当サイトはアフィリエイト広告を利用しています 

スキーでも絶対焼きたくない方のための日焼け止め

スキー場は紫外線の宝庫!絶対焼きたくないですよね?ゴーグルにマフラーなどを駆使してもどうしても露出してしまうのが、頬や唇。そんな時便利なのが絶対焼きたくない方向けの日焼け止めです!

目次

スキーにおすすめの絶対焼きたくない方におすすめの日焼け止めと選び方

絶対に焼きたくないのであれば、紫外線カットの機能性を表すSPF/PAは国内最高ランクの

SPF50+PA++++

が最低条件。
そのうえで、

  • どんな紫外線カット成分で構成されているか?
  • 何種類の紫外線カット成分で構成されているか?

の2チェックは必須。

紫外線カット成分は1種類で地上にふりそそぐ全波長の紫外線をカットすることはできないと想定できるからです。

そこで!スキーにおすすめの絶対に焼きたくない方のための日焼け止めとして

  • SPF50+PA++++(海外製の場合SPF40+や70+でBroadspectrum表示)
  • 紫外線カット成分の構成バランスが良く、混合タイプ、ケミカルタイプに限り4種類以上配合
  • 混合タイプ、ケミカルタイプならば優秀吸収剤2種類以上であること

を条件に厳選。
過酷なスキー場でも、超優秀カットが期待できる日焼け止めを、まずは厳選してみましょう!

厳選!スキーでも絶対焼きたくない方のためにおすすめな日焼け止め一覧表!

