチャー ジェル ゴールドサンカット ジェル 50 (ウォータースプラッシュ)オーシャンパシフィック UVカットジェルベルディオUVモイスチャージェルサンカット マイルドケアUV ミルキィジェルサンカット パーフェクトUV ジェルKISS ME MOMMY! UVマイルドジェルNニベアサン ウォーター ジェルニベア ディープ プロテクト & ケア ジェルコパトーン パーフェクトUVカットジェルクリームIコパトーン パーフェクトUVカットジェルクリームIIコパトーン パーフェクトUVカットジェルクリームIIIニベアサン プロテクトウォータジェル エクストラクールラロッシュポゼ アンテリオス XL ウェットスキンアイスノン ひんやりUVガードコパトーン キレイ魅せmコパトーン キレイ魅せk専科 ミネラルWUVジェル紫外線予報 爽やかなUV泡ジェルコパトーン キレイ魅せhコパトーン キレイ魅せnアリィー エクストラUV ジェル 限定セットアリィー エクストラUV ジェルANESSA ホワイトニングUV ジェル AAANESSA モイスチャーUV マイルドジェル Nアネッサ パーフェクトUV スキンケアジェルスキンケアUV ジェル雪肌精 ホワイト UV ジェル 80gアリィー エクストラUVジェル ミニ雪肌精 クリアウェルネス UV ディフェンス ジェルアリィー ニュアンスチェンジUV ジェル WTアリィー ニュアンスチェンジUV ジェル RSサンプロテクト ジェル雪肌精 クリアウェルネス UV ディフェンス トーンアップ雪肌精 スキンケア UV ジェル 40gアリィー エクストラUV ハイライトジェルアネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル ミニアリィー エクストラUVフェイシャルジェルアリィー ニュアンスチェンジUV ジェル PKアリィー エクストラUVフェイシャルジェル ミニマザー&ドーター UVジェルハイスペック サンスクリーンパーフェクトウォータープルーフプロテクトビオレUV 化粧下地UV シミ・毛穴カバータイプアリィー カラーチューニングUV PUアリィー カラーチューニングUV APシロノサクラフィットスパ フェイスアンドボディUVジェルMTプロテクトUVジェルサンプロテクトUVジェル50+ウォータリーUVジェルベルディオ UVマイルドジェルベルディオ UVモイスチャーエッセンス
イメージ
会社名花王グループカスタマーマーケティング株式会社花王ロート製薬花王ロート製薬ロート製薬ウエニ貿易井田ラボラトリーズ無印良品花王コーセーコスメポート花王クイックレスポンスロート製薬コーセーフィッツコーポレーション近江兄弟社コーセーコーセーコスメポート伊勢半花王花王大正製薬大正製薬大正製薬花王日本ロレアル白元アース大正製薬大正製薬資生堂石澤研究所大正製薬大正製薬カネボウ化粧品カネボウ化粧品資生堂ジャパン資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)資生堂コーセーコーセーカネボウ化粧品コーセーカネボウ化粧品カネボウ化粧品コーセーコーセーコーセーカネボウ化粧品資生堂カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品ツーウェイワールドMENS NULLナルク(NALC)花王カネボウ化粧品カネボウ化粧品シロノサクラ。Fit SPA(フィットスパ)メタトロンMacchiaLabel(マキアレイベル)江原道近江兄弟社近江兄弟社
アマゾン順位12位11位全身用日焼け止め8位全身用日焼け止め1位7位全身用日焼け止め4位33位30位顔用日焼け止め113位65位全身用日焼け止め9位全身用日焼け止め728位(UVカット・日焼け止め)53位全身用日焼け止め327位1106位63位229位26位19位全身用日焼け止め554位UVカット・日焼け止め24位全身用日焼け止め481位211位307位346位100位330位74位148位209位163位328位355位10位UVカット・日焼け止め15位全身用日焼け止め27位全身用日焼け止め41位全身用日焼け止め16位66位全身用日焼け止め191位(顔用日焼け止め)6位311位(UVカット・日焼け止め)17位UVカット・日焼け止め4位(顔用日焼け止め)77位全身用日焼け止め311位(UVカット・日焼け止め)107位79位全身用日焼け止め16位30位顔用日焼け止め81位UVカット・日焼け止め22位(顔用日焼け止め)20位全身用日焼け止め2位(リップ用日焼け止め)16位顔用日焼け止め14位顔用日焼け止め16位顔用日焼け止め78位全身用日焼け止め97位全身用日焼け止め32位29位
参考価格53180955975575860914851036890839609991130075970739865767487896889998560060063714004400113776376380018158408642046213021782178217823102080104518901627162711001980115017499801950195095519801614272914501980198032506600350022003600746576
内容量120g160g110g140g140g110g260g180g150mL140g100g155mL200g110g100g50g80g80g100g100g80g80g40g40g40g80g250mL60g40g40g40mL90g40g40g90g90g90g90g90g90g80g40g70g60g60mL40g70g40g60g32g60g60g25g50g40g60g30g40g40g60g120ml50g30ml40g80g50g
