当サイトはアフィリエイト広告を利用しています 

絶対焼きたくない方のためのノンケミカル日焼け止め

紫外線吸収剤は避けたい!けれど、絶対焼きたくない!ならば、酸化チタン+酸化亜鉛だけで、SPF50+/PA++++を叩き出す日焼け止めを探すしかありません。この条件が当てはまったのは254のデータベース上26種!この26種と特別枠で選出した2種、合わせて28種を徹底比較!どれがあなた好みのノンケミカルで絶対焼かない日焼け止め?

目次

低刺激でカット長持ち!ノンケミカル+絶対焼かない日焼け止め

  • カット機能が長持ち
  • 刺激性が低い

2つの大きなメリットを持っているノンケミカルで絶対焼かない日焼け止め♪
白浮きを代償に得られる効果は計り知れません。

そんなノンケミカルで絶対焼かない日焼け止め28種をまずは表で比較してみましょう。

商品名キュレル デイバリアUVローションサンカット プロディフェンス ノンケミカル UV ミルクニベアサン ミルクマイルドコパトーン プロテクションUVプラスミルクマザー&ドーター UVジェルファンケル サンガード50+ プロテクトUV雪肌精 クリアウェルネス UV ディフェンス ミルク マイルドサーファーズダイアン UV ミルクドゥーエ 日やけ止めアレルバリア エッセンス N薬用ホワイトニングUVプロテクターエムディア UV シルキープロテクションハレナ オーガニックUVミルクノブ UVスティックEXノブ UVシールドEXナチュラグラッセ UVプロテクションベースN 2021アウトドアUV ホワイトアウトドアUV ナチュラルカラーナチュラグラッセ UVパウダー コンパクトN 2021エトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #02Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #03Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #04Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #05Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #03Yエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #04YスキンケアUV トーンアップノブ UVミルクEX
イメージ
会社名花王コーセーコスメポート花王大正製薬ツーウェイワールドFANCLコーセーネイチャーラボ資生堂薬品資生堂ジャパン第一三共ヘルスケアメイフラワーSOLIA常盤薬品ノブネイチャーズウェイVIVO(ヴィーヴォ)VIVO(ヴィーヴォ)ネイチャーズウェイエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォスコーセー常盤薬品
アマゾン順位19位209位190位183位180位311位131位105位3位27位127位39320位111位15位103位120位96位87位87位87位87位87位87位81位129位
参考価格165020221036139119802750231025302420330024804180298031003250352029703575440041804180418041804180418016502700
内容量60mL60mL30mL40mL50g60mL50mL50mL40g40mL30mL50g35g32g30g30mL10g10g12g10g10g10g10g10g10g35g35g
コスパ¥27.5/mL¥33.7/mL¥34.5/mL¥34.7/mL¥39.6/g¥45.8/mL¥46.2/mL¥50.6/mL¥60.5/g¥82.5/mL¥82.6/mL¥83.6/g¥85.1/g¥96.8/g¥108.3/g¥117.3/mL¥297/g¥357.5/g¥366.6/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g¥47.1/g¥77.1/g
カラー無着色無着色肌色タイプ自然なトーンアップホワイトナチュラルカラー明るめの肌色明るめの標準的な肌色標準的な肌色オークル系の健康的な肌色イエロー系の明るめの肌色イエロー系の標準的な肌色ラベンダーカラー無着色
色見本
落ちにくさモダンフローラル無香料
SPFSPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF30SPF32
PAPA+++PA++++PA+++PA++++PA++++PA++++PA+++PA++++PA+++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA+++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA+++
酸化亜鉛111111111111111011111111111
酸化チタン111110111111111111111111100
酸化セリウム000001000000000000011111100
ベース成分ジメチコンシクロメチコン ジメチコン水 シクロペンタシロキサン水 シクロペンタシロキサン 水 BG シクロペンタシロキサンシクロペンタシロキサン 水エチルヘキサン酸セチル シクロメチコンイソドデカン 水シクロペンタシロキサン 水 ジメチコン 水 トレハロース硫酸Na水 シクロペンタシロキサン 水 ラウリン酸メチルヘプチル ジメチコン ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン 水 シクロペンタシロキサン 水 プロパンジオール イソステアリン酸ヘキシルデシル イソステアリン酸ヘキシルデシル タルク 合成金雲母 シリカ シリカ シリカ シリカ シリカ シリカ 水 エタノール水 シクロペンタシロキサン
ウォータープルーフ汗・水・こすれに強いスーパーウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ汗・水・皮脂に強いスーパーウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォーターレジスタントウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ皮脂・汗によるメイク崩れも防止ウォータープルーフウォータープルーフ汗や皮脂による崩れを防ぐ皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい
トリメチルシロキシケイ酸23位に有り45位に有り20位に有り17位に有り28位に有り10位に有り
低刺激性
DPG14位11位6位4位
エタノール5位25位3位
1,2ーヘキサンジオール
ペンチレングリコール19位
ヒト型セラミド1種(2)1種(3)3種(3,6,2)1種(3)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)
ヒト型セラミド記載順位22位13位17~19位13位13~17位13~17位13~17位13~17位13~17位13~17位
アシルセラミドEOP(9)EOP(9)EOP(9)EOP(9)EOP(9)EOP(9)
抗炎症成分ありありありありあり
AMAZON詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る
ノンケミカルで絶対焼かない日焼け止め比較表