商品名ハトムギノンケミカルUVスプレーリシャン UVスプレー フルーティーフローラルリシャン UVスプレー アロマの香りマザー&ドーター UVミストスプレー 150gブランポゥ【薬用美白】UVスプレーブランポゥ【薬用美白】UVスプレー Flowerブランポゥ【薬用美白】UVスプレー BETTYブランポゥ【薬用美白】UVスプレー ANAPベルディオ UVモイスチャーエッセンスマムマム UVスプレーローズラグジュアリーDX サンスクリーンスプレーマザー&ドーター UVミストスプレー 100gコパトーン パーフェクトUVカットスプレーレイヤードフレグランス エナジーUVスプレー フレッシュペアラフラ UVミスト 大容量【2021年リニューアル】透明白肌 ホワイトUVスプレーユーヴェール UVカットスプレー ディフェンジュレイヤードフレグランス エナジーUVスプレー レモンピールラロッシュポゼ アンテリオス XL ウェットスキンブリサ マリーナ アスリートプロ UVスプレーコパトーン アロマエッセンスUVスプレーサンバス Sunscreen Sprayソフォーメ 美白UVスプレーNEW! アクアシャボン スポーツ UVスプレー NO.1ラフラ UVミスト【2021年リニューアル】クシェルヨット Fragrance UV cut sprayオハナ・マハロ フレグランスUVスプレー ピカケアウリィオハナ・マハロ フレグランスUVスプレー ハリーア ノヘアアクアシャボン スポーツ UVスプレー NO.1サンカット プロディフェンス ノンケミカル UV ミルクコパトーン プロテクションUVプラスミルクマザー&ドーター UVジェルシュシュパ UVカット&メイクキープスプレー江原道 クリアUVヴェールUVパーフェクト ボディスプレーファンケル サンガード50+ プロテクトUVグリーンナチュラル サンスティックムコタ スティックゴーゴーシロノサクラ。 濃美容UVスプレーブランポゥ トーンアップUVスティック ANAPMARVIN化粧品 GINNYサンカットUVミルクニナファーム UVリキッド ミュー コールブランポゥ トーンアップUVスティック Flowerラビオッテ トーンアップ サンスティックブランポゥ トーンアップUVスティック BETTYブランポゥ トーンアップUVスティックラロッシュポゼ アンテリオス XL フリュイドエムディア UV シルキープロテクションハレナ オーガニックUVミルクNATURE REPUBLIC UVサンスティックウォータリーUVジェルラビオッテ クリア サンスティックローズ メイプルーム トーンアップ UVスティック FLOWERノブ UVスティックEXセフィーヌ ビューティプロ UVカットエクリュ CC ハイプロテクトディナクレール サンスクリーンUVエッセンスEXノブ UVシールドEXイ二スフリー デイリーソフトサンスクリーンスティックプティシューベビーサンスティックラポティセル エアリーフィットサンスティックラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ホワイトラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップローズ ピンクラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクションBB 01ライトラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクションBB 02ナチュラルリトルハンズハワイ<無色(ホワイト)>リトルハンズハワイ<肌色(ベージュ)>ベビーサンスクリーンスティック SPF60+ROUNDAROUND グリーンティ シカ サンスティックBRING GREEN ビタミンシルキーサンスティックアガリズム トーンアップUVスティック資生堂メン クリアスティック UVプロテクターアビブ クイックサンスティックプロテクションバービプルーブ UVプロテクション サンスティック資生堂 サンケア クリアスティック UVプロテクターLA ROCHE-POSAY Anthelios アンテリオス XL Stick サンスティックバートラ フェイススティック(トランスルーセント)バートラ フェイススティック(クリア)ディーパックス EXサンプロテクションスティック(スノーホワイト)ディーパックス EXサンプロテクションスティック(ビーチピンク)ナチュラグラッセ UVパウダー コンパクトN 2021エトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #02Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #03Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #04Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #05Nエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #03Yエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #04Y
イメージ
会社名アイスタイルアイスタイルアイスタイルツーウェイワールドカタセカタセカタセカタセ近江兄弟社コスメスタイルクロノスジャパンツーウェイワールド大正製薬LAYERED FRAGRANCE(レイヤードフレグランス)ラフラジャパン石澤研究所花精化学工業LAYERED FRAGRANCE(レイヤードフレグランス)日本ロレアルBRISA MARINA(ブリサ マリーナ)大正製薬FRAGRANCY(フレグランシイ)SOFORME(ソフォーメ)ウエニ貿易ラフラジャパンFRAGRANCY(フレグランシイ)FRAGRANCY(フレグランシイ)FRAGRANCY(フレグランシイ)ウエニ貿易コーセーコスメポート大正製薬ツーウェイワールドT-Garden江原道 (コウゲンドウ)株式会社FTC エフティーシーFANCL(ファンケル)グリーンナチュラル中川美容研究所シロノサクラ。カタセサンリッチグループNiNAPHARM (ニナファームジャポン)カタセLABIOTTE ラビオッテカタセカタセ日本ロレアルメイフラワーSOLIANature Republic江原道LABIOTTE ラビオッテJMソリューション常盤薬品CEFINE(セフィーヌ)エフビューティックノブinnisfreeputtisu(プティシュー)JEA H&B Co., Ltd.日本ロレアル日本ロレアル日本ロレアル日本ロレアル日本ロレアルLittle Hands HAWAIILittle Hands HAWAIINeutrogena(ニュートロジーナ)ROUNDAROUND ラウンドアラウンドBRING GREENアカラン資生堂アビブ瑞原資生堂La Roche-Posay(ラロッシュポゼ)VERTRA(バートラ)VERTRA(バートラ)DEEPAXX(ディーパックス)DEEPAXX(ディーパックス)ネイチャーズウェイエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォスエトヴォス
アマゾン順位366位374位216位472位357位487位792位29位1,604位(UVカット・日焼け止め)363位482位61位72位34位1038位61位100位1106位608位1130位598位368位72位970位2463位209位全身用日焼け止め183位180位479位245位307位(顔用日焼け止め)1,075位(顔用日焼け止め)907位(顔用日焼け止め)348位(顔用日焼け止め)865位(顔用日焼け止め)16位(顔用日焼け止め)127位全身用日焼け止め39位97位全身用日焼け止め1408位320位127位(化粧下地)111位UVカット・日焼け止め584位322位(顔用日焼け止め)1位(顔用日焼け止め)11位(UVカット・日焼け止め)2位(顔用日焼け止め)3位(BBクリーム)3位(BBクリーム)917位188位960位(顔用日焼け止め)32位顔用日焼け止め96位顔用日焼け止め87位(パウダーファンデーション)87位(パウダーファンデーション)87位(パウダーファンデーション)87位(パウダーファンデーション)87位(パウダーファンデーション)87位(パウダーファンデーション)
参考価格998132013201540880880880880576143014801320710147430801650155017364400231090013001980149020901260193619361836202213911980238025303142275012001050270015801650275015989001980198038884180298021503600145018813100306030803250196019802243374037403740374037403700370017802750215029703024336036503699248033003300330033004400418041804180418041804180
内容量250g250g250g150g80g80g80g80g50g120g120g100g50g100ml200g100g90g100ml250mL130g50g70g100g75g100g60g85g85g75g60mL40mL50g60g60g70g60mL23g20g50g29g30g50ml29g16g29g29g50mL50g35g24g40g16g20g32g30g30ml30g18g17g18.5g30mL30mL30mL30mL30mL28g28g13g20g15g20g20g22g20g20g9g11g11g10g10g12g10g10g10g10g10g10g
コスパ¥3.9/g¥5.2/g¥5.2/g¥10.2/g¥11/g¥11/g¥11/g¥11/g¥11.5/g¥11.9/g¥12.3/g¥13.2/g¥14.2/g¥14.7/ml¥15.4/g¥16.5/g¥17.2/g¥17.3/ml¥17.6/mL¥17.7/g¥18/g¥18.5/g¥19.8/g¥19.8/g¥20.9/g¥21/g¥22.7/g¥22.7/g¥24.4/g¥33.7/mL¥34.7/mL¥39.6/g¥39.6/g¥42.1/g¥44.8/g¥45.8/mL¥52.1/g¥52.5/g¥54/g¥54.4/g¥55/g¥55/ml¥55.1/g¥56.2/g¥68.2/g¥68.2/g¥77.7/mL¥83.6/g¥85.1/g¥89.5/g¥90/g¥90.6/g¥94/g¥96.8/g¥102/g¥102.6/ml¥108.3/g¥108.8/g¥116.4/g¥121.2/g¥124.6/mL¥124.6/mL¥124.6/mL¥124.6/mL¥124.6/mL¥132.1/g¥132.1/g¥136.9/g¥137.5/g¥143.3/g¥148.5/g¥151.2/g¥152.7/g¥182.5/g¥184.9/g¥275.5/g¥300/g¥300/g¥330/g¥330/g¥366.6/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g¥418/g
カラー無着色透明透明透明透明透明無着色透明透明スプレータイプ無着色白色(トーンアップ)透明タイプクリア透明スプレータイプ無着色無着色透明無着色ミントブルー無着色ミントブルーラベンダーミントブルーミントブルークリアライトピンク肌色タイプローズ ピンクホワイトローズライトナチュラル無色(ホワイト)肌色(ベージュ)パールのツヤ感でトーンアップクリアクリアトランスルーセント(ホワイト→塗ると透明)クリアスノーホワイトビーチピンク明るめの肌色明るめの標準的な肌色標準的な肌色オークル系の健康的な肌色イエロー系の明るめの肌色イエロー系の標準的な肌色
色見本
香り無香料フルーティーフローラルアロマミックスホワイトヴァーベナホワイトヴァーベナホワイトヴァーベナホワイトヴァーベナ無香料無香料(グレープフルーツの香り)バラの香りファインシトラスレモンユーカリ、シトラスの香りフレッシュペア無香料(天然オレンジの香り)無香料スカイジャスミン‎レモンピールムスク+シトラス+ローズ無香料レモンユーカリライム、リーフグリーンを中心とした、“アクアティックで爽快な香り”無香料(天然オレンジの香り)フローラルフローラルフルーツライム、リーフグリーンを中心とした、“アクアティックで爽快な香り”無香料無香料ゼラニウムピュアリリー無香料あり香料フローラルホワイトヴァーベナの香り無香料ホワイトヴァーベナの香りホワイトヴァーベナの香りホワイトヴァーベナの香り無香料無香料ローズの香り無香料グレープフルーツ精油の香り無香料人口香料フリー無香料無香料無香料無香料シトラスウッディハーモナイズ香料配合無香料無香料ムスク、サンダルウッドの香りムスク、サンダルウッドの香り無香料無香料無香料無香料無香料無香料
ウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ水に強いウォーターレジスタンスタイプ汗、水に強いウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ汗・水・こすれに強いスーパーウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ汗・水に強いウォーターレジスタントウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ水や汗に強いウォータープルーフウォータープルーフ80分持続ウォータープルーフ80分持続ウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォーターレジスタント(80分)ウォーターレジスタント(80分)ウォータープルーフウォータープルーフ汗や皮脂による崩れを防ぐ皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい皮脂や汗で崩れにくい
容器スプレースプレースプレースプレースプレースプレースプレースプレーチューブスプレースプレースプレースプレースプレースプレースプレースプレースプレーチューブスプレースプレースプレースプレースプレースプレースプレーミストミストスプレーボトルボトルチューブスプレースプレースプレーボトルスティックスティックスプレースティックボトルボトルスティックスティックスティックスティックボトルチューブチューブスティックチューブスティックスティックスティックボトルボトルチューブスティックスティックスティックチューブチューブチューブチューブチューブスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックスティックコンパクトリフィルリフィルリフィルリフィルリフィルリフィル
タイプLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドジェルLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドジェルクリームLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドミストミストLPGリキッドミルクミルクジェルLPGリキッドLPGリキッドLPGリキッドミルク固形固形LPGリキッド固形ミルクリキッド固形固形固形固形乳液クリームミルク固形ジェル固形固形固形下地美容液エッセンスクリーム固形固形固形下地クリーム下地クリーム下地クリームBBクリームBBクリーム固形固形固形固形固形固形固形固形固形固形固形固形固形固形固形パウダーファンデーションファンデーションファンデーションファンデーションファンデーションファンデーション
紫外線カットのタイプノンケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプノンケミカルタイプ混合タイプケミカルタイプ混合タイプ混合タイプ混合タイプ混合タイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプ混合タイプ混合タイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプ混合タイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプ混合タイプケミカルタイプ混合タイプ混合タイプ混合タイプ混合タイプ混合タイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプ混合タイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプ混合タイプ混合タイプ混合タイプ混合タイプ混合タイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプ
SPFSPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF40+SPF40+SPF60+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF45+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+
PAPA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++UVCも防ぐと言われるブロードスペクトラムUVCも防ぐと言われるブロードスペクトラムBroad spectrum(UVA/UVB protection)PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++UVB+UVABroad spectrum(UVA/UVB protection)Broad spectrum(UVA/UVB protection)PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の総数244422224444444254744427444472224243545233282262252712332165777661121566556422222333333
吸収剤(UVA+UVB)011100001111111011211101111110001010111000010020010100000011222220000111111100000000000
吸収剤(UVA)011100001111111011111101100010001010111000010020010100000011222220000112112100000000000
吸収剤(UVB)022200002222222032422202222220002020312000050020030500000033222110000333333111110000000
酸化セリウム000000000000000000000001000010000001001011000000000000110000000000000000000000000111111
酸化亜鉛:散乱剤(UVA)100011110000000100000011011111110101000111101101101011111000000001110000000000001111111
酸化チタン:散乱剤(UVB)100011110000000100000011000011110101010111111101101001111110111110011010000111111111111
オクトクリレンありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありあり
ビス^トリアジンありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありありあり
メチレン^フェノール
テレフタリリデンジカンフルスルホン酸ありありありありありあり
ドロメトリゾールトリシロキサンありありありありありありありあり
トリメチルシロキシケイ酸10位に有り10位に有り16位に有り11位に有り16位に有り11位に有り39位に有り40位に有り39位に有り31位に有り12位に有り11位に有り11位に有り40位に有り17位に有り17位に有り17位に有り31位に有り23位に有り12位に有り11位に有り24位に有り28位に有り10位に有り33位に有り
パーフルオロ化合物
特別な特徴ノンケミカル、逆さスプレーOK逆さスプレーOK逆さスプレーOK定番デザイン。有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム数量限定デザイン。有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム限定Betty Boopデザイン。有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム限定ANAPデザイン。有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム外的刺激(紫外線・乾燥・花粉・PM2.5)をプロテクト逆さスプレーOKメイクの上から、塗りにくい部分に、塗り直しに。逆さスプレーOK紫外線だけでなくブルーライトや近赤外線などの新たな光ダメージからお肌と髪を防ぐロングUVAもブロックアスコルビルグルコシド:ビタミンC誘導体、塗りにくい部分、塗り直しにも。逆さスプレーOkメイクの上から使える有効成分:トラネキサム、グリチルリチン酸ジカリウムリニューアルバージョン逆さで使える。虫除け・スポーツなどにアレルガード機能(花粉・ちり・ほこりなどをブロック)、化粧下地にもメイクの上から使える出雲湯村温泉水やハーブを含む“SPA水”配合君島十和子ブランドブルーライト、乾燥、外部刺激からしっかりガード韓国製ブルーライトカット成分配合化粧下地にも。化粧下地にも。韓国製。化粧下地にも。化粧下地にも。光安定性の高いメギゾプレックス、UVA防御を採用化粧下地効果化粧下地にも韓国製。ウォータークッションヴェール(しみやベタつきの原因となる散乱剤を包み込む)、界面活性剤不使用韓国製。韓国製。化粧下地にも。トーンアップタイプ。「化粧下地」「UV」「コンシーラー」と1本で3役韓国製。韓国製韓国製。ロングUVA、微粒子から肌を守る、化粧下地ロングUVA、微粒子から肌を守る、化粧下地ロングUVA、微粒子から肌を守る、化粧下地ロングUVA、微粒子から肌を守る、BBクリームロングUVA、微粒子から肌を守る、BBクリームハワイ製。唯一の有効成分は非ナノ酸化亜鉛、ローカルソース:オーガニックヒマワリオイル、ミツロウ。ハワイ製。唯一の有効成分は非ナノ酸化亜鉛アメリカ製。有効成分:6%二酸化チタン酸化亜鉛4.7%韓国製。韓国製。大気汚染物質もガード。メイク下地、ハイライトにも。シンクロシールド搭載。環境ダメージからも肌を守る。韓国製韓国製。シンクロシールド搭載。メイクの上からOKフランス製。リーフセーフ処方リーフセーフ処方パウダータイプ。ブルーライトと近赤外線からも肌を守る幅広い光エネルギーをカット、皮脂固形パウダー配合幅広い光エネルギーをカット、皮脂固形パウダー配合幅広い光エネルギーをカット、皮脂固形パウダー配合幅広い光エネルギーをカット、皮脂固形パウダー配合幅広い光エネルギーをカット、皮脂固形パウダー配合幅広い光エネルギーをカット、皮脂固形パウダー配合
低刺激性◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎++◎+◎++◎++◎++◎+◎++◎++◎++◎++◎++◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+◎+
DPG12位19位29位11位11位11位12位
エタノール
エタノール
1,2ーヘキサンジオール13位27位41位29位43位16位39位24位33位
ペンチレングリコール12位12位12位12位22位22位20位19位25位28位7位46位11位16位16位35位
グリセリン17位35位29位19位35位6位29位5位5位5位12位11位6位20位4位5位30位41位9位46位10位24位23位5位5位5位4位4位28位58位21位19位
ジグリセリン34位
BG7位19位16位15位9位9位9位9位3位19位9位15位16位47位28位10位18位47位30位17位9位9位9位28位3位3位3位9位8位6位2位10位32位10位5位24位23位18位8位6位18位48位18位18位31位4位23位4位40位10位45位4位33位22位21位22位19位19位7位63位28位19位19位33位33位33位33位33位33位
PG17位39位8位8位8位9位9位
ヘキシレングリコール
エチルヘキシルグリセリン24位30位47位23位59位29位
プロパンジオール9位11位5位42位8位26位18位
抗炎症成分ありありありありあり2種あり2種ありありありありありありありありありあり3種ありありありあり
ヒト型セラミド3種(3,2,6)3種(3,2,6)1種(2)1種(3)3種(3,6,2)1種(3)1種(3)1種(3)1種(3)1種(3)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)5種(9,2,3,5,6)
AMAZON詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる
厳選!スキーでも絶対焼きたくない方のためにおすすめな日焼け止め一覧表!

