「菊正宗」ヒト型セラミド3種配合でうるおう日本酒のクリーム

お肌が元々持っているバリア機能を底上げしてカサカサ知らずのうるおい肌へ!ヒト型セラミドを3種も配合しているのにプチプラで手に入る高保湿クリーム♪「菊正宗」。セラミドケアを気軽に始められるから、寒い季節のお肌のうるおい補給にピッタリです!


こんな人におすすめ!

頬に受ける風が冷たくなって、空気の乾燥が気になってくる季節。いつのまにか唇も指先もカピカピに・・・
「いつもの化粧水だけでは物足りない」「もっとうるおうアイテムで、お肌の保湿を強化したい!」

という方にオススメなのが、「セラミドクリーム」です。

セラミドは元々お肌にある成分で、お肌にうるおいを留めておくのに役立ちます。なので、ただ水分を補給するだけよりも、お肌がうるおいをつかんで離さない力をアップさせておくことが、お肌の保湿を考える上では重要です。

さらに、お肌の保湿を鉄壁にするには、お肌の水分を蒸発させないように守ってくれる「クリーム」が最適です。クリームは美容液や乳液より油分が多いので、お肌を包み込んでうるおいを閉じ込め、お肌をしっとり、やわらかく保ってくれます。

というわけで、厳しい季節のカサカサ対策に「今使っているアイテムだけでは心もとない」「ワンランク上の保湿アイテムを手に入れたい」という方には、お肌の「うるおい力アップ」と「うるおいヴェールで守る」機能を備えた「セラミドクリーム」をオススメします。

ここがすごい!

セラミドは、お肌がうるおいを保つために元々備えている「バリア機能」の構成要素の1つ。セラミドが不足すると外側からいくら水分を補給しても、お肌に蓄えておくことができなくなってしまいます。

一口に「セラミド」といってもいろいろ種類がありますが、化粧品として外側から補うのに効率的でとにかく優秀!と私が惚れ込んでいるのが「ヒト型セラミド」です。「ヒト型セラミド」は優秀であるがゆえに、配合されていると高価になりがちで、プチプラ商品ではなかなか見つからないのですが、「菊正宗」は、3種類の「ヒト型セラミド」が配合されているのに、なんと1,000以下!という神アイテム♪です。

「ヒト型セラミド」は複数種類が配合されていたほうが、うるおい力アップに効果的と言われているので、その点も◎。

また、「セラミド」とあわせて「バリア機能」を担う重要な成分に、「NMF」「皮脂」がありますが、これらの成分を補うのにも役立つ「アミノ酸」や「油脂」といった成分も「菊正宗」には豊富に配合されているんです!

お肌本来の力を底上げしてうるおいを保つのに必要な成分を一度に補うことができる!という良いこと尽くめの構成になっているところが「菊正宗 日本酒のクリーム」のスゴイところです♪

効果的な使い方

お肌のうるおいを保つのにお肌の持つ「バリア機能」の強化はとても大切なことですが、「菊正宗」がすごいのは、このお肌本来の保湿成分をすべて備えているところ。

バリア機能が正常に機能するために必要な「セラミド」「NMF」「皮脂」は、年齢を重ねるごとに減ってしまったり、紫外線のダメージや肌荒れなど様々なシーンで失われがちですが、毎日の生活の中で最も強く流れ落ちてしまう場面があります。それは、洗顔やおフロなど「洗浄」をする時です。

石けんなどの洗浄剤は汚れを落としお肌を清潔に保つのに有効ですが、洗浄力の強い洗浄剤は、お肌のうるおいを保つこれらの大切な成分も一緒に洗い流してしまいます。

ですから、洗顔後、おフロ上がり、というのはバリア機能がゆるんだ無防備な状態と言えます。間を置かずに化粧水でたっぷり水分を補給した後、お肌のバリア機能の代わりとなるセラミドクリームですかさず包んであげましょう。

また、お肌をふやけさせてしまうと、バリア機能が弱くなります。寒い季節はゆったりと湯船につかり温まりたくなりますが、長風呂を避けて、湯船につかる時間も短めに。10分から15分くらいがベストです。

選ぶときの注意点

セラミドには様々な種類がありますから、パッケージに「セラミド配合」というフレーズがあっても、よくよく成分を確認しないと、実際にはどのセラミドが入っているのかわかりません。

確実に「ヒト型セラミド」配合のものを選びたいならば、全成分表示にヒト型セラミドの名前があるかどうかをチェックすると良いです。

【セラミドの表示名】
セラミドEOS(セラミド1)
セラミドNS(セラミド2)
セラミドNG(セラミド2)
セラミドNP(セラミド3)
セラミドAS(セラミド5)
セラミドAP(セラミド6Ⅱ)

参照:化粧品成分オンライン

また、成分表示の前の方にあればあるだけ、配合量が多い、ということになるので、どのくらい前の方に表示が出てくるか、をチェックすると、さらに優秀なアイテムを見抜くことができます。