※価格や順位は調査当時の数値です。参考値としてください。
※日焼け止め機能を持つものすべてを対象にしたので、ファンデーションなどの日焼け止め??と思われそうなコスメも含まれています。
※最後の2つは、比較的白浮きしづらい酸化亜鉛のみ配合のレア日焼け止め♪SPF値こそ見劣りするものの、ノンケミカル最大の弱点、白浮きに対抗できる唯一のノンケミカル日焼け止めとしてご紹介

プチプラ順に並べるとこんな感じ。
思っていたより選択肢が選べますね♪

ノンケミカルで絶対焼かない日焼け止めおすすめNo1はマザー&ドーター UVジェル

created by Rinker
¥1,680 (2024/02/24 18:38:54時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥1980 50g ¥39.6/g

ノンケミカルのうえに、ベース成分にネガティブな成分が見当たらず、パッチテストを厳しい基準で行ったことも公言しています。
このため、低刺激性に優れていて、幅広いお肌に使える期待が持てます。

さらに、抗炎症成分のグリチルリチン酸2k配合でお肌を労わりつつ紫外線からしっかり守る期待まで持てます。

でも、マザー&ドーター UVジェルをいちおしにした最大の理由はここからです♪
なんと、注目の美容成分『ヒト型セラミド』を3種も配合。

ただ、肌を守るだけじゃない、お肌のバリア機能をも整えてくれる期待も持てるのです。
それなのに!驚愕のコスパ!¥39.6/gを誇ります。

ヒト型セラミド配合の日焼け止めで低刺激性を兼ね揃えプチプラ♪

喜ばれる要素がいっぱいなのに、ネガティブ要素が少ない日焼け止め、絶対焼かないノンケミカルならマザー&ドーター UVジェルがいちおしです。

ノンケミカルで絶対焼かない日焼け止めで、プチプラNo1ならばハトムギノンケミカルUVスプレー

created by Rinker
スリフト
¥980 (2024/02/24 22:30:02時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥998 250g ¥3.9/g

