当サイトはアフィリエイト広告を利用しています 

ALLIE(アリィー) エクストラUVフェイシャルジェル

ALLIE(アリィー) エクストラUVフェイシャルジェルは、ALLIE(アリィー)シリーズの中でもその名の通り顔用に作られた日焼け止め。
どの辺が顔用に適しているのか?他のALLIE(アリィー)とどこが違うのか?見ていきましょう♪

ALLIE(アリィー) エクストラUVフェイシャルジェルとは?

アリィー エクストラUVフェイシャルジェル 60g SPF50+/PA++++
ALLIE(アリィー)

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルは、顔用の日焼け止め。
とはいえ、体用と言えるALLIE(アリィー)エクストラUVジェルとそこまで大きな違いは見当たりません。
一番違うのは、テクスチャーくらい。
フェイシャルジェルの方がしっとり感があると個人的には思えます。

ですから、メリットデメリットもALLIE(アリィー)エクストラUVジェルと一緒。

通常のエクストラUVジェルに比べて、グリセリンが高濃度配合が想定できるので、グリセリンのテクスチャーや保水感の好き好きで選択するのがポイントと言えますね。

ALLIE(アリィー) エクストラUVフェイシャルジェルのメリット

ALLIE(アリィー)シリーズは酸化亜鉛を中心に、効き目長持ちの優秀な紫外線カットを展開しつつ、酸化亜鉛によるトーンアップをも着こなしてしまおう!というのがコンセプトと言えると思います。
そんなALLIE(アリィー)シリーズのなかで、ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェル特有のメリットは何か?解説していきます。

酸化亜鉛と吸収剤で程よいトーンアップが期待できる

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルは酸化チタンを使っていません。
ですから、トーンアップは穏やか♪

簡単に解説を挟みましょう。
紫外線をカットする成分には、紫外線カットする方法の違いから紫外線を吸収する紫外線吸収剤と紫外線を散乱する紫外線散乱剤に分ける事が出来ます。

紫外線吸収剤はお肌の代わりに紫外線エネルギーをもろに受けて、熱や赤外線に変えるのでカットの過程で変化してしまうことがあります。

紫外線吸収剤の紫外線カット
紫外線吸収剤の紫外線カット

変化してしまっては十分なカット機能は発揮されないので、カット機能は時間経過で必然的に低下していきます。

これに対し、紫外線散乱剤は、紫外線エネルギーを受けるわけでは無く、紫外線を屈折させて受け流します。

紫外線散乱剤の紫外線カット
紫外線散乱剤の紫外線カット

カットの過程で何の変化も伴わないので、カット機能が低下しません。
その変わり、可視光線までも散乱させて白光するので、塗ったところが白く変化する『白浮き』を起こします。

ALLIE(アリィー)シリーズ最大の特徴は、紫外線散乱剤『酸化亜鉛』を中心に紫外線カットすることが期待できること。

酸化亜鉛は、カット機能が幅広い波長に及ぶ上に、カット機能は低下しづらく、散乱剤の中では白浮きが穏やかという特徴があります。

同じ紫外線散乱剤でも白浮きの激しい酸化チタンに比べて、明らかに白浮きしづらいと言えるのです。

ですから、ALLIE(アリィー)シリーズで、

日焼けを着こなす!

を狙いたい場合、酸化チタンの配合の有無と、記載順位の高いほど高濃度配合が想定できる全成分表示での酸化チタンの記載順位をチェックすることが大事。

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルには、酸化亜鉛の配合が無いため、酸化亜鉛による程よい自然なトーンアップが期待できるというわけです。

優秀な紫外線吸収剤による持続性のあるUVBカットが期待できる

紫外線とは目に見えないほど波長の短い光エネルギーのの総称で、実際地上に降り注ぐ紫外線は280-400nmの波長幅があるとされています。

ですが、紫外線カット成分は、1種類でカットできる波長幅に限界があり、複数種でのカットではじめて全波長の紫外線カットが期待できるのです。
ですから、多くの日焼け止めが、いくつかの紫外線カット成分を配合してるわけですね。

例えば、紫外線散乱剤のみで構成された多くのノンケミカル日焼け止めが酸化亜鉛+酸化チタンで成り立っています。

酸化亜鉛+酸化チタンの各波長のカット量のイメージ
酸化亜鉛+酸化チタンの各波長のカット量のイメージ

※配合量を完全に無視したあくまでイメージグラフで、実際のカット量を示すものではありません。

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルには、酸化チタンが配合されていないので、280‐320nmあたりのUVB領域のカットに不安を残すことになりますよね?