※数値は参考値です。値段や順位は変動します。
※ビス^トリアジンはビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンを、メチレン^フェノールはメチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノールを、テレフタリ^スルホン酸はテレフタリリデンジカンフルスルホン酸を略したものでどれも優秀な紫外線吸収剤です。

ノンケミカル?ケミカル?混合?何のこと?
という方も多いと思いますが、まずはいちおしをご紹介させてください!
そのうえで、スキーでも絶対焼かない日焼け止めの選びかたを解説させていただき、あなたが選べる選択肢をご紹介!
あなただけのスキー用日焼け止めを見つけ出しましょう!

いちおし!ラビオッテ トーンアップ サンスティック

参考価格 ¥900 16g ¥56.2/g

紫外線カット機能の低下の抑制が期待できる優秀な紫外線吸収剤

  • オクトクリレン
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

を含む、7種もの紫外線吸収剤と紫外線を散乱してくれる『酸化チタン』配合のスティックタイプの日焼け止めです。

まず、紫外線カット成分が8種類も配合されていることが超稀。
わたしの知る限り最高ランク。

紫外線カット成分は、カットパフォーマンスが極端に高まる『波長域』がそれぞれ違うので、1種類で280‐400nmまでの紫外線すべてをカットするのは現実的ではありません。

ですから、紫外線カット成分の数が多ければ多いほど、得意な波長が多くなると想定でき、同じSPF50+PA++++の最高ランクのカット機能を示す日焼け止めでも、紫外線カット成分の総数が多ければ多いほど幅広い波長で最高ランクの紫外線カットが発揮してくれる期待がもてるのですね!

ラビオッテ トーンアップ サンスティックは、ただ、紫外線カット成分が多いわけでは無く、さらに、カット機能の低下を抑制してくれる期待がもてる

  • 酸化チタン
  • オクトクリレン
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

の3種の優秀な紫外線カット成分の配合があるため、SPF50+PA++++の最高ランクのカット機能を、長時間維持してくれる期待さえ持てます。

まさにスキーでも絶対焼きたくない方のための日焼け止め。

敏感肌に避けられがちな成分の配合も見られない低刺激設計で多くの肌に受け入れられる期待がもてることも◎。

でも、一番のおすすめポイントは

  • スティックタイプ

であること。
如何に、優秀で長時間の利用に向いた設計の日焼け止めであっても、絶対に焼きたくない場合、塗り直しは必須。

スキーでの塗り直しならば、スティックタイプが絶対おすすめ。

  • 転倒でも液漏れしない
  • 邪魔にならない
  • 手袋のまま汚さず塗り直せる(要訓練ですがw)

といった利点があるからです。

ラビオッテ トーンアップ サンスティックなら、スキーでも絶対焼きたくない方の要望にすべて応えられるであろう圧倒的な汎用性を持っていると想定できるので、まず間違いなくおすすめ出来ます。

ただし、

  • 絶対白浮きしたくない
  • 塗り直しなんてできない
  • 塗り心地の良いジェルやクリームタイプ、便利なスプレータイプが良い

といった方には、別の選択肢があります。
まずは、スキーでも絶対焼きたくない方の日焼け止め選びについて解説し、ラビオッテ トーンアップ サンスティック以外の選択肢もご紹介します!

スキーでも絶対焼きたくない方におすすめの日焼け止めの選びかた

スキーでも絶対焼きたくないのであれば、最高ランクの紫外線カット機能を示唆するSPF50+PA++++は当たり前。紫外線カット成分の種類と総数そして構成にも目を光らせましょう!

単純に紫外線カット成分の総数が多く、バランスも取れていればいるほど絶対焼かない期待値が上がっていくと想定できるのですが、単に総数が多いだけでは、それぞれの紫外線カット成分のデメリットも高まってしまします。

ですから、総数は出来るだけ多めで、受け入れられないデメリットは切り捨てるように紫外線カット成分の選別が必要になるというわけです。

では、どんなデメリットが想定できるのか?

現在使用される紫外線カット成分は、紫外線カットの方法で

  • 紫外線散乱剤
  • 紫外線吸収剤

の2種類に分けられます。

  • 紫外線散乱剤は、白浮きするデメリット
  • 紫外線吸収剤は、カット機能が低下するデメリット

がそれぞれあります。
簡単に解説します!

白浮きを避けるなら紫外線散乱剤不使用を選ぶ

紫外線散乱剤は、高い屈折率で紫外線を受け流し、紫外線からお肌を守ります。

紫外線散乱剤

ただ、受け流すだけなので、紫外線カットの過程で自身は変化(ノンケミカル)しないため、カット機能が低下することはありません。効き目長持ちが期待でき、塗り直しの必要性が低い期待がもてるのです。

その代わり、高い屈折率で可視光線をも散乱させてしまうので、塗ったところが不自然に白く光って『白浮き』したり、触ったところが白くなる『色移り』をしてしまします。

いくら絶対焼きたくなくても『白浮き』やゴーグルやスキーウェアへの『色移り』を避けたい場合、紫外線散乱剤である、

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • 酸化セリウム

は避けましょう。

塗り直しの必要を少なく済ませたいのであれば紫外線吸収剤不使用を選ぶ

紫外線吸収剤は、紫外線をお肌の身代わりになって吸収して、赤外線や熱に変換することでお肌を紫外線から守ってくれます。

紫外線吸収剤

紫外線ダメージをお肌の代わりに受けてくれるので、カットの過程で変化(ケミカル)することがあるため、紫外線をカットすればするほどカット機能が低下していく特徴があります。

その代わり、紫外線を散乱することに長けているわけでは無いので白浮きすることは無いと想定できます。

また、発生する熱や赤外線が元凶と想定できる刺激により、お肌に合わず紫外線散乱剤でないと使えないといった方が稀とは言えいらっしゃる傾向にあります。

ケイカルタイプ(化学変化を伴う)と世間で恐れられていますがw、実態の刺激は微熱や赤外線と想定でき、名前ほど恐ろしい刺激ではないので無駄に避けるのはやめときましょう。
紫外線の方がよっぽど刺激ですし、紫外線を受けてダメージを受けたお肌そのものがケミカルタイプと言えますよねw