とにかくコスパが良い、ノンケミカルで絶対焼かない日焼け止めです。
ノンケミカルでは驚愕のプチプラっぷり♪

調査当時現在は、¥3.9/gで何でってほど安かったのですが、記事編集現在1658円に突然の値上げw
それでも、¥6.6/gでトップクラスのプチプラを誇ります。

しかも、敏感肌に避けられがちな成分も見当たらない低刺激設計です。

安くて低刺激で便利なスプレータイプ。
つまり、躊躇せず、ケチケチすることもなく大胆に使える日焼け止めスプレーというわけです。

ノンケミカル日焼け止めは大胆に使えることも非常に重要。
十分な被膜量が絶対焼きたくない方にとって大事だからです。

低刺激でコスパ抜群の高性能日焼け止めスプレーが欲しいのならば、 ハトムギノンケミカルUVスプレー が絶対おすすめです。

絶対焼きたくない方むけの日焼け止めにノンケミカルタイプが必要な理由

ノンケミカルで絶対焼かない日焼け止めが必要とされる理由は2つ

  • 紫外線吸収剤が肌に合わないのに、絶対焼きたくない方のため
  • 絶対焼きたくない!けれど、塗り直しが困難で現実的ではない方のため

です。

紫外線吸収剤は、紫外線カットの過程に化学変化を挟みます。

ここで発生する変化や熱が刺激となり、肌の過剰反応引き起こすことがあるため、実際に一部の敏感肌の方にはケミカルタイプの日焼け止めがそもそも選べません。

また、紫外線吸収剤は、化学変化を挟むことで吸収剤のほとんどはカット機能が低下していきます。
このため、日焼け止めは紫外線カットを吸収剤に頼っていれば頼っているほど、カット機能の低下が顕著となる傾向にあります。

だから!こまめな塗り直しが推奨されているわけですが、、、
こまめな塗り直しって現実的ではないですよね?
お化粧する女性ならなおさらです。

つまり、

  • 吸収剤がお肌に合わない方
  • 塗り直しが少なくて済む日焼け止めが欲しい方

のために、ノンケミカルで絶対焼きたくない日焼け止めは必須です。

絶対焼きたくない方のノンケミカル日焼け止めの選び方

ノンケミカルでSPF50+/PA++++の絶対焼かない日焼け止めには、現状

酸化チタンのみ
酸化チタン+酸化亜鉛

の2択が用意されています。

※噂の新成分!酸化セリウムの存在がありますが、得意なUV領域や、白浮きの程度、低刺激性の根拠についての確固たるエビデンスが未だに入っていないため、酸化セリウムについては、ここでは入っていた方が良い程度に言及をとどめておきます。申し訳ない、、、、

また、SPF/PA値こそ30/+++くらいと劣るものの、酸化亜鉛のみの日焼け止めも2種存在しました。
紫外線カット能力こそ、見劣りしますが、白浮きしづらいを求めるユーザーに3択目として紹介します。

酸化チタンのみの絶対焼かない日焼け止めの特徴

メリット

  • 考えうる絶対焼かない日焼け止めの中でもっとも低刺激。幅広いお肌に受け入れられる期待が持てる。

デメリット

  • 顕著な白浮きをする傾向にある
  • UVA領域のカットに不安が残り、シミやシワなど長期的なエイジングケアには不向きといえる

酸化チタン+酸化亜鉛の絶対焼きたくない方のための日焼け止めの特徴

メリット

  • UVA+UVBの幅広い紫外線カットに期待が持てる
  • 皮脂浮きしずらくサラサラ感とカット機能の維持に期待が持てる

デメリット

  • それなりに白浮きする傾向にある
  • 金属アレルギーがあり、酸化亜鉛が苦手な肌と相性が悪い

酸化亜鉛のみで高いSPF/PA値をもつ日焼け止めの特徴

メリット

  • UVA領域内に高いカット機能が期待できる
  • ノンケミカルタイプでは比較的白浮きしづらい
  • 皮脂浮きしずらくサラサラ感とカット機能の維持に期待が持てる

デメリット

  • UVBカットに不安が残り、単に焼かないには不向きといえる
  • 金属アレルギーがあり、酸化亜鉛が苦手な肌と相性が悪い
  • SPF50+/PA++++の最高ランクの日焼け止めが存在しない

絶対焼きたくない方のノンケミカル日焼け止めの選び方  まとめ

酸化亜鉛には

  • 皮脂を吸着硬化させ、日焼け止めの皮脂浮きを防いだり、サラサラ感を持続させる
  • 幅広い波長の紫外線カット機能があり、UVA領域においてカット性能が特に優秀

といったメリットと

  • 一部のユーザーに金属アレルギーを引き起こす報告がある

といったデメリットがあり

酸化チタンには

  • 刺激となった報告やレビューを少なくとも見たことが無い
  • UVB領域の紫外線カット機能が優秀

というメリットと

  • 顕著に白浮きする
  • UVA領域のカット機能が非常に苦手

といったデメリットがあります。

ここで注目は、UVケアの意義とカットするべき波長領域です。
UVとは波長の短い光の総称であり、実際にお肌へ影響を及ぼす太陽光は

UVA:浸透力に長けているため、お肌の奥の蓄積ダメージを生み、シミやシワなどのエイジングを引き起こす
UVB:お肌表面でほとんど吸収され、ヒリヒリ痛い赤い日焼けサンバーンを引き起こす