UVBはお肌表面を焼き、日焼けの引き金となる、赤くなってヒリヒリ痛いサンバーンの大きな要因と想定されるので、酸化チタンの不在は『日焼けしない』において致命的な弱点となりうります。

酸化チタンフリーで程よいトーンアップが出来てもこれでは本末転倒。

そこで、ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルには、UVB領域のカットが得意な吸収剤の配合が施されているのです。

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルの各波長のカット量のイメージ

※配合量を完全に無視したあくまでイメージグラフで、実際のカット量を示すものではありません。

イメージとは言え、素晴らしく計算されていますよね。

その上、ここで配合された

  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

は、紫外線吸収剤の変化して使い物にならなくなってしまう、カット機能の低下を低減してくれる期待の持てる超優秀な紫外線吸収剤。

カット機能が低下しづらい酸化亜鉛を主軸にしてるため、ただでさえ効き目長持ちが期待できる、ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルですが、更に底上げしてくれる材料と言えますね!

効き目長持ちが期待できる優秀紫外線吸収剤
優秀な紫外線吸収剤
名前ながっ!!!
名前ながっ!!!

皮脂浮きやヨレの防止も期待できる

酸化亜鉛は、皮脂を吸着し硬化してくれる効果も期待できます。

ただでさえ、スーパーウォータープルーフとスーパーフリクションプルーフを謳うALLIE(アリィー)シリーズです。

そのうえ、酸化亜鉛を中心にSPF50+PA++++の国内最高ランクの紫外線カット機能を表示するALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルですから、化粧下地としてもめちゃくちゃ優秀に働いてくれる期待がもて、よれや皮脂浮きといった困った変化も少なくてすむ期待がもてます。

実際、個人の感想にはなりますが、ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルを何度か試しに使いましたがヨレや皮脂浮きを感じたことはありません。

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルのデメリット

アリィー エクストラUVフェイシャルジェル 60g SPF50+/PA++++
ALLIE(アリィー)

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルも良いことづくめというわけではありません。
デメリットから、他のALLIE(アリィー)シリーズを選びなおす事も出来ます。

酸化チタンが入っていない分、UVBカットが見劣りする

ALLIE(アリィー)シリーズには、UVB領域で優秀なカット機能をもつ紫外線散乱剤である酸化チタンの配合のあるタイプの日焼け止めも存在します。
わたしたち消費者が知る由もない配合濃度にもよるものの、当然、配合のある日焼け止めの方が優秀なカット機能を持っていると想定できます。

とことんカット機能にこだわりたい場合、酸化チタンも配合された

  • アリィー エクストラUV ハイライトジェル
  • アリィー エクストラUVパーフェクト(ミルク)
  • アリィー カラーチューニングUV シリーズ
  • アリィー ニュアンスチェンジUV ジェル シリーズ

を選ぶことをおすすめします。
ただし、酸化チタンは白浮きが激しいのも特徴の一つ。
配合があるほどトーンアップが期待できるとも言えますが、見た目の『変化』も著しいと言える点に注意が必要です。

しかも、ALLIE(アリィー)シリーズには、UVBカットが得意な紫外線吸収剤が1種類以上必ず配合があるので、酸化チタン不在=UVBカットに穴があるとはなりません。

しっかり紫外線カットをしつつ、どの程度のトーンアップを選ぶか?これが出来ちゃうのがALLIE(アリィー)シリーズの最大の強み♪

まさに、日焼けなんて着こなしちゃえってわけですね!