コスパ¥4.4/g¥5/g¥5/g¥5.3/g¥5.4/g¥5.5/g¥5.7/g¥5.7/g¥5.9/mL¥5.9/g¥6/g¥6.3/mL¥6.5/g¥6.9/g¥7/g¥7.9/g¥8.2/g¥8.4/g¥8.7/g¥9.6/g¥11.2/g¥12.3/g¥15/g¥15/g¥15.9/g¥17.5/g¥17.6/mL¥18.9/g¥19/g¥19/g¥20/mL¥20.1/g¥21/g¥21.6/g¥22.7/g¥23.6/g¥24.2/g¥24.2/g¥24.2/g¥25.6/g¥26/g¥26.1/g¥27/g¥27.1/g¥27.1/mL¥27.5/g¥28.2/g¥28.7/g¥29.1/g¥30.6/g¥32.5/g¥32.5/g¥38.2/g¥39.6/g¥40.3/g¥45.4/g¥48.3/g¥49.5/g¥49.5/g¥54.1/g¥55/ml¥70/g¥73.3/ml¥90/g¥9.3/g¥11.5/g
カラー無着色無色透明タイプ無着色無着色無着色無着色無着色無色素無着色ニュアンスグリーン(透明感のある白ツヤ肌仕上げ)ニュアンスピンク(明るく血色感のある薔薇色)ラベンダー桜ピンクカラーパープルアプリコットピンクカラー無着色無着色無着色
香り無香料無香料無香料無香料ウォータリーシャンプーハチミツレモンの香り無香料ホワイトミュゲのやさしい香り無香料無香料グリーンローズ無香料無香料無香料無香料無香料無香料無香料無香料ムスク+シトラス+ローズ無香料無香料無香料無香料、オレンジ精油の香り無香料無香料無香料シトラスソープの香り無香料シトラスソープの香りモダンフローラルモダンフローラル香料フリー透明感のある香りジャスミン&ホワイトペシェの香りフリュイローズ&ゼラニウムの香り香料透明感のある香りモダンフローラル無香料シトラスソープの香り無香料ほのかな桜の香り香料フリーゼラニウム香料フリー紫陽花しずくとセージの香りアプリコットと金木犀の香り無香料無香料無香料無香料
ウォータープルーフ汗・水に強いスーパーウォータープルーフ汗・水に強いスーパーウォータープルーフ汗・水に強いウォータープルーフスーパーウォータープルーフ汗・水に強いウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ汗・水・皮脂・こすれに抜群に強いスーパーウォータープルーフスーパーウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ水に強いウォーターレジスタンスタイプウォータープルーフウォータープルーフ汗や皮脂に強いウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフスーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフスーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーウォータープルーフスーパーウォータープルーフスーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフウォータープルーフパーフェクトウォータープルーフ「化粧くずれ防止機能」汗に強いスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフ汗・擦れに強い汗や水に強いウォータープルーフ
容器ボトルボトルボトルポンプポンプボトルポンプポンプポンプポンプボトルボトルチューブボトルボトルチューブボトルボトルボトルポンプボトルボトルチューブチューブチューブスプレーチューブスプレーチューブチューブボトルスプレーチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブチューブボトルチューブチューブチューブボトルチューブ
タイプジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルDMEジェルジェルクリームDMEジェルジェルクリームジェルクリームジェルLPG泡ジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェル
SPFSPF28SPF50SPF35SPF35SPF50+SPF50+SPF42SPF32SPF50+SPF50SPF50+SPF50+SPF30SPF50+SPF50+SPF30SPF50+SPF50+SPF50+SPF33SPF35SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50SPF35SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF35SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF34SPF50+SPF30SPF50+
PAPA++PA+++PA+++PA+++PA++++PA++++PA+++PA+++PA++++PA+++PA++++PA++++PA+++PA++++PA++++PA+++PA++++PA++++PA++++PA+++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA++++PA+++PA++++
タイプ