紫外線吸収剤がお肌に合わない、カット機能の低下による隙が許せない、塗り直しがそもそもできないといった方は紫外線吸収剤である

防止剤名得意なUV最大吸収波長特殊な効果
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン吸収剤(UVA)357
エチルヘキシルトリアゾン吸収剤(UVB)314
オキシベンゾン-3吸収剤(UVA+UVB)286、325
オキシベンゾン-4吸収剤(UVB)285、320
オクトクリレン吸収剤(UVB)303自身を含め他の吸収材のカット機能低下を抑制
サリチル酸エチルヘキシル吸収剤(UVB)307
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル吸収剤(UVA)354
テレフタリリデンジカンフルスルホン酸吸収剤(UVA)345光安定性に優れカット機能が低下しづらい
トリスエチルヘキシルオキシカルボニルアニリノトリアジン吸収剤(UVB)不明
ドロメトリゾールトリシロキサン吸収剤(UVA+UVB)304、342光安定性に優れカット機能が低下しづらい
ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン吸収剤(UVA+UVB)310、340自身を含め他の吸収材のカット機能低下を抑制
フェニルベンズイミダゾールスルホン酸吸収剤(UVB)309
フェルラ酸吸収剤(UVB)322チロシナーゼ阻害による美白も期待できる
ホモサレート吸収剤(UVB)306
ポリシリコーン-14吸収剤(UVA+UVB)不明低刺激性に優れる
ポリシリコーン-15吸収剤(UVB)312低刺激性に優れる
メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール吸収剤(UVA+UVB)305、359光安定性に優れカット機能が低下しづらい
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル吸収剤(UVB)308
ジメチルPABAオクチル吸収剤(UVB)不明
紫外線吸収剤の種類と特徴

を避けましょう。
、、、、と言っても難しいですよねw
紫外線吸収剤は種類がとっても豊富で名前が長めなのも特徴の一つ。
安心してください!そのために私がいますから!後ほど選別してご紹介していきます。

ノンケミカル・ケミカル・混合からお好みのタイプを選ぶ

紫外線散乱剤だけで構成した日焼け止めをノンケミカルタイプ
紫外線吸収剤だけで構成した日焼け止めをケミカルタイプ
紫外線散乱剤も紫外線吸収剤も利用して構成した日焼け止めを混合タイプ
と、当サイトでは呼んでいます。

それぞれの特徴をまとめて、向き不向きを表にしました。

散乱剤+吸収剤の混合タイプ散乱剤のみノンケミカルタイプ吸収剤のみ純粋ケミカルタイプ
絶対焼きたくない
白浮きはヤダ×
徹底した低刺激を追求したい
幅広い紫外線波長を万全にカットしたい
塗り直ししたくない(効き目長持ち)
UVA対策もしっかりしたい
タイプ別日焼け止めの選択肢

各タイプでスキーでも絶対焼きたくない時の選びかたに重要なポイントがあります。

ノンケミカルで絶対焼きたくない人におすすめの選びかた

カット機能が低下しない超うれしいメリットを持つノンケミカル日焼け止めで選べる紫外線カット成分の組み合わせは

  • 酸化亜鉛のみ
  • 酸化チタンのみ
  • 酸化亜鉛と酸化チタンのW配合

の3つが基本です。
酸化亜鉛はUVA領域の紫外線カットが、酸化チタンはUVB領域の紫外線カットが得意としているので、スキーでも絶対焼きたくない場合、酸化亜鉛+酸化チタンの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

ただし、

  • 白浮きが顕著な酸化チタンを避けたい場合、酸化亜鉛のみの日焼け止めを選ぶ。
  • 金属イオンの流出や、皮脂吸着硬化効果を発揮して、何らかの理由で刺激と結びつくことが稀にある『酸化亜鉛』が肌に合わない方の避難措置として、酸化チタンのみの日焼け止めを選ぶ

という選択肢がある事も抑えておきましょう。

また、酸化セリウムという、新たな紫外線散乱剤も登場し、最近ちょくちょく配合が見られる日焼け止めが出てきました。

酸化セリウムは、コスメとしての明確なエビデンスが未だ発見できていない散乱剤ですが、化学的には、

  • 幅広い波長幅でカット機能を発揮する
  • 元が黄色いので日本人の肌で白浮きしない
  • 刺激になる要因が少ない低刺激性を持つ

と、無敵とも思える性能を誇ると想定出来る期待値が非常に高い成分。

スキーで絶対焼きたくないのであれば、配合は歓迎しましょう!

ただし、配合のある日焼け止めはそもそも少ない上に高額になりがちな点も覚悟しましょうw

ケミカルタイプで絶対焼きたくない人におすすめの選びかた

白浮きしづらいケミカルタイプの日焼け止めで選べる紫外線吸収剤の組み合わせは5万とあります。
紫外線吸収剤は種類が凄まじくあるからです♪

その分、配合された吸収剤の種類の多い日焼け止めを選ぶことで、幅広い波長で高い紫外線カットパフォーマンスを期待できることがケミカルタイプ最大の強みです。

このメリットを最大限に生かせるよう、紫外線吸収剤の種類のバランス、総数の多さをチェックしましょう。

同じSPF50+PA++++の日焼け止めでも、バランスが悪く、総数の少ない日焼け止めより、

バランスの悪い日焼け止めの各波長のカット量のイメージ

おすすめのラビオッテ トーンアップ サンスティックのようにイメージとは言え、バランスも重厚さも持つ日焼け止めの方が

ラビオッテ トーンアップ サンスティックの各波長のカット量のイメージ

※配合濃度などの不明要素は考慮していないのでUVカット量は目安です。あくまで、配合された紫外線カット成分が得意なカット波長のエビデンスをもとに作ったイメージです。実際のカット機能を示すものではありませんのでご容赦くださいませ。

明らかに頼りになりますよね!
強力な紫外線飛び交うスキーで絶対焼きたくないのであればなおさらです。

さらに!絶対焼きたくないのにケミカルタイプを選ぶのであればマストでチェックしたいのが効き目長持ちが期待できる優秀な紫外線吸収剤の配合の有無です。

優秀な紫外線吸収剤

これらの成分は、自身が光安定性に優れていて変化しづらいか、一緒に配合された吸収剤の変化を抑制する効果が報告されているために、ケミカルタイプの致命的な弱点カットの過程におけるカット機能の低下を抑制してくれる期待がもてます。

スキーで絶対焼かないならば、これらの優秀吸収剤が2種以上配合されたケミカルタイプの日焼け止めがおすすめです。

名前がとにかくややこしや

混合タイプで絶対焼きたくない人におすすめの選びかた

散乱剤も吸収剤も配合された頼もしすぎる混合タイプの日焼け止めならば、そのメリットを最大限生かせるように、これまでの条件を組み合わせて

  • 酸化亜鉛+酸化チタン+優秀吸収剤2種類以上

を最低の条件として選ぶことをおすすめします。
また、白浮きを低減させるために

  • 酸化亜鉛+優秀吸収剤2種類以上

とあえて白浮きが顕著な『酸化チタン』だけは回避する。
金属アレルギーが心配ならば

  • 酸化チタン+優秀吸収剤2種類以上

と『酸化亜鉛』だけは回避するといったマニアックな選び方も可能です。

さて、3タイプの日焼け止め選びを解説したところで、各タイプで優秀なスキーでも絶対焼きたくない方のための日焼け止めを再び厳選してみましょう!