エタノール高濃度配合が想定できる

ALLIE(アリィー)シリーズは、配合量順に記載される全成分表示の上位に必ずエタノールがあります。

エタノールは、このご時世とっても身近な成分なので使用感を想像するのは容易いと思いますが、熱を逃がしてくれる清涼感が楽しめます。
夏に最適!と言いたいところではありますが、シーンによっては邪魔な機能とも言えますよね?

また、敏感肌に合わなくて使えない!という方も少なくなく、お肌に問題なく使えても、目や口に入ってよい成分とは言えないので、使用には注意が必要な点も考慮して選びましょう。

白浮きしないわけでは無い

ALLIE(アリィー) エクストラUVフェイシャルジェルは、ALLIE(アリィー)シリーズの中でも、酸化チタン不使用で白浮きしづらいと言えますが、トーンアップ程度はします。
自然な仕上がりにとことんこだわりたい場合、そもそもALLIE(アリィー)シリーズは向いていません。

変化無しでもしっかり紫外線対策をしたい場合は、ケミカルタイプの日焼け止めを選びましょう。

参考記事:ケミカルタイプの白浮きしない日焼け止め

ALLIE(アリィー) エクストラUVフェイシャルジェル以外の選択肢

created by Rinker
サンカット
¥1,090 (2024/04/13 13:33:10時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥674 80g ¥8.4/g

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルと同じ、酸化亜鉛に加えて、酸化チタンの代わりに紫外線吸収剤でUVB領域のカットをフォローする混合タイプでSPF50+PA++++の国内最高ランクの紫外線カット機能を持つジェルタイプの日焼け止めです。

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェル同様にビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンの配合もバッチリあるので効き目長持ちも同様に期待できます。

サンカット マイルドケアUV ミルキィジェルを代替品の選択肢として選んだ最大の理由はエタノール不使用に加え、敏感肌に避けられがちな成分の配合が見当たらないからです。
唯一心配と言えるのは、植物エキスくらいなもの。
とっても低刺激設計なのです。
そのうえで、驚愕のプチプラっぷりも見逃せません。

エタノールは、清涼感の気持ち良い夏場に持ってこいの成分であるものの、冬場などのシーンによってや、アルコール過敏症の方、徹底した低刺激性を求める方には邪魔になりうる成分。

エタノールの配合の有無は、選択肢としてかなり大きなポイント♪
ですから、代替品として、エタノール不使用で、ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルに似た日焼け止めとしてご紹介です。

もちろん、エタノールはこのご時世とっても身近で、使い方さえ気を付ければ安全性の高い成分。
無駄におびえる必要は無く、ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルの清涼感を楽しみたいのであれば、ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルを選ぶことは全く問題ありません♪