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の総数234333423355234153423522237243654444356444555524564542335663137214
吸収剤(UVA+UVB)001011000011111011100100002000001111011111111101111110001110010001
吸収剤(UVA)011100111111011010111111111111111100111110100101010000111111002001
吸収剤(UVB)222222112222112121212311124121421122113222222202232220221221022002
酸化セリウム000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001101000
酸化亜鉛:散乱剤(UVA)000000100000000001000000000000110011110001111110101111001110001100
酸化チタン:散乱剤(UVB)000000100011000010000000000011011100011000011010110101001110001110
オクトクリレンありありありありあり
ビス^トリアジンありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありあり
メチレン^フェノール
テレフタリリデンカンフルスルホン酸
ドロメトリゾールトリシロキサンあり
トリメチルシロキシケイ酸40位に有り23位に有り
パーフルオロ化合物
特別な特徴化粧下地にも化粧下地にも化粧下地にも化粧下地にもUVカット機能の低下しにくくなる独自成分、化粧下地にも光耐久技術採用、化粧下地にも化粧下地にも化粧下地アウタースキン(薄く均一なUVブロック膜)、化粧下地にもメイク崩れ防止成分配合UVカット機能の低下しにくくなる独自成分、化粧下地にも化粧下地効果(ファンデーションの付き・持ちを高めて化粧崩れを防ぐ)外的刺激(紫外線・乾燥・花粉・PM2.5)をプロテクトアレルガード機能、化粧下地効果限定品、アレルガード効果、化粧下地効果化粧下地にも化粧下地にも酢酸トコフェロール配合、紫外線ですぐ肌が赤くなりやすい方にアスコルビルグルコシド配合、紫外線で赤くなった後黒くなる方にアスコルビルグルコシド配合、紫外線ですぐ肌が黒くなりやすい方にー5℃のひんやりUVジェルロングUVAもブロックマイナス12度の冷たさで塗れる日やけ止めジェルナチュラルホワイトパウダー配合、白肌トーンアップでマシュマロ肌キラキラパウダー配合、パール効果で自然なキラキラ肌ミネラルウォーター100%使用ひんやりはじけるふんわり泡ジェルブライトパール配合、光コントロール効果ですらっと!ほそみせ肌ゴールドパール配合、毛穴カバーでつるん!となめらか肌化粧下地効果化粧下地効果汗・水でUV膜が強くなる汗・水でUV膜が強くなる大気中の微粒子(ちり・ほこり・花粉など)をブロック、化粧下地効果環境ダメージから肌を守る化粧下地効果ちり・ほこり・花粉などをブロック化粧下地効果化粧下地効果こすれ・動きに強い密着イオン技術大気中の微粒子をブロック、化粧下地効果大気中の微粒子:ちり・ほこり・花粉などをブロック、化粧下地効果化粧下地効果汗・水にふれるとUVブロック膜が強くなる、耐こすれ機能下地GEL顔用化粧下地効果下地GEL顔用化粧下地UV 顔用皮脂を吸着しくずれを防止化粧下地効果化粧下地効果ブルーライトカット成分配合酸化セリウム(ナノセリア)近赤外線やちり・ほこりから肌を守るウォータークッションヴェール(しみやベタつきの原因となる散乱剤を包み込む)、界面活性剤不使用外的刺激(紫外線・乾燥・花粉・PM2.5)をプロテクト。化粧下地にも外的刺激(紫外線・乾燥・花粉・PM2.5)をプロテクト
低刺激性×××××××××××××××××××
DPG4位4位4位4位4位15位3位4位9位3位3位3位3位4位12位11位4位9位9位
エタノール3位2位2位2位2位3位2位2位3位3位2位2位2位2位2位2位8位8位8位2位1位7位5位3位6位6位3位3位3位2位2位2位3位3位3位3位3位5位2位3位2位3位3位3位3位2位2位40位38位67位
1,2ーヘキサンジオール45位
1,2ーヘキサンジオール45位
ペンチレングリコール4位9位9位4位5位7位
グリセリン5位5位5位34位32位18位32位17位14位28位6位6位6位6位5位23位10位10位4位6位12位9位23位10位14位10位10位9位9位11位12位5位10位5位11位9位9位39位3位18位16位17位
ジグリセリン
BG12位15位17位7位7位5位32位15位7位12位23位4位7位3位2位3位23位17位4位23位23位23位3位24位29位3位3位7位7位5位34位7位8位7位10位7位7位16位18位7位7位34位8位7位8位2位3位3位21位10位10位3位37位2位4位2位3位
PG4位4位3位4位4位2位3位
ヘキシレングリコール
エチルヘキシルグリセリン
プロパンジオール24位11位3位4位
カプリリルグリコール
ヒト型セラミド3種(2,3,6)1種(3)1種(3)1種(3)1種(3)1種(3)1種(3)1種(3)3種(3,6,2)3種(6,2,3)1種(3)
AMAZON詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる
ジェルタイプの日焼け止め プチプラ順