スキーでも絶対焼きたくない方におすすめのタイプ別日焼け止め 厳選15選

商品名ラビオッテ トーンアップ サンスティックアクアシャボン スポーツ UVスプレー NO.1ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ホワイトファンケル サンガード50+ プロテクトUVエトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル #02Nブランポゥ【薬用美白】UVスプレーブランポゥ トーンアップUVスティック ANAPイ二スフリー デイリーソフトサンスクリーンスティックリトルハンズハワイ<無色(ホワイト)>リトルハンズハワイ<肌色(ベージュ)>ラロッシュポゼ アンテリオス XL フリュイドラビオッテ クリア サンスティックコパトーン パーフェクトUVカットスプレー
イメージ
会社名LABIOTTE ラビオッテウエニ貿易日本ロレアルFANCL(ファンケル)エトヴォスカタセカタセinnisfreeLittle Hands HAWAIILittle Hands HAWAII日本ロレアルLABIOTTE ラビオッテ大正製薬
アマゾン順位368位11位(UVカット・日焼け止め)180位87位(パウダーファンデーション)472位307位(顔用日焼け止め)584位917位16位(顔用日焼け止め)482位
参考価格9001490374027504180880158019603700370038881450710
内容量16g75g30mL60mL10g80g29g18g28g28g50mL16g50g
コスパ¥56.2/g¥19.8/g¥124.6/mL¥45.8/mL¥418/g¥11/g¥54.4/g¥108.8/g¥132.1/g¥132.1/g¥77.7/mL¥90.6/g¥14.2/g
カラーラベンダーホワイト明るめの肌色透明ミントブルー無色(ホワイト)肌色(ベージュ)クリア透明スプレータイプ
色見本
香りライム、リーフグリーンを中心とした、“アクアティックで爽快な香り”無香料無香料無香料ホワイトヴァーベナホワイトヴァーベナの香り無香料レモンユーカリ、シトラスの香り
ウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ皮脂や汗で崩れにくいウォータープルーフ水や汗に強いウォータープルーフ80分持続ウォータープルーフ80分持続汗・水に強いウォータープルーフ
容器スティックスプレーチューブボトルリフィルスプレースティックスティックスティックスティックボトルスティックスプレー
タイプ固形LPGリキッド下地クリームミルクファンデーションLPGリキッド固形固形固形固形乳液固形LPGリキッド
カット成分の構成混合タイプ混合タイプ混合タイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプノンケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプケミカルタイプ
SPFSPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF50+SPF40+SPF40+SPF50+SPF50+SPF50+
PAPA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++PA++++UVCも防ぐと言われるブロードスペクトラムUVCも防ぐと言われるブロードスペクトラムPA++++PA++++PA++++
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の総数8773322111674
吸収剤(UVA+UVB)1120000000211
吸収剤(UVA)1120000000211
吸収剤(UVB)5220000000252
酸化セリウム0101100000000
酸化亜鉛:散乱剤(UVA)0101111011000
酸化チタン:散乱剤(UVB)1111111100000
オクトクリレンありありありありあり
ビス^トリアジンありありありありありあり
メチレン^フェノール
テレフタリリデンジカンフルスルホン酸ありあり
ドロメトリゾールトリシロキサンありあり
トリメチルシロキシケイ酸11位に有り11位に有り
パーフルオロ化合物
特別な特徴韓国製。リニューアルバージョンロングUVA、微粒子から肌を守る、化粧下地ブルーライト、乾燥、外部刺激からしっかりガード幅広い光エネルギーをカット、皮脂固形パウダー配合定番デザイン。有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム化粧下地にも。韓国製。ハワイ製。唯一の有効成分は非ナノ酸化亜鉛、ローカルソース:オーガニックヒマワリオイル、ミツロウ。ハワイ製。唯一の有効成分は非ナノ酸化亜鉛光安定性の高いメギゾプレックス、UVA防御を採用韓国製。メイクの上から、塗りにくい部分に、塗り直しに。逆さスプレーOK
低刺激性◎+◎+◎+◎++◎++◎+
DPG19位11位29位
エタノール
1,2ーヘキサンジオール41位16位
ペンチレングリコール20位12位
グリセリン20位5位6位4位30位
ジグリセリン
BG48位9位21位5位33位9位18位16位
PG8位
ヘキシレングリコール
エチルヘキシルグリセリン
プロパンジオール
カプリリルグリコール26位23位25位17位
抗炎症成分ありあり
ヒト型セラミド5種(9,2,3,5,6)
AMAZON詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる
スキーでも絶対焼きたくない方におすすめのタイプ別日焼け止め 厳選15選

※数値は参考値です。値段や順位は変動します。
※ビス^トリアジンはビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンを、メチレン^フェノールはメチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノールを、テレフタリ^スルホン酸はテレフタリリデンジカンフルスルホン酸を略したものでどれも優秀な紫外線吸収剤です。

絶対焼きたくない方におすすめの日焼け止めは、選べるタイプが多いので、多様性を持たせて幅広く15選!
ひとつづつご紹介していきます。

混合タイプ!

白浮きもカット機能の低下もしなくわないものの、そのデメリットも低め。
何より、塗り直しさえすれば、スキーでの強力な紫外線下でも、強力なカット機能が波長を選ばず発揮してくれる期待がもてるのが混合タイプの日焼け止めです。

お勧めをタイプ別にご紹介していきます。

ラビオッテ トーンアップ サンスティック

参考価格 ¥900 16g ¥56.2/g

優秀吸収剤

  • オクトクリレン
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

の2種を含む7種類もの紫外線吸収剤と紫外線散乱剤『酸化チタン』配合で幅広い波長で最高ランクの紫外線カット機能を発揮してくれる期待の持てる日焼け止めスティック。

スキー場での絶対焼かないにこれ以上なくおすすめできる、頼もしい混合タイプの日焼け止めです。
低刺激性にも長けているので、幅広いお肌に受け入れられる期待ももてます。

液漏れもせず、邪魔になりにくいのでスキーに行くなら一本忍ばせておきたい逸品です。

アクアシャボン スポーツ UVスプレー NO.1

参考価格 ¥1490 75g ¥19.8/g

スプレーで混合タイプをお探しなら、アクアシャボン スポーツ UVスプレー NO.1が絶対おすすめ。
一番の理由は噂の優秀新成分

  • 酸化セリウム

の配合もあるから!

