キュレルUVエッセンスSPF30/PA+++紫外線吸収剤・酸化亜鉛不使用の肌にやさしい日焼け止め

デリケートなお肌でも安心♪キュレルのUVエッセンスは日常使いの紫外線対策におすすめ!

SPF30、PA+++の程よい設計で紫外線防止剤は低刺激が特徴の「酸化チタン」のみ!そのうえ、保湿とニキビ対策も考えている日焼け止め!だから、とっても優しい安心設計がとにかく売りです。

赤ちゃんなどのデリケートなお肌にも安心して使えるキュレルのUVエッセンスがスゴイのは

  • ノンケミカルだけじゃない!紫外線吸収剤に加え・酸化亜鉛不使用だから敏感肌でも安心!
  • 医薬部外品の肌荒れ防止成分と擬似セラミドの潤いケアでお肌の調子を整える!
  • 「ノンコメドジェニック対応」「アレルギーテスト」「敏感肌の方の協力によるパッチテスト」いくつものテストが試された徹底的な低刺激の追及姿勢のたまもの!

です。

キュレルのUVエッセンスのポイントの高さは、お手頃な価格設定なのに安心して使える成分設計、かつ、徹底的に低刺激を目指している姿勢にあります!
このため、日常使いにためらい無くたっぷり使える良質設計になっています。

キュレルのUVエッセンスの魅力を解説していきます。

紫外線吸収剤・酸化亜鉛不使用だから敏感肌でも安心!

「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収することで化学反応を起こし、一度化学的な構造を変えます。その後、安定しない変化した構造を元に戻すために熱を放出し再び紫外線を吸収できる状態に戻るサイクルで紫外線をカットしてくれます。

このため、安定して紫外線をカットしてくれる半面、熱を放出するまでの一連の化学変化に伴い、紫外線カット機能の低下が報告されているほか、様々な変化に連動してお肌の刺激となる心配があります。

このため、紫外線吸収剤はケミカル日焼け止めとして、敏感肌の方や乾燥肌の方に敬遠されています。

一方、化学反応の伴わない低刺激なノンケミカル日焼け止めとして有名なのが、「紫外線散乱剤」をベースに設計された日焼け止めたちです。

現在使用される日焼け止め散乱剤は、「酸化亜鉛」「酸化チタン」です。

「酸化亜鉛」はUVA(皮膚内部へダメージを与えたるみ、しわなどに影響を与えやすい)のカットが、「酸化チタン」はUVB(お肌の表面に炎症やダメージを与えシミや日焼けに影響を与えやすい)カットが、どちらかと言うと得意されているため、多くのノンケミカル日焼け止めは酸化亜鉛と酸化チタンをダブル採用しています。

キュレルのUVエッセンスは低刺激への徹底的なこだわりのためにあえての「酸化チタン」のみの配合を計っています。

酸化亜鉛は汗などに反応することでイオンが放出され金属アレルギーを引き起こす心配があります。

さらに酸化亜鉛は、皮脂と反応して皮脂を固める作用があります。
この機能、テカリ防止機能と、化粧下地のような化粧崩れ防止機能、日焼け止め自体の皮脂崩れ防止機能といえ、多くの方には重宝されるのですが、皮脂固めはお肌の乾燥や毛穴詰まり、毛穴の黒ずみなどの心配があるのです。

ですから、敏感肌や乾燥肌の方には、刺激となる心配があり、避けるべき成分ともいえるのです。

キュレルのUVエッセンスは、酸化亜鉛すらあえて配合しない徹底した低刺激設計の姿勢を貫いた日焼け止めというわけですね。

まさに、日常使いでばしゃばしゃ安心して使いたい方や、昨今の紫外線防止ブームで日焼け止めデビューしたい方におススメの安心系日焼け止めといえると思います。

医薬部外品の肌荒れ防止成分に加え、日焼け止めには珍しいセラミドケアでお肌の調子が整う!

薬用とは「医薬部外品」のことです。

医薬部外品は国が有効成分の効果を認めた商品しか名乗ることのできない優秀な商品であることの証。では、キュレルUVエッセンスにはどんな有効成分が認められているのかというと、

「グリチルリチン酸ジカリウム」

という抗炎症機能が認められた成分です。
この成分のおかげで、肌荒れしやすいお肌の調子を整えながら紫外線対策ができるのです。

それに加えてお肌を整えるために配合されているのが、

ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド

です。
このめちゃくちゃながーい名前の成分がキュレルUVエッセンスの公式ページでうたう

「セラミドケア」

を支えるというわけですが、この成分の正体は、
お肌の潤いと健康、そして「美」を守るために、お肌に実際に存在する成分たちヒト型セラミドのうち

「セラミドNG」

の類似成分、人呼んで擬似セラミドです。

擬似セラミドは、角質層に浸透して、セラミドが水と油の織り成す層で作るお肌のバリア機能を擬似的に補充してバリア機能の向上を手伝う期待が持てるのです。

日焼け止めでこうしたお肌の機能を向上させようとする設計はかなり稀です。

キュレルUVエッセンスはお肌の調子を徹底した低刺激の姿勢の上に、お肌の調子を整えることにも注力したお肌のための日焼け止めといえます。

ノンコメドジェニック対応だからニキビが気になるお肌でも安心!