※数値は参考値です。値段や順位は変動します。
※ビス^トリアジンはビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンを、メチレン^フェノールはメチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノールを、テレフタリ^スルホン酸はテレフタリリデンジカンフルスルホン酸を略したものでどれも優秀な紫外線吸収剤です。

ジェルタイプ、やはり安いですね。
平均参考価格は23円/g(ml)。
日焼け止めの平均参考価格が80/g(ml)あたりですから凄まじいコスパ合戦です。

ジェルタイプ最大の特徴は、紫外線カット成分に紫外線を散乱してカットする紫外線散乱剤の利用した日焼け止めが比較的少ないこと。

いくら、テクスチャーの良いジェルタイプでも、散乱剤無しでは、紫外線カット機能の時間低下が顕著になる心配があるので、長時間の利用では、塗り直しがこれ以上なく要求される傾向にあるのです。

そのうえ、水っぽいテクスチャーは皮膜力が弱く、汗などの水分で簡単に落ちて行ってしまう傾向にあります。物理的にもカット機能が低下しやすいというわけですね?

ですから、優秀なジェルタイプの日焼け止め選びの最低限のポイントは、

  • 散乱剤の利用があるか?
  • 優秀なカット機能長持ち成分がちゃんと配合されているか?

と言えると思います。

この重要ポイントをおさえた日焼け止めジェルを、プチプラっぷりに注目して厳選してみました!

スキンアクア モイスチャー ジェル

created by Rinker
¥547 (2024/06/21 01:00:22時点 楽天市場調べ-詳細)

参考価格 ¥559 110g ¥5/g

トップクラスのコスパを持つ日焼け止めジェル。
その上、ただ安いだけじゃなく、

  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

と呼ばれるカット機能を持続させてくれる期待の持てる紫外線カット成分が採用されています。

また、白浮きの大要因、紫外線散乱剤を使っていないから、塗ったところが白くなったり、触ったものに白く色移りするような心配もありません。

SPF35は日常使いに十分なカット機能ですから、レジャーなどではなく普段使う日焼け止めとしておすすめ出来ますね!

ただし、エタノール高濃度配合が想定され、清涼感が楽しめますが、目に入ると痛いので気を付けて使いましょう。

スキンアクア スーパー モイスチャー ジェル

参考価格 ¥609 110g ¥5.5/g

まるでロート製薬の回し者のようですがw
優秀条件をのり超えた上で安いのだからしかたないですよね。

スキンアクア モイスチャー ジェルはSPF35でしたが、スーパーと名前が豪華になった分SPFは国内最高表示のSPF50+。
レジャーなどのアウトドアでも心強い一品ですね。

スキンアクア モイスチャー ジェルと同じで優秀な吸収剤

  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

配合で、かつ、エタノール高濃度配合が想定できる点も全く一緒です。

ちなみに、常備するのに便利なポンプタイプも同じくらいプチプラで販売されています。

スキンアクア スーパー モイスチャー ジェル ポンプ 140g SPF50+ PA++++


参考価格 ¥758 140g ¥5.4/g

玄関に一本あると、ちょっとしたゴミ出しや、コンビニへの買い物なんかでも数秒で紫外線対策が出来て便利ですし、外出前に『あっ!日焼け止め塗るの忘れた』なんて時に重宝します。

マザー&ドーター UVジェル

参考価格 ¥1980 50g ¥39.6/g

超激レアな、ジェルなのに紫外線吸収剤を使わないノンケミカルタイプの日焼け止め。
散乱剤はいくら紫外線をカットしても、自身が変化することは無いのでカットの過程において紫外線カット機能は低下する心配はありません。

つまり、マザー&ドーター UVジェルは、物理的に落ちでもしない限り塗り直ししなくても、SPF50+/PA++++の最高ランクのカット機能を持続してくれる期待がもてるわけですね!

長時間の外出でも塗り直しできない!って時に大活躍してくれる期待がもてます。
ただし、塗ったところが白くなる白浮きを起こします。

ただ、どういうわけか、マザー&ドーター、非常に白浮きが穏やか。
白浮きを抑えるための微粒子化が上手くいっているのか、比較的白浮きしづらい酸化亜鉛に偏って配合があるのかわかりませんが、うれしい処方ですね。

ジェルタイプの日焼け止めの特徴と選び方

ジェルタイプの日焼け止めは文字通り、みずみずしく使えるのが共通した特徴。
その分、皮膜力が弱く、十分なカット機能を発揮するような厚い被膜を維持するのは難しい傾向にあります。

SPFは、お肌1㎠に2mgの日焼け止めを塗ったときのカット性能を示すのです。
ですから、ジェルタイプは、スーッと伸びて使いやすい!のは良いのですが、それでは、2mg/1㎠も塗れているのか疑問ですよね。

ここに注目するとジェルタイプの日焼け止め選びが変わってきますよね。

落ちづらくて、高めのSPFを持つ日焼け止めジェルを選べば、かりに、2mg/1㎠ほどの被膜ができなかったとしても、十分なSPFを発揮してくれる期待がもてるからです。