の2種に分けられて考えられています。
ここで、再確認したいのは日焼けの意味です。

日焼けとは、取り換えのきくお肌表面の角質層に紫外線ダメージをとどめるための、人体がそもそも持つUVA対策という考え方ができます。

おもにUVBによって、お肌表面の角質層にサンバーンが起こると、お肌の奥、基底層にて、日焼けの元凶である黒化メラニンを含んだ角質細胞を角質層へと送り出す準備がせっせと行われます。

紫外線吸収に長けた色は『黒色』です。
ですから、日に焼けたお肌は日焼け止めの持つようなSPF効果を持つとされています。

つまり日焼けは、角質層での、紫外線を吸収率を上げることで、紫外線のお肌内部への侵入を防ぐためのバリア機能であるといえるわけですね?

この事を踏まえると、浸透ダメージを生むUVAのカットが優秀な成分、酸化亜鉛はできれば配合が欲しいところですよね?ノンケミカルで唯一のUVAカットが得意とはっきりした成分だからです。

そこで、酸化亜鉛の金属アレルギーに問題がないならば

酸化亜鉛+酸化チタンの日焼け止め

がまずおすすめ。

酸化亜鉛が肌に合わない場合の妥協策として

酸化チタンのみ配合の日焼け止め

を選ぶ。

最後に、白浮きが駄目な方の妥協策として、少なくともUVAのカットに長ける

酸化亜鉛のみの日焼け止め

を選ぶといった選択方法をおすすめします。

絶対焼かきたくない方のためのおすすめのノンケミカル日焼け止め!

改めて 絶対焼かきたくない方のためのおすすめのノンケミカル日焼け止めを比較してみましょう。

商品名ハトムギノンケミカルUVスプレーキュレル デイバリアUVローションサンカット プロディフェンス ノンケミカル UV ミルクニベアサン ミルクマイルドコパトーン プロテクションUVプラスミルクマザー&ドーター UVジェルファンケル サンガード50+ プロテクトUV雪肌精 クリアウェルネス UV ディフェンス ミルク マイルドサーファーズダイアン UV ミルクドゥーエ 日やけ止めアレルバリア エッセンス N薬用ホワイトニングUVプロテクターエムディア UV シルキープロテクションハレナ オーガニックUVミルクノブ UVスティックEXノブ UVシールドEXナチュラグラッセ UVプロテクションベースN 2021アウトドアUV ホワイトアウトドアUV ナチュラルカラーナチュラグラッセ UVパウダー コンパクトN 2021エトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #02Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #03Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #04Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #05Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #03Yエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #04YスキンケアUV トーンアップノブ UVミルクEX
イメージ
会社名アイスタイル花王コーセーコスメポート花王大正製薬ツーウェイワールドFANCLコーセーネイチャーラボ資生堂薬品資生堂ジャパン第一三共ヘルスケアメイフラワーSOLIA常盤薬品ノブネイチャーズウェイVIVO(ヴィーヴォ)VIVO(ヴィーヴォ)ネイチャーズウェイエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォスコーセー常盤薬品
アマゾン順位19位209位190位183位180位311位131位105位3位27位127位39320位111位15位103位120位96位87位87位87位87位87位87位81位129位
参考価格998165020221036139119802750231025302420330024804180298031003250352029703575440041804180418041804180418016502700
内容量250g60mL60mL30mL40mL50g60mL50mL50mL40g40mL30mL50g35g32g30g30mL10g10g12g10g10g10g10g10g10g35g35g
コスパ¥3.9/g¥27.5/mL¥33.7/mL¥34.5/mL¥34.7/mL¥39.6/g¥45.8/mL¥46.2/mL¥50.6/mL¥60.5/g¥82.5/mL¥82.6/mL¥83.6/g¥85.1/g¥96.8/g¥108.3/g¥117.3/mL¥297/g¥357.5/g¥366.6/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g¥47.1/g¥77.1/g
カラー無着色無着色肌色タイプ自然なトーンアップホワイトナチュラルカラー明るめの肌色明るめの標準的な肌色標準的な肌色オークル系の健康的な肌色イエロー系の明るめの肌色イエロー系の標準的な肌色ラベンダーカラー無着色
色見本
落ちにくさモダンフローラル無香料
SPFSPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF30SPF32
PAPA++++PA+++PA++++PA+++PA++++PA++++PA++++PA+++PA++++PA+++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA+++PA+++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA+++PA+++
酸化亜鉛1111111111111111011111111111
酸化チタン1111110111111111111111111100
酸化セリウム0000001000000000000011111100
ベース成分LPG イソドデカン ミリスチン酸イソプロピルジメチコンシクロメチコン ジメチコン水 シクロペンタシロキサン水 シクロペンタシロキサン 水 BG シクロペンタシロキサンシクロペンタシロキサン 水エチルヘキサン酸セチル シクロメチコンイソドデカン 水シクロペンタシロキサン 水 ジメチコン 水 トレハロース硫酸Na水 シクロペンタシロキサン 水 ラウリン酸メチルヘプチル ジメチコン ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン 水 シクロペンタシロキサン 水 プロパンジオール イソステアリン酸ヘキシルデシル イソステアリン酸ヘキシルデシル タルク 合成金雲母 シリカ シリカ シリカ シリカ シリカ シリカ 水 エタノール水 シクロペンタシロキサン
ウォータープルーフウォータープルーフ汗・水・こすれに強いスーパーウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ汗・水・皮脂に強いスーパーウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォーターレジスタントウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ皮脂・汗によるメイク崩れも防止ウォータープルーフウォータープルーフ汗や皮脂による崩れを防ぐ皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい
トリメチルシロキシケイ酸23位に有り45位に有り20位に有り17位に有り28位に有り10位に有り
低刺激性
DPG14位11位6位4位
エタノール5位25位3位
1,2ーヘキサンジオール
ペンチレングリコール19位
ヒト型セラミド1種(2)1種(3)3種(3,6,2)1種(3)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)
ヒト型セラミド記載順位22位13位17~19位13位13~17位13~17位13~17位13~17位13~17位13~17位
アシルセラミドEOP(9)EOP(9)EOP(9)EOP(9)EOP(9)EOP(9)
抗炎症成分ありありありありあり
AMAZONしく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る
ノンケミカルで絶対焼かない日焼け止め比較表