日焼け止めは、伸びがよく、肌をおおっていられる時間がなるべく長くなるように、油分の多い、乳液やクリームタイプになっていることが多いです。

油分の多いアイテムを長時間お肌に乗せていると、気になるのがニキビ。
ニキビができる原因は様々ですが、化粧品に含まれる油分がニキビを誘発する理由の1つとも言われています。

そんな時に強い味方となってくれるのが「ノンコメドジェニックテスト済み」のアイテムです。

「コメド」はニキビの初期症状のことで、毛穴が詰まって皮脂や角質がたまってしまった状態のこと。コメドができなければ、ニキビへと発展してしまうことはありません。

「ノンコメドジェニックテスト済」とはコメドが増えにくい商品かどうかをテストした証であるので、ニキビが心配な時に商品を選ぶ基準の1つにできます。

キュレルUVエッセンスは「ノンコメドジェニックテスト済み」なので、脂性肌でニキビが気になる方でも安心して使えます。

キュレル UVエッセンスの特徴

全身用日焼け止め
SPF30/PA+++
50g
日本製

キュレルの日焼け止めは4タイプありますが、「UVエッセンス」は日焼け止め成分の中でも敏感肌にやさしい「酸化チタン」のみが採用された唯一のアイテム。

「UVエッセンス」は濃厚なクリームタイプなので、肌乗りがよくお肌をしっとりと包み込むので紫外線ダメージからお肌をしっかりガードしてくれるので安心感が違います。

他タイプの高SPFのローションや顔用のミルクなど、使い心地や用途に合わせて使い分けるといいですね♪

キュレル UVエッセンスの全成分

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】
水、BG、微粒子酸化Ti、イソノナン酸イソノニル、ジメチコン、アスナロエキス、イソノナン酸イソトリデシル、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、DPG、ステアリルアルコール、ステアリン酸ソルビタン、水酸化Al、ステアリン酸POEソルビタン、ステアリン酸、パルミチン酸デキストリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、ユーカリエキス、フェノキシエタノール、水酸化カリウム液(A)、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ワセリン、ステアロイルメチルタウリンNa、アミノヒドロキシメチルプロパンジオール、PEG20000、カンテン末、エデト酸塩

キュレル UVエッセンスの使用感

しっとりして保湿もできるのに紫外線対策にもちょうどよい!という乾燥が多いですね。洗顔で落ちやすいのも魅力の1つ。
ただ、酸化チタンベースは白くなりやすいので、しっかり伸ばしてムラなく仕上げるのがコツですね。

普段使いにとても良いです。
地黒ですがこれを塗ると、程よく白目にトーンアップして薄化粧したように綺麗に見えます。
もうすぐアラフィフになり肌の乾燥が悩みになりました。
今ひとつ自分に合ったものがなかったのですが、程よくしっとりサラサラ。
久しぶりに良い日焼け止めに出会えました。

引用元:Amazon

生後4ヶ月を過ぎたあたりから、息子に使用しています。
伸びはそこまで良くはないですが、その分保湿されているように感じます。
そして、お風呂に入る時の普通のベビー石鹸での洗顔で、落ちているようです。
肌に優しいものは他にもありましたが、明るくなり綺麗に見えるので、これからもこちらを使っていこうと思います。

引用元:Amazon

乾燥肌かつ、秋冬の乾燥している時期に買いました。
保湿力が高くて、しっとりします。なのに日焼け止め特有のカサカサ感もなく、本当にただ保湿クリームを塗っているかのようです。
ただし白の色が強く、しっかり伸ばさないと真っ白になってしまうのが惜しいです。
透明なら良いのに!
総合して、これまで使用してきた日焼け止めの中で一番良いので、またリピートします。

引用元:Amazon

お肌にやさしい日焼け止め比較表

商品イメージ
値段¥1,100¥990¥605¥882¥1,320
配合量50g150ml30g30ml50ml
どんな人向き?ノンケミカル・低刺激、普段使いできるノンケミカル・低刺激、ポンプで置きっぱなしOKノンケミカル・低刺激、普段使いできるノンケミカル・低刺激、高SPFノンケミカル・低刺激、普段使いできる
SPF30303450+30
PA++++++++++++++
日焼け止めの種類散乱剤 (酸化チタン)散乱剤 (酸化チタン)散乱剤 (酸化亜鉛+酸化チタン)散乱剤 (酸化亜鉛+酸化チタン)散乱剤 (酸化チタン)
アルコール(エタノール)なしなしなしなしなし
落ちにくさ××
洗顔方法お湯洗いレベルクレンジング・石けんレベル石けんレベル石けんレベルいつもの洗顔料でOK
白浮きありありありありあり
タイプミルク乳液ミルク乳液乳液
AMAZON購入購入購入購入購入

まとめ

紫外線吸収剤・酸化亜鉛不使用のお肌にやさしい日焼け止めはキュレルのUVエッセンス。
「酸化チタン」ベースなので若干白くなりがちですが、伸びがよいので、しっかりムラなく仕上げるように使うのが白浮きしないコツです。
薬用有効成分の肌荒れ防止効果と、花王お得意のセラミドケアで保湿しながらお肌の調子を整えてくれるしっとり感の高い日焼け止め。
ノンコメドジェニックテスト済みなのでニキビが気になるお肌でも安心して使えます。

Scroll to Top