メンズBBクリームおすすめ11選【2021年最新版】

清潔感の演出や好感度アップに、BBクリームを試してみたい!と思っても、かわいらしいピンクやキラキラしたパッケージの女性用のBBクリームは手に取りにくい・・・色も白くなりすぎて浮く・・・

そんなメンズの声に応えられる、黒やネイビーのシックなパッケージにビターカラーを取り揃えたメンズ用BBクリームがたくさん登場してきています!

しかし、大人気すぎて百花繚乱もはやカオスモードのメンズBBクリーム、たくさんありすぎてどれがいいのかわからない!本当に使いやすいのはどれなのか? 逆にそういったお悩みが増えてしまう事態に。。。

納得のいくBBクリームを選ぶコツは、「ニキビ対策」「紫外線カット率」「落ちづらさ」「カバー力」「肌へのやさしさ」「自分に合う色味」など自分の外せないポイントを抑えることです!

Amazonの売れ筋20品の徹底比較も交えながら、メンズBBクリームのおすすめ厳選11選をご紹介していきます!

メンズBBクリーム徹底比較

商品名nullNULL01NULL02uno カバー(レベル3)uno カバー(レベル5)uno ナチュラルRolandale × NULL(LIGHT)Rolandale × NULL(BASIC)L’UOMO(ナチュラル)L’UOMO(マットキープ)MOOJMenzBasicvegeboyLIPPS BOYLIPPS BOYTHE FUTUREMENONSTAR’SREGNOSDTRT(ナチュラル)DTRT(カバー)EVERSKINMen’s URUTASDANBITEXMEXPHYTOGRAM(ライト)PHYTOGRAM(ミディアム)PHYTOGRAM(ダーク)
イメージ
色見本
カラーオークルライトオークルナチュラルオークルカバー(カラーレベル3)カバー(カラーレベル5)ナチュラルLIGHTBASIC自然な肌色自然な肌色自然な肌色健康的な肌色日本人の肌に合わせた自然な色味#001 明るい肌色 #002 自然な肌色なじみやすいベージュカラー男性の肌色に合わせた「色合い」日本人男性の肌に自然になじむ色日本人男性向けカラーヌードベージュベージュ日本人男性により馴染みやすい肌色ベージュに近いブラウンカラー日本男性の平均的な肌色自然な肌色ライトミディアムダーク
会社名G.OホールディングスG.OホールディングスG.Oホールディングス資生堂資生堂資生堂G.OホールディングスG.Oホールディングス伊勢半伊勢半CR-lab シーアール・ラボ石澤研究所レスプリレスプリSTORiiY(ストーリー)武内製薬株式会社スターネットジャパンKoloha 製造販売元:武内製薬株式会社韓国製韓国製AMBITIONスタープラスnanairoシャンティシボレー【アマゾン限定ブランド】 メイコー化粧品シボレー【アマゾン限定ブランド】 メイコー化粧品シボレー【アマゾン限定ブランド】 メイコー化粧品
参考価格¥1711¥1532¥1532¥800¥1322¥1245¥3498¥3498¥1760¥1760¥1680¥1690¥1720¥2420¥2420¥2200¥1680¥1000¥1690¥2640¥2640¥980¥1180¥1580¥1320¥2299¥2299¥2299
内容量20g20g20g30g30g30g32g32g22g25g30g20g20g25g25g30g20g24g30g30ml30ml30g30g20g25g30g30g30g
コスパ※6¥85.5/g¥76.6/g¥76.6/g¥26.6/g¥44/g¥41.5/g¥109.3/g¥109.3/g¥80/g¥70.4/g¥56/g¥84.5/g¥86/g¥96.8/g¥96.8/g¥73.3/g¥84/g¥41.6/g¥56.3/g¥88/ml¥88/ml¥32.6/g¥39.3/g¥79/g¥52.8/g¥76.6/g¥76.6/g¥76.6/g
アマゾン順位※51位22位22位23位4位13位38位38位47位47位2位7位12位28位28位48位58位60位11位35位54位36位118位89位111位466位353位169位
落ちにくさ
SPFSPF30測定/申請中測定/申請中SPF30SPF30SPF30SPF23SPF23SPF37SPF35SPF37SPF値試験中SPF30SPF26SPF26SPF30SPF30SPF30SPF50+SPF25SPF30SPF30SPF30SPF28SPF15SPF15SPF15
PAPA++測定/申請中測定/申請中PA+++PA+++PA+++PA+++PA+++PA+++PA++PA+++SPF値試験中PA++PA++PA++PA++PA++PA++PA+++PA++PA++PA++PA++PA+++PA+PA+PA+
ノンケミカル
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の種類酸化チタン、酸化亜鉛(+/-)酸化チタン、酸化亜鉛(+/-)酸化チタン、酸化亜鉛メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタンメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタンメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン酸化チタン、酸化亜鉛酸化チタン、酸化亜鉛メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、酸化チタンメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、酸化チタン酸化チタン、酸化亜鉛メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタンメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、酸化チタン酸化亜鉛、(+/-)酸化チタン酸化亜鉛、(+/-)酸化チタン酸化チタンメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン、酸化亜鉛酸化チタン、酸化亜鉛メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン、酸化亜鉛メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、サリチル酸エチルヘキシル、酸化チタン 、酸化亜鉛メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン、酸化亜鉛(+/-)酸化チタン、酸化亜鉛微粒子酸化Ti、酸化Ti、低温焼成酸化Zn酸化亜鉛、酸化チタンメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン、酸化亜鉛酸化チタン酸化チタン酸化チタン