ノンケミカルで最高クラスのSPF値PA値を持っているというだけで、かなり稀有な日焼け止め。
どれも優秀です。

このうち、特別解説が必要で、おすすめできる理由の有る日焼け止めを改めてご紹介していきます。

ヒト型セラミド3種配合の絶対焼かない低刺激ノンケミカル日焼け止め美容液♪マザー&ドーター UVジェル

created by Rinker
¥1,680 (2024/02/24 18:38:54時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥1980 50g ¥39.6/g

非の打ちどころのない高い汎用性と、低刺激性が売り!
3種のヒト型セラミド配合が最大の魅力♪
日焼け止め美容液の中ではトップクラスのコスパを持っています。

ノンケミカルで最高クラスの紫外線カット機能をもった日焼け止めのコスパNo1※♪ハトムギノンケミカルUVスプレー

created by Rinker
スリフト
¥980 (2024/02/24 22:30:02時点 Amazon調べ-詳細)

¥998 250g ¥3.9/g

ノンケミカルに加え、刺激の心配となる成分が見当たらない低刺激なうえに高い紫外線カット機能を持つ日焼け止め。
低刺激だけじゃない!コスパNo1※にも輝いて、普段使いに持ってこいの日焼け止めです。

※2021年7月調査当時

期待の新成分!酸化セリウム配合で絶対焼かないノンケミカル日焼け止め!ファンケル サンガード50+ プロテクトUV

created by Rinker
ファンケル(FANCL)
¥2,750 (2024/02/24 20:31:22時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥2750 60mL ¥45.8/mL

白浮きしない、低刺激、幅広い紫外線波長をカットする♪と前評判と期待値の高い散乱剤、酸化セリウム配合の日焼け止めがついに登場!
しかも、新成分の登場が、低刺激性に凝る、FANCLからだというのは、信頼度が高く心強いです。

このため、酸化チタン+酸化亜鉛よりも、幅広い紫外線カットが期待できる日焼け止めと言えます。

とはいえ、酸化セリウムの得意な波長や低刺激性の根拠となるエビデンスは、個人的にいまだ見つかっていません。今後、大注目したい期待の新成分ですね!