日常使いならばSPF25程度でも十分ですが、レジャーなどの長時間にわたり強い紫外線をたくさん浴びてしまうような環境で、ジェルタイプを選ぶのであれば、SPF50+でウォータプルーフの日焼け止めジェルから選ぶことをおすすめします。

そのうえで、さらにジェルタイプで注意したい重要な選び方があります。

  • ノンケミカル・ケミカル・混合タイプから優秀な日焼け止めジェルを選ぶこと

解説します。

ノンケミカル・ケミカル・混合タイプから日焼け止めジェルを選ぶ

ジェルタイプの日焼け止めに使われる紫外線カット成分は

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

のどちらかに分ける事が出来ます。

紫外線吸収剤は、紫外線をお肌の代わりに受けて熱エネルギーへと変換することで紫外線カットをしてくれる成分です。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収する際自身が変化することがあるので、カット機能が低下していくというデメリットがあります。
そのかわりに、光エネルギーを反射して紫外線をカットする機能は低いので、塗ったところが白くなる白浮きはほとんどしないメリットがあります。

また、紫外線吸収剤は種類が非常に豊富。
紫外線カット成分はそれぞれ、カットできる波長幅が決まっていて、1つのカット成分だけで280-400nmの紫外線すべてをカットするのは現実的ではないと想定できます。

ですから、たくさんの種類のカット成分の配合があればあるほど、幅広い波長で強力なカット力を示す期待がもてる日焼け止めであると想定できるわけですね。

対する紫外線散乱剤は、種類が非常に少なく、従来から使われているのは

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

の2種のみ。新成分

  • 酸化セリウム

も登場して、ちょくちょく見かけられるようになりましたが、明確な性能や低刺激性を示すエビデンスは未だ見当たらない事と、数が非常に少ないことから、実質2種類しかないと考えられます。

紫外線散乱剤は紫外線を受けると自身は変化することなく紫外線を散乱してカットしてくれます。

紫外線散乱剤

カットの過程において自身は変化しないので、カット機能が低下していく心配はありません。
つまり、散乱剤だけで出来た日焼け止めならば塗り直しが少なくとも長時間のカットが期待できるというわけですね。

大変なメリットですが、デメリットもあります。
高い光の屈折率がものを言って、可視光線をも散乱し、白く光るのです。

ですから、顔に塗ればお化けのように白浮きしますし、手に塗れば触ったところが白く色移りしてしまいます。

さて、これらの2種類の紫外線カット成分によって日焼け止めは構成されるわけですが、メリットデメリットがこれだけ顕著に違うのですから、日焼け止めがどんなカット成分で構成されてるか?は、非常に重要ですよね?

ですから日焼け止めはジェルに限ったことではありませんが、構成次第で

  • ノンケミカル
  • ケミカル
  • 混合

の3タイプに分ける事が出来るのです。

ノンケミカルタイプの日焼け止めジェル

紫外線散乱剤のみを利用したジェルタイプの日焼け止めの総称です。
ノンケミカルタイプのほとんどは、ミルクタイプやクリームタイプです。

ですから、ジェルタイプでは非常にレア。

散乱剤しか使っていないのですから、カットの過程において自身の変化は起きないので、物理的に落ちない限りカット機能が低下していく心配はいりません。

  • 塗り直しができないのに長時間の外出になる
  • 一部の隙も与えず、高い紫外線カットを維持して絶対焼きたくない

といった方におすすめ出来ます。

その代わり、これ以上なく白浮きします。
特に、SPFが高い日焼け止めジェルや、酸化チタンだけで出来た日焼け止めジェルはかなりの白浮きを見せるので注意しましょう。
ノンケミカルで、高いSPFは散乱剤の高濃度配合を示しますし、酸化チタンは酸化亜鉛に比べて白浮きが顕著だからです。

また、

  • 酸化亜鉛が肌に合わない
  • 酸化チタンの顕著な白浮きを避けたい

といった特別な理由の無い限り

酸化亜鉛+酸化チタンのW配合のある日焼け止めジェルを選びましょう。

酸化亜鉛がUVA領域の紫外線を顕著にカットするのに対し、酸化チタンはUVB領域の紫外線を顕著にカットする特性があるからです。

酸化亜鉛+酸化チタンの各紫外線波長でのカット量のイメージ

※配合濃度などの不明要素は考慮していないのでUVカット量は目安です。あくまで、配合された紫外線カット成分が得意なカット波長のエビデンスをもとに作ったイメージです。実際のカット機能を示すものではありませんのでご容赦くださいませ。

特に肌健康やエイジングに重要なUVAカットに長け、得意とは言えないもののUVB領域でもカットが期待できる、幅広い波長に対応できる酸化亜鉛はマストで欲しいところですよね。