優秀吸収剤

  • オクトクリレン
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

を含む、4種の紫外線吸収剤と、紫外線散乱剤酸化亜鉛+酸化チタンに加えて

  • 酸化セリウム配合

総勢7種もの紫外線カット成分が、スキー場の乱反射する強力な紫外線を、もれなくカットも吸収もしてくれる期待がもてる!頼もしすぎますよね♪

敏感肌に避けられがちな成分の配合も見当たらない低刺激設計。
多くの肌に受け入れられる期待も持てます。

いくら数秒で紫外線対策がうてるスプレータイプでも、低刺激性が無きゃ大胆に使えないですものね!

また、撥水性を飛躍的に向上させることが期待できる

  • トリメチルシロキシケイ酸配合

なので、ウォータープルーフタイプの中でも特に汗や雪に強い事が期待できます。

アクアシャボン スポーツ UVスプレー NO.1は、汎用性に優れた多くのスキーヤーに喜ばれるであろう優秀な日焼け止めです。

ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ホワイト

参考価格 ¥3740 30mL ¥124.6/mL

リキッドタイプから、混合タイプの日焼け止めを一選。
なんとカット機能の低下を抑制してくれる期待がもてる優秀吸収剤

  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
  • テレフタリリデンジカンフルスルホン酸
  • ドロメトリゾールトリシロキサン

3種類配合!3種以上は本当に稀、というより、私の知る限り、ラロッシュポゼシリーズだけに見られる特徴です。
その上、カットの過程でカット機能が低下しない『酸化チタン』配合だから、混合タイプの中でもカット機能の持続に非常に長けた日焼け止めであると想定できますね。

全7種類もの紫外線カット成分で、SPF50+PA++++の最高ランクのカット機能を幅広い波長で強力に、且つ、長時間発揮してくれる期待がもてます。

敏感肌に避けられがちな成分の配合も見当たらない低刺激設計ですから、幅広いお肌に受け入れられる期待ももてます。

人気のあるクリームタイプですから、テクスチャーも好まれやすいと想像できます。
比較的厚い被膜が苦手でカット機能を発揮しづらいリキッド系の日焼け止めでも、これだけの機能性が期待できれば心強いですね!

それでも、スキーでも絶対焼かないほどの心構えならば、厚めの被膜を意識して利用しましょう!

ノンケミカルタイプ!

白浮きをこれ以上なく発揮しますがwカットの過程においてカット機能の低下の心配が無いのは非常に大きなメリットです。
また、吸収剤が肌に合わない方にとっては必須となる条件ですね!

ファンケル サンガード50+ プロテクトUV

参考価格 ¥2750 60mL ¥45.8/mL

酸化亜鉛+酸化チタン+酸化セリウムの3種の紫外線散乱剤で構成されたSPF50+PA++++の最高ランクのカット機能をもつノンケミカル日焼け止め。

超超希少です。

コスメとしての酸化セリウムの性能は、十分なエビデンスが無いため不明ですが、非常に優秀であると想定できます。

何より、本気度の高いFANCLが長年の研究をして完成してくれたのが、ファンケル サンガード50+ プロテクトUV!正直品質だから、期待度も安心感も爆上がりしませんか

低刺激設計ももちろん光ります。

厳しい環境のスキーで、ノンケミカル日焼け止めでも絶対に焼きたくないなら、ファンケル サンガード50+ プロテクトUVをまずおすすめします!

エトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル

エトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション リフィル 【ケース+パフ付き】 SPF50+ PA++++

参考価格 ¥4180 10g ¥418/g

ファンデーションじゃん!!って方。
そのとおりなんですが、超優秀なのでここでご紹介!

まずこちらも、

  • 酸化亜鉛+酸化チタン+酸化セリウム

次世代型日焼け止めパウダー。
超希少です。
しかも、SPF50+PA++++の最高ランクのカット機能を持っています。

その上、敏感肌に避けられがちな成分の配合も見当たらない低刺激設計。
さらに!

  • ヒト型セラミド5種類配合

ヒト型セラミド配合は本来美容液に含まれるお肌のバリア機能を整えてくれる期待の持てる成分で、お肌に実際存在しバリア機能の要とされる成分でもあります。
ヒト型セラミドは複数種存在するので、美容液の場合、その総数に注目が集まるわけですが、5種類は美容液としてもトップクラス!
もはや、日焼け止め美容パウダーです。

褒めどころ満載のエトヴォスリフィルですが、とってもお高いw
内容を考えれば当然と言えば当然ですね。

しかも、エトヴォスリフィルはファンデーション!
他のノンケミカル日焼け止めと併用することで、白浮きをごまかしw自然な仕上がりに導いてくれる期待がもてる上に、超強力な紫外線対策が期待できるますよね!

スキーでも絶対焼かないくらい気合の入った方の日焼け止めの仕上げとしてもとってもおすすめです。

ブランポゥ【薬用美白】UVスプレー

参考価格 ¥880 80g ¥11/g

ノンケミカルでスプレータイプの日焼け止めから一選。
酸化亜鉛+酸化チタンでSPF50+PA++++の最高ランクのカット機能を持ち合わせています。

薬用美白?そんな機能いらんのですが?

という方、ブランポゥUVスプレーに美白有効成分として配合されているのはお肌の過剰反応による日焼けを抑制する期待の持てる

  • トラネキサム酸

なのです。
トラネキサム酸は、今ある日焼けを白く使用とする成分というよりは、日焼けの始まりを抑制してくれます。

日焼けとは、お肌表面を赤く焼いてヒリヒリ痛い紫外線ダメージを受けた時、紫外線による取り返しの利きづらい浸透ダメージを防ぐ為に、お肌が自ら、紫外線吸収に長けた黒色メラニンを含んだ角質細胞を作り出すことで、紫外線ダメージを取り換えの利く角質層で吸収しつくしそうとする、バリア機能です。

ですから、トラネキサム酸を有効成分として配合されたブランポゥUVスプレーならば、サンバーンの要因となるUVBをカットしつつ、そのうえで、お肌がメラニンの生成をすることも防ぐ期待がもてるので、Wの視点で日焼けを防いでくれるのですね!