それから、ヒト型セラミドの他に、疑似セラミド、植物由来セラミドなど様々なものがあり、コスパを重視したい場合や、自分にあったセラミドを育てたい場合、飲んだ方が効果的と考えられる場合など、いろいろパターンがあるので、自分で納得できるものやしっくりくるベストなものを選ぶようにしたいですね。

類似商品

セラミドクリーム徹底比較

商品イメージ
商品名 菊正宗 うるおう日本酒のクリーム ケアセラ 高保湿スキンバーム ケアセラ フェイス&ボディクリーム ink. モイストエッセンスクリーム おこさまクリーム
値段 ¥893 ¥2,800 ¥1,181 ¥1,890 ¥918
配合量 150ml 40g 70g 50g 110g
コスパ ¥6.0/ml ¥70/g ¥16.9/g ¥37.8/g ¥8.3/g
主な特徴 オールラウンド保湿+最強コスパ ヒト型セラミド高配合 バリア機能を助ける ヒト型セラミド高配合 低刺激
ヒト型セラミド 3種 5種 5種 5種 3種
油脂オイル コメヌカ油・コメ胚芽油 ナシ シア脂 シア脂 ナシ
スクワラン あり ナシ ナシ ナシ ナシ
ホホバ油 あり ナシ ナシ あり ナシ
エタノール あり(菊正宗そのもの) ナシ ナシ ナシ ナシ
アミノ酸 5種+α ナシ 1種 ナシ 7種
DPG なし ナシ ナシ ナシ ナシ
1,2-ヘキサンジオール なし ナシ ナシ あり ナシ
ペンチレングリコール なし ナシ ナシ ナシ ナシ
コレステロール あり あり あり あり あり
商品詳細 紹介ページへ 紹介ページへ 紹介ページへ 紹介ページへ 紹介ページへ
AMAZON 購入 購入 購入 購入 購入

口コミ

コスパの良いクリームを求め、とても気軽な気持ちで購入してみました。思った以上に量も多く入っていて、とてものびのよいクリームです。
こちらを使う前に使用していた某有名高級ブランドのクリームよりも正直、効果を感じたのです。
お安いですし、満足度が高くて本当に感謝しています。リピすると思います!

引用元:Amazon

予想以上によかった。濃厚なこっくりしたクリームにもかかわらず、ベタつかない。キュ◯ルのクリームに似ていて、比べると少し重め。塗るとき日本酒の匂いが少し気になるけど、すぐ匂いは消える。
香りがもう少し弱ければよかったなと思ったので星4。使用感には大満足。あと大容量でコスパもよし

引用元:Amazon

冬場、顔の乾燥が酷いので保湿目的で購入しました。寒いところでもクリームが固まらず、伸びも良かったです。ニベアよりもベタつかず、塗ってから数分程でさらっとした触感に変わります。
肝心の保湿性は、使い始めてから肌が乾燥でガサガサになっていないので、個人的にはとても満足しています。
クリームを塗る際にアルコールの匂いがしますが、塗る時にお酒の匂いだなと感じるくらいでした。

引用元:Amazon

おともにオススメ!

お肌の乾燥は、紫外線から受けるダメージによりエスカレートしてしまう場合があります。寒い季節になると「日焼け止め」という意識が薄まってしまうことが多いですが、冬でもしっかり紫外線対策を考えた方が、お肌のうるおいを守ることができます。

おすすめなのは無印良品の日焼け止めミルク。「酸化チタン」飲みの配合で、お肌に優しく肌負担を減らしながら、紫外線によるダメージからお肌を守ってくれます。





まとめ

菊正宗 日本酒のクリームは、肌のバリア機能を正常化し、お肌を元気にすることで内側からうるおうお肌に導いてくれる期待値の高い優秀保湿クリーム♪
肌バリアケアに欠かせないヒト型セラミド3種、アミノ酸5種+α、油脂がバランス良く配合されているので、寒さと乾燥がキビシイ冬でも、ずっとふれていたくなるようなしっとりモチモチ肌を維持できます。
ヒト型セラミドの補給を千円以下のプチプラ価格で気軽に始められるのも魅力の1つ。
ただ、日本酒を原料に使っているので、香りや使い心地には好みが別れます・・・が、せっかく日本人に生まれたのだから、日本古来の伝統や知恵をスキンケアに活かしたい!と思える人にオススメです。


全成分表示

水、グリセリン、ミネラルオイル、セタノール、ステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、コメ発酵液、グルタミン酸、アルギニン、ロイシン、グリシン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、プラセンタエキス、アルブチン、グリチルリチン酸2K、コメヌカ油、コメ胚芽油、ホホバ種子油、スクワラン、プロパンジオール、ジメチコン、コレステロール、フィトスフィンゴシン、ラウロイルラクチレートNa、トコフェロール、セテス-20、ステアレス-20、ステアリン酸PEG-75、カルボマー、キサンタンガム、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、EDTA-2Na、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、香料

Scroll to Top