ALLIE(アリィー)シリーズ比較表

最後に値段や配合成分でALLIE(アリィー)シリーズを比較してみましょう♪

商品名アリィー エクストラUVフェイシャルジェルアリィー エクストラUVフェイシャルジェル ミニアリィー エクストラUV ジェルアリィー エクストラUV ジェル ミニアリィー エクストラUV ジェル 限定セットアリィー エクストラUV ハイライトジェルアリィー エクストラUVパーフェクト(ミルク)アリィー エクストラUVパーフェクト(ミルク) ミニアリィー カラーチューニングUV APアリィー カラーチューニングUV PUアリィー ニュアンスチェンジUV ジェル PKアリィー ニュアンスチェンジUV ジェル RSアリィー ニュアンスチェンジUV ジェル WT
イメージ
会社名カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品カネボウ化粧品
アマゾン順位30位顔用日焼け止め22位(顔用日焼け止め)15位全身用日焼け止め6位10位UVカット・日焼け止め79位全身用日焼け止め44位全身用日焼け止め44位全身用日焼け止め16位顔用日焼け止め14位顔用日焼け止め81位UVカット・日焼け止め4位(顔用日焼け止め)17位UVカット・日焼け止め
参考価格19509552130104520461749193695519801980195016271627
内容量60g25g90g40g90g60g60mL25mL40g40g60g60mL60g
コスパ¥32.5/g¥38.2/g¥23.6/g¥26.1/g¥22.7/g¥29.1/g¥32.2/mL¥38.2/mL¥49.5/g¥49.5/g¥32.5/g¥27.1/mL¥27.1/g
カラーアプリコットピンクカラーパープル桜ピンクカラーニュアンスピンク(明るく血色感のある薔薇色)ニュアンスグリーン(透明感のある白ツヤ肌仕上げ)
色見本
香り無香料香料フリー香料フリー無香料無香料無香料無香料アプリコットと金木犀の香り紫陽花しずくとセージの香りほのかな桜の香りフリュイローズ&ゼラニウムの香りジャスミン&ホワイトペシェの香り
ウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーウォータープルーフスーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフスーパーフリクションプルーフ、スーパーウォータープルーフ
容器チューブチューブチューブチューブチューブチューブボトルボトルチューブチューブチューブチューブチューブ
タイプジェルジェルジェルジェルジェルジェル乳液乳液ジェルジェルジェルジェルジェル
SPFSPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+
PAPA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の総数4444454466555
吸収剤(UVA+UVB)1111110011111
吸収剤(UVA)0000001111000
吸収剤(UVB)2222221122222
酸化亜鉛:散乱剤(UVA)1111111111111
酸化チタン:散乱剤(UVB)0000011111111
ビス^トリアジンありありありありありありありありありありあり
パーフルオロ化合物
特別な特徴下地GEL顔用下地GEL顔用化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果化粧下地効果
低刺激性××
DPG9位9位
エタノール3位3位3位3位3位3位5位5位2位2位3位3位3位
グリセリン5位5位10位10位10位11位9位9位10位10位10位
BG8位8位7位7位7位7位9位9位10位10位7位7位7位
AMAZON詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる
ALLIE(アリィー)シリーズ比較表

※値段や順位は調査当時の参考値です。
ビス^トリアジンはビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンの略で優秀な吸収剤の名前です。

フェイシャルジェルと言うものの、エタノール高濃度配合なので、顔用に低刺激性を追求したといった背景は見あたりません。
ですから、ALLIE(アリィー)シリーズは低刺激性などにおいて特別な違いはないので、どれをどこに使おうと同じ。顔用だから顔にしか使えないという根拠もありません。

違いはトーンアップの度合いのみと言えますね。
顔用体用にこだわらず、見栄えの好みで使い分けるのが賢い選択と言えると思います。

ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルは、顔用に特化したわけでなく、しっとり吸い付き感のある程よく彩る優秀なカット機能をもつ日焼け止め

アリィー エクストラUVフェイシャルジェル 60g SPF50+/PA++++
ALLIE(アリィー)

フェイシャル用と謳うくらいですから、ALLIE(アリィー)シリーズ共通のエタノール高濃度配合をやめて、低刺激性にこだわった作りになっているのかと思ったらそんなことは無くいつも通り高い記載位置にエタノールの記載w

おそらく、フェイシャルを謳ったのはグリセリンによる保水とバリア機能の向上を、敏感で乾燥しがちなお顔のお肌に与えたかったからと推測します。

ですから、グリセリンの吸い付くような保湿バリアが欲しいのならば、腕だろうとからだ中どこに使っても問題なし。逆に言えば、顔用以外のALLIE(アリィー)シリーズを顔に使ってもそんなに顕著な違いが出るとは言い難いと個人的には言えてしまいます。

どれも、エタノールの高濃度配合が想定できるので、顔に使う時は目や口に入らないよう注意が必要なのは同じですからね。

ただし、酸化チタン不在でトーンアップが穏やかなのは、ALLIE(アリィー)エクストラUVジェルと同じく、一部の方には重宝する選択肢といえるでしょう。

あとは、テクスチャーの違いでALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルとALLIE(アリィー)エクストラUVジェルから選ぶと◎の選択といえ、おすすめ出来ます。

グリセリンのテクスチャーはかなり独特で、好みが大きく分かれる傾向にあるので結構重要。
お近くの薬局のテクスチャーでお試しさせていただいてから選ぶことがおすすめです。

それでは、ALLIE(アリィー)エクストラUVフェイシャルジェルについての解説はここまでです♪

長文にお付き合いいただきありがとうございました!

Scroll to Top