ノンケミカルタイプの日焼け止めジェルならば、酸化亜鉛の配合に注目しましょう。

ケミカルタイプの日焼け止めジェル

カット成分に紫外線吸収剤のみを利用した日焼け止めの総称です。
ジェルタイプの日焼け止めのほとんどがこれに当たります。

吸収剤しか使っていないので、白浮きの心配はいらないと想定できます。

その代わり、カットすればするほどカット機能が低下していくので、長時間の外出には不向き。
塗り直しは必須で必要となります。

ただし、同じケミカルタイプでも効き目長持ちの期待が高まる日焼け止めジェルがあります。
優秀吸収剤配合の日焼け止めです。

優秀な吸収剤たち

これらの成分は、自分自身が光エネルギーで変化しづらかったり、一緒に配合された吸収剤の変化を抑制することが報告された優秀な紫外線吸収剤たちです。
これらの成分に頼っていて高いSPFを示しているのであればあるほど、ケミカルタイプでもカット機能の維持に長けた日焼け止めであると期待できる訳ですね。

長時間の外出や、タフな環境のアウトドアで、ケミカルタイプの日焼け止めジェルを利用する場合、これらの成分が1種類は配合のある日焼け止めジェルを選ぶことをおすすめします。

また、ケミカルタイプにはもう一つ知られざる長所があります。
吸収剤の種類が豊富だから、幅広い波長で高いカット機能を発揮できる期待の持てる優秀な日焼け止めが選べことです。

紫外線吸収剤の種類の総数とバランスの取れていない日焼け止めより

バランスの悪い日焼け止めの各紫外線波長でのカットのイメージ

おすすめの日焼け止めジェルラロッシュポゼ アンテリオス XL ウェットスキンのように

ラロッシュポゼ アンテリオス XL ウェットスキンの各紫外線波長でのカットのイメージ

※配合濃度などの不明要素は考慮していないのでUVカット量は目安です。あくまで、配合された紫外線カット成分が得意なカット波長のエビデンスをもとに作ったイメージです。実際のカット機能を示すものではありませんのでご容赦くださいませ。

この方がイメージとは言え心強いに決まってますよね♪

同じSPF50+/PA++++の最高ランクのカット機能を示している日焼け止めジェルでも、配合された吸収剤の構成によって、効き目の長持ちさや、各波長でのカット性能は違うと想定できるわけです。

絶対焼きたくない方はもちろん、普段使いでSPF25程度の日焼け止めジェルをお求めの方だって注意したい超重要ポイントです。
SPF25の方が、弱点となる穴が開きやすいですからね。
低いSPFほど、2つのチェックポイントに注目しましょう。

混合タイプの日焼け止めジェル

紫外線散乱剤も紫外線吸収剤も利用した混合タイプの日焼け止めジェルは、紫外線カット成分の総数が稼ぎやすいうえに、紫外線を吸収も散乱もしてくれるので、非常に幅広い波長で、紫外線を強力カットしてくれる期待がもてます。

ただし、配合濃度のバランスによってそのデメリットの大きさは変ってきますが、白浮きもカット機能の低下もします。

ですから、混合タイプの場合これまでの応用が役立ちます。

白浮きしたくないのであれば、白浮きの顕著な酸化チタンだけは避け、酸化亜鉛+吸収剤複数種配合の日焼け止めジェルを選ぶ。
吸収剤が多いのであれば、優秀吸収剤複数種配合の日焼け止めを選ぶ。
金属アレルギーに不安があるのであれば、稀に金属イオンを放出する酸化亜鉛を避ける。

などです。
ノンケミカルの時は、打つ手なしでしたが、吸収剤も使えるのであれば、酸化チタンの白浮きを避けても、UVBカットが得意なメトキシケイヒ酸エチルヘキシルを代用する。
酸化亜鉛の刺激が嫌ならば、幅広いカット幅を持つビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンを代用に選ぶ。
等々、様々なカスタマイズが可能です。

ノンケミカル・ケミカル・混合タイプの日焼け止めの選び方 まとめ

では、ケミカル・ノンケミカル・混合の3タイプの日焼け止めジェルを改めて向き不向きで比較してみましょう

散乱剤+吸収剤の混合タイプ散乱剤のみノンケミカルタイプ吸収剤のみ純粋ケミカルタイプ
絶対焼きたくない
白浮きはヤダ×
徹底した低刺激を追求したい
幅広い紫外線波長を万全にカットしたい
塗り直ししたくない(効き目長持ち)
UVA対策もしっかりしたい
タイプ別日焼け止め向き不向き

あなたにとってベストな日焼け止めジェルのタイプは見定まったでしょうか?