とにかく焼きたくない!黒くなりたくないという方に大変おすすめです。

ブランポゥ トーンアップUVスティック ANAP

参考価格 ¥1580 29g ¥54.4/g

スティックタイプのノンケミカル日焼け止めで一選。
酸化亜鉛+酸化チタンでSPF50+PA++++の最高ランクのカット機能を持っています。

敏感肌に避けられがちな成分の配合も見当たらない低刺激設計で幅広いお肌に受け入れられる期待がもてます。

純粋にスキーにピッタリなスティックタイプであることがおすすめの最大のポイント!
高価になりがちなスティックタイプでは、プチプラと言える¥54.4/gにも注目ですね♪

隙でも焼きたくない方で、ノンケミカルな日焼け止めスティックなら、ブランポゥ トーンアップUVスティック ANAPが絶対おすすめです。

イ二スフリー デイリーソフトサンスクリーンスティック

イ二スフリー デイリーソフトサンスクリーンスティック 18g SPF50+/PA++++

参考価格 ¥1960 18g ¥108.8/g

酸化チタンだけでSPF50+PA++++の最高ランクのカット機能を持った激レア日焼け止めスティックです。
酸化亜鉛も紫外線吸収剤も合わないけどスキーで絶対焼きたくない方にとって、救いの光となるような日焼け止めですね。

低刺激性にももちろん長けているので、これ以上なく幅広いお肌に受け入れられる期待がもてます。

ただし、高いSPFを持っていても、UVA領域のカットは苦手と想定できるので、あくまで酸化亜鉛が肌に合わない方専用の日焼け止めとしましょう。

リトルハンズハワイ<無色(ホワイト)>

参考価格 ¥3700 28g ¥132.1/g

激レアの酸化亜鉛だけでSPF40+でBroadspectrum表示を持つ日焼け止めスティックです。
酸化亜鉛は酸化チタンに比べ、白浮きが穏やか♪

また、リトルハンズハワイはハワイ生まれのアメリカ製!
ですから、SPF40+Broadspectrum表示とカット機能の表示が独特なんですね!

Broadspectrum表示は、全波長の紫外線カット量をチェックした時、全体のカット量の10%以上が、370nm以上のロングUVAであったことを示します。

要するに、紫外線カット力が、一定以上UVA領域で働き、シワやタルミといったエイジングや皮膚癌やバリア機能の低下などの肌健康に悪影響を与えるUVAをしっかりカットできる期待がもてることを表示しているのですね!

UVAカットに注目する意識高い系のアメリカやオーストラリア特有の表示です。

ちなみに外国産だと気になりがちなのが低刺激性。
今回ご紹介の中でもトップクラスの低刺激性を持っていると言えるのでご安心ください♪

またさらに白浮きが目立ちづらい

リトルハンズハワイ<無色(ベージュ)>

リトルハンズハワイ<肌色(ベージュ)> 28g SPF40+/Broad spectrum(UVA/UVB protection)
ノーブランド品

参考価格 ¥3700 28g ¥132.1/g

もあります。お好みでお選びください!

ケミカルタイプ!

何といっても白浮きしないのが最高の魅力!
吸収剤の種類も豊富だから幅広い波長で強力なカット機能を持つと想定できる日焼け止めも選び出せます。

また、カット機能の低下を抑制してくれる期待がもてる優秀な紫外線吸収剤の配合の有無にも注目することでデメリットの軽減も図れます。

ラロッシュポゼ アンテリオス XL フリュイド

参考価格 ¥3888 50mL ¥77.7/mL

ケミカルタイプの日焼け止めで絶対焼きたくないと言えばこれ!
効き目長持ちが期待できる優秀吸収剤をなんと

  • オクトクリレン
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
  • テレフタリリデンジカンフルスルホン酸
  • ドロメトリゾールトリシロキサン

の4種も配合。総勢6種の紫外線カット成分で構成されていますから、4/6種類が効き目長持ちが期待できる優秀吸収剤というわけですね。

前代未聞。
とっても頼もしい日焼け止めです。
使い勝手の良い乳液タイプで、低刺激性の高い白浮きしづらい日焼け止めですから、多くの方に好まれると想定できますね!

ラビオッテ クリア サンスティック

参考価格 ¥1450 16g ¥90.6/g

先にいちおしで大絶賛したラビオッテ トーンアップ サンスティックから、酸化チタンを抜いた日焼け止めスティックです。
内容はほぼ変わらず、低刺激性も健在です。

ですから、単純に、ラビオッテ トーンアップ サンスティックより白浮きしないけど、酸化チタンが得意とするUVBカット力が低下していると想定できるわけですね。

でも、UVB領域を得意とする吸収剤をそもそも6種類も配合されているから、頼もしいのは変りませんw

コパトーン パーフェクトUVカットスプレー

参考価格 ¥710 50g ¥14.2/g

優秀吸収剤

  • オクトクリレン
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

の2種を含む全4種類の紫外線吸収剤でSPF50+PA++++の最高ランクのカット機能をもつスプレータイプの日焼け止めです。

低刺激性にも抜群に優れているので便利なスプレータイプの機能性を最大限に生かせますね?

また、撥水性を飛躍的に向上させることが期待できる

  • トリメチルシロキシケイ酸配合

なので、ウォータープルーフタイプの中でも特に汗や雪に強い事が期待できます。

割とコンパクトなので、持ちはこびにも非常に便利♪

汎用性の高さは抜群です。

スキーでも絶対焼きたくない方におすすめの日焼け止め 終わりに

スキーで絶対焼かないことは意外にも至難の業と言えるほど、スキー場の紫外線は強力であらゆる角度から襲ってきます。

ですから、SPF50+PA++++の日焼け止めは当たり前。
そのうえで、構成された紫外線カット成分をあなたの無理のない範囲で選び抜くことをおすすめします。

特におすすめなのはやはりスティックタイプ!
独特の塗った感あるテクスチャーを嫌う方もいらっしゃいますが、しっかりした被膜は絶対焼かないの鉄則です。

SPFは、お肌1㎠あたり2㎎塗ったときの指標ですから、すっと塗るのでは効果がしっかり発揮してくれる期待値は下がります。

日焼け止め選びってどこまでも奥深いですよねw

さて、スキーでも絶対焼きたくない方におすすめの日焼け止めの日焼け止めはここまでです。
お気に入りの一本に出会えたのであれば最高です♪

今後もシーン別の日焼け止め選びをご紹介する記事を、最新の情報をチェックしつつ量産していくので、よろしければまたチェックしてください!

それでは長文にお付き合いいただきありがとうございました♪

Scroll to Top