絶対焼かないだけじゃない!美白効果も期待できるノンケミカル日焼け止め トランシーノ 薬用ホワイトニングUVプロテクター

参考価格 ¥2480 30mL ¥82.6/mL

絶対焼かない+ノンケミカルで唯一の美白有効成分を配合された医薬部外品の日焼け止め!
だから、紫外線を強力カットしながら、美白効果も望めます。

美白有効成分に選ばれたのは、トラネキサム酸。
紫外線に対するお肌の過剰反応を抑えることで、日焼けを根本から起こさない効果が期待できる成分です。

このため、今あるシミや日焼けをどうこうするのでなく、日焼けの始まりを抑え、お肌の生まれ変わりを待つことで美白を目指すので、ナチュラルな健康美白肌が目指せます。

美白も出来る絶対焼かないノンケミカル日焼け止めなら、トランシーノ 薬用ホワイトニングUVプロテクターがおすすめです。

使いやすいスティックタイプの絶対焼かないノンケミカル日焼け止めなら、ノブ UVスティックEX

created by Rinker
ノブ(NOV)
¥3,479 (2024/02/24 14:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥3100 32g ¥96.8/g

持ち運びやすい!使いやすい!塗り直しもサクッとできる!
とにかく便利なスティックタイプ♪

ノブ UVスティックEXは、SPF50+/PA++++の最高クラスの絶対焼かないノンケミカル日焼け止め唯一のスティックタイプの日焼け止め!私の知る限りですがw

非常に稀有な日焼け止めと言えます。
固形スティックタイプは、スキーやBBQなどの手が空きずらいうえに、手を汚したくないアウトドアにも活躍できておすすめです。

白浮き?むしろいろどっちゃえば良いじゃない!ならば、優秀すぎるノンケミカル絶対焼かない日焼け止めタイムレスフォギーシリーズ

参考価格 ¥5060 10g ¥506/g

もはやファンデーションじゃん!!!!

悪しからず。。。。。そのとおりなのですが、、、、、

ETVOS(エトヴォス) タイムレスフォギーミネラルファンデーションは、日焼け止めとしても超優秀すぎてご紹介せざるをえなかったのです。

まず、低刺激性が高く、白浮きしづらく、シミや毛穴をナチュラルによそおえる。

なのに、ノンケミカルで最高クラスのSPF50+/PA++++の紫外線カット機能を表示。

しかも、最新の紫外線散乱剤酸化セリウム配合。
通常の酸化亜鉛+酸化チタンの日焼け止めとは一線を画します。

さらにさらに、なんと!アシルセラミドであるセラミドEOPを含む、ヒト型セラミド5種配合!
注目の保湿成分リピジュアまで配合があります。
美容液として見ても、この条件はトップクラスの期待値を持っています。

自然に彩り、最高クラスの紫外線カット機能で守り、お肌本来のバリア機能を整え健康肌へ導く期待が、これ以上なく低刺激に抱ける。

言ってることが凄すぎるのですよねw

確かに、¥5,060(参考価格)は、日焼け止めとして見るとかなり高いですが、一考の価値ありの、至高の絶対焼かないノンケミカル日焼け止めです。さすがファンケル。

絶対焼かないノンケミカル日焼け止め まとめ

ノンケミカルで絶対焼かない日焼け止めはここまで。いかがだったでしょうか?
選択肢は案外多かったですね!

調査していて一番気になったのが、白浮きせず、低刺激、幅広いカット機能を持っていると噂の超期待の新成分酸化セリウム。

ノンケミカルで絶対焼かないとなると、酸化チタン、酸化亜鉛に頼らざるを得なかったいままでは、選択の幅がかなり狭かったのですよね。

今後は、酸化セリウムの配合に注目したいところです。

いまだ確たるエビデンスこそないのですが、絶対焼かないにおいて、酸化セリウムの配合による期待値は非常に高いと思われます。

今後も、最新情報を取り入れてまいりますので是非参考にしていただけると最高です。

Scroll to Top