それでは、優秀条件で厳選して各タイプの日焼け止めジェルでおすすめプチプラ日焼け止めジェルを並べてみましょう。

プチプラ重視で厳選!ジェルタイプで優秀なおすすめの日焼け止め 8選

商品名スキンアクア モイスチャー ジェルスキンアクア スーパー モイスチャー ジェル ポンプスキンアクア スーパー モイスチャー ジェルマザー&ドーター UVジェルベルディオ UVマイルドジェルアクアシャボン UVジェル ウォータリーシャンプーの香り シナモロール 21Sサンカット マイルドケアUV ミルキィジェルサンカット ジェル50
イメージ
会社名ロート製薬ロート製薬ロート製薬ツーウェイワールド近江兄弟社ウエニ貿易コーセーコーセーコスメポート
アマゾン順位8位全身用日焼け止め7位全身用日焼け止め4位32位229位65位全身用日焼け止め
参考価格55975860919807461485674609
内容量110g140g110g50g80g260g80g100g
コスパ¥5/g¥5.4/g¥5.5/g¥39.6/g¥9.3/g¥5.7/g¥8.4/g¥6/g
カラー無着色無着色
色見本
香り無香料無香料無香料ゼラニウム無香料ウォータリーシャンプー無香料
ウォータープルーフ汗・水に強いスーパーウォータープルーフ汗・水に強いスーパーウォータープルーフウォータープルーフ
容器ボトルポンプボトルチューブボトルポンプボトルボトル
タイプジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェルジェル
SPFSPF35SPF50+SPF50+SPF50+SPF30SPF42SPF50+SPF50+
PAPA+++PA++++PA++++PA++++PA+++PA+++PA++++PA++++
カットタイプケミカルケミカルケミカルノンケミカルノンケミカル混合混合混合
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の総数43321435
吸収剤(UVA+UVB)11100011
吸収剤(UVA)10000101
吸収剤(UVB)22200112
酸化セリウム00000000
酸化亜鉛:散乱剤(UVA)00010110
酸化チタン:散乱剤(UVB)00011101
オクトクリレン
ビス^トリアジンありありありありあり
メチレン^フェノール
テレフタリリデンジカンフルスルホン酸
ドロメトリゾールトリシロキサン
トリメチルシロキシケイ酸23位に有り40位に有り
パーフルオロ化合物
特別な特徴化粧下地にもUVカット機能の低下しにくくなる独自成分、化粧下地にも光耐久技術採用、化粧下地にも外的刺激(紫外線・乾燥・花粉・PM2.5)をプロテクト。化粧下地にもアレルガード機能、化粧下地効果化粧下地
低刺激性××××
DPG4位4位4位4位
エタノール2位2位2位3位3位
1,2ーヘキサンジオール
ペンチレングリコール
グリセリン5位5位5位11位16位28位32位
ジグリセリン
BG17位7位7位2位2位5位3位7位
PG
ヘキシレングリコール
エチルヘキシルグリセリン
プロパンジオール
カプリリルグリコール
抗炎症成分あり
ヒト型セラミド3種(3,6,2)
AMAZON詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる
おすすめのプチプラ日焼け止めジェル 8選

※数値は参考値です。値段や順位は変動します。
※ビス^トリアジンはビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンを、メチレン^フェノールはメチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノールを、テレフタリ^スルホン酸はテレフタリリデンジカンフルスルホン酸を略したものでどれも優秀な紫外線吸収剤です。

コスパに大注目して厳選しました。
さすがはコスパの良いジェルタイプ。
どれもトップクラスのコスパを誇ります。

改めてひとつづつ紹介していきます。

スキンアクア モイスチャー ジェル

created by Rinker
¥547 (2024/06/21 01:00:22時点 楽天市場調べ-詳細)

参考価格 ¥559 110g ¥5/g

優秀な吸収剤

  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

を含む吸収剤4種類で普段使いにちょうど良いSPF35を示すケミカルタイプの日焼け止めジェル。
白浮きの大きな要因となる散乱剤は使われていません。

優秀な吸収剤を含む4種類もの吸収剤を利用しときながら¥559で¥5/gは訳の分からないプチプラっぷり。

ただしエタノール高濃度配合が想定できるので、アルコール過敏症の方は注意しましょう。

スキンアクア スーパー モイスチャー ジェル

参考価格 ¥609 110g ¥5.5/g

スーパーを冠するだけあってSPFは国内最高表示のSPF50+。
優秀吸収剤

  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

の配合ももちろんあります。

SPF35では心もとない!といった方には、コスパがほとんど変わらないので、スーパーの方がおすすめ出来ます。

こちらもエタノール高濃度配合が想定できるので目に入らないよう注意して使用しましょう。
ちなみに、内容は変らず据え置いて使うのに便利なポンプタイプもあります。

スキンアクア スーパー モイスチャー ジェル ポンプ

スキンアクア スーパー モイスチャー ジェル ポンプ 140g SPF50+ PA++++

参考価格 ¥758 140g ¥5.4/g

常備用とは別に、玄関に1本置いておくと、めちゃくちゃ便利です。

マザー&ドーター UVジェル

参考価格 ¥1980 50g ¥39.6/g

ジェルタイプでは珍しい、散乱剤しか使っていないノンケミカル日焼け止めジェル。
しかも、酸化亜鉛+酸化チタンでSPFは国内最高の50+でPA++++。

希少です。

かなり高く映るかもしれませんが、他が凄すぎるだけw
ケミカルタイプではかなりのプチプラっぷりです。

また、敏感肌に避けられがちな成分も見当たらない低刺激設計。

吸収剤が肌に合わないといった敏感肌の方にもおすすめ出来ます。

ベルディオ UVマイルドジェル

参考価格 ¥746 80g ¥9.3/g

酸化チタンだけでSPF30PA+++を表示する超レアな日焼け止めジェル。

吸収剤も酸化亜鉛も苦手という方に救いの光となる日焼け止めと言えますね。

こちらも敏感肌に避けられがちな成分も見当たらない低刺激設計でどなたにでもおすすめ出来ます。

何より驚きなのは、高価になりがちなノンケミカル日焼け止めジェルでぶっちぎりの¥9.3/gであること。
いつまでもこの値段でいてくれるのだろうか?いまがチャンスですね。

アクアシャボン UVジェル

参考価格 ¥1485 260g ¥5.7/g

酸化亜鉛+酸化チタンに、UVA領域で活躍する紫外線吸収剤+UVB領域で活躍する紫外線吸収剤の2種が配合された混合タイプの日焼け止め。
高めのSPF42が、幅広い波長の紫外線相手に活躍してくれる期待がもてますね。

ただし、エタノールの高濃度配合が想定できるので、こちらも目に入らないように気を付けて使いましょう。

サンカット マイルドケアUV ミルキィジェル

参考価格 ¥674 80g ¥8.4/g

酸化亜鉛と優秀な吸収剤

  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

を含む2種類の吸収剤で国内最高のSPF50+/PA++++の最高ランクのカット機能を表示した混合タイプの日焼け止めジェル。
幅広い波長の紫外線相手に活躍してくれる期待がもます。

しかも、紫外線カット成分の2/3がカット機能の低下を抑制してくれる成分。
最高ランクのカット機能を長時間維持してくれる期待も持てます。

また、サンカット マイルドケアUV ミルキィジェルは混合タイプではありますが、酸化チタンの配合がありません。
つまり、白浮きしづらい♪

そのうえ、敏感肌に避けられがちな成分も見当たらない低刺激設計。
幅広いお肌に使える期待がもてます。

汎用性が非常に高い日焼け止めジェル。
こえれで8.4円は凄まじい。
幅広いニーズにこたえてくれる期待の持てる優秀な日焼け止めジェルです。

サンカット ジェル50

参考価格 ¥609 100g ¥6/g

酸化チタンと4種類もの吸収剤で、総勢5種の紫外線カット成分で、非常に幅広い波長の紫外線相手に活躍してくれる期待の持てる優秀な日焼け止めです。

そろそろおなじみw優秀な吸収剤

  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

ももちろん配合有り。
その上、SPF50+/PA++++の最高ランクのカット機能を示しているのです。

また、サンカット ジェル50は、酸化亜鉛フリーの混合タイプの日焼け止めジェル。
金属アレルギーがあって酸化亜鉛が苦手な方にもおすすめ出来ます。

ただし、エタノール高濃度配合が想定できるので、やはり、目に入らないように気を付けて使いましょう。

ジェルタイプでプチプラな日焼け止め 終わりに

コスパ抜群のジェルタイプの日焼け止めの厳選はここまで。
お気に入りの一本は見つかったでしょうか?

大人気のジェルタイプですが、当ページで深ーい日焼け止め選びを初めて知ってしまった!という方は、もうすでに、ジェルタイプより、クリームタイプやスティックタイプのオイル寄りの日焼け止めで、より高い紫外線カットを求める方もいらっしゃるかもしれません。

当サイトでは、

  • 白浮きしない
  • 絶対焼きたくない方用
  • アウトドア向け

等々、日焼け止めにまつわる様々な要望を掛け合わせて様々な日焼け止めに選びのお手伝いができるよう、500を超える日焼け止めデータをもとに記事を量産しております。

日焼け止めだけではなく、コスメ選びのお手伝いが出来たら最高です。

今後ともにチェックしていただけるととっても嬉しいです。

それでは長文にお付き合いいただきありがとうございました♪

Scroll to Top