ベース成分水 シクロペンタシロキサン 酸化チタン水 シクロペンタシロキサン イソノナン酸イソトリデシル水 シクロペンタシロキサン イソノナン酸イソトリデシル水 イソヘキサデカン 酸化チタン水 酸化チタン プロパンジオール水 シクロペンタシロキサン ジメチコンシクロペンタシロキサン 水 酸化チタンシクロペンタシロキサン 水 酸化チタン水 シクロペンタシロキサン メトキシケイヒ酸エチルヘキシルシクロペンタシロキサン 水 メタクリル酸メチルクロスポリマーシクロペンタシロキサン 水 酸化チタン水 シクロペンタシロキサン BG水 シクロペンタシロキサン BG水 シクロペンタシロキサン BG水 シクロペンタシロキサン BG水 シクロペンタシロキサン (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー水 シクロペンタシロキサン BGシクロペンタシロキサン 水 酸化チタン水 シクロペンタシロキサン BG水 シクロペンタシロキサン メトキシケイヒ酸エチルヘキシル水 シクロペンタシロキサン 酸化チタンシクロペンタシロキサン ジメチコン 水ビサボロール ヒアルロン酸Na-2 加水分解ヒアルロン酸水 シクロペンタシロキサン 酸化亜鉛水 イソノナン酸イソトリデシル 酸化チタンジメチコン シクロペンタシロキサン 酸化チタンジメチコン シクロペンタシロキサン 酸化チタンジメチコン シクロペンタシロキサン 酸化チタン
低刺激性※2
アルコールフリー4位に配合4位に配合11位に配合30位に配合29位に配合5位に配合29位に配合
ニキビ対策
ノンコメドジェニックテスト済
医薬部外品
特別な特徴ニキビ対策(サリチル酸)ノンコメドジェニックテスト済み・アレルギーテスト済みノンコメドジェニックテスト済み・アレルギーテスト済みノンコメドジェニックテスト済み・アレルギーテスト済みグリチルリチン酸2Kグリチルリチン酸2Kトリメチルシロキシケイ酸、皮脂吸着パウダートリメチルシロキシケイ酸、皮脂吸着パウダーグリチルリチン酸2K、トリメチルシロキシケイ酸メントール皮脂吸着パウダートリメチルシロキシケイ酸トリメチルシロキシケイ酸グリチルリチン酸2K、アラントイントリメチルシロキシケイ酸、皮脂吸着パウダートリメチルシロキシケイ酸、テカリ防止パウダー洗顔料つき ナイアシンアミド(ニキビ対策・美白)洗顔料つき ナイアシンアミド(ニキビ対策・美白)ヒト脂肪間質細胞順化培養液、アラントイン、グリチルリチン酸2K水溶性プラセンタエキス,グリチルリチン酸2Kグリチルリチン酸2Kグリチルリチン酸2Kトリメチルシロキシケイ酸、スクワラントリメチルシロキシケイ酸、スクワラントリメチルシロキシケイ酸、スクワラン
香り無香料なしなし香料あり香料あり香料あり無香料無香料無香料無香料無香料柑橘系の(グレープフルーツのような)香り匂いきつめオロナインみたいな匂い無香料無香料無香料
ヒト型セラミド3種(3,6,9)3種(3,6,9)4種(2,3,9,6)1種(2)
アシルセラミドEOP(9)EOP(9)EOP(9)
天然セラミド※11種1種1種
コレステロール31位にあり31位にあり30位にあり
アミノ酸※34種プラスαプラスαプラスα
油脂ヒマシ油、オリーブ果実油ヒマシ油、オリーブ果実油
備考ポリクオタニウム-51、パルミチン酸レチノール、リン酸アスコルビルMgポリクオタニウム-51、パルミチン酸レチノール、リン酸アスコルビルMgヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Naヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Naヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Naヒアルロン酸Na,リピジュア(ポリクオタニウム-51)、アルテア根エキス,水溶性プロテオグリカン、ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)、パルミチン酸レチノール,フユボダイジュ花エキス,ダイズ種子エキスヒアルロン酸Na,リピジュア(ポリクオタニウム-51)、アルテア根エキス,水溶性プロテオグリカン、ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)、パルミチン酸レチノール,フユボダイジュ花エキス,ダイズ種子エキス加水分解ヒアルロン酸、ハマメリスエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス加水分解ヒアルロン酸、ハマメリスエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス ヒアルロン酸Naアロエベラ葉エキス 30日間返金保証制度 カニナバラ果実エキスカニナバラ果実エキス加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸スクワランステアリン酸アロエベラ葉エキス、ヒアルロン酸Na ウォータープルーフスクワランアルギニン、PCA、セリン、アラニン、ポリクオタニウム-51αーアルプチン・クズ根エキス、アロエベラ葉エキス・クロレラエキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、アーチチョーク葉エキス 、酢酸トコフェロール・トコフェロール 、ヒアルロン酸Naヒアルロン酸トコフェロール、ヒアルロン酸、プラセンタエキスヒアルロン酸Na、ローヤルゼリーエキス配合、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲンBG、グリセリン スクワラン 小椋ケンイチ氏(おぐねぇー)完全プロデュースBG、グリセリン スクワラン 小椋ケンイチ氏(おぐねぇー)完全プロデュースBG、グリセリン スクワラン 小椋ケンイチ氏(おぐねぇー)完全プロデュース
AMAZON購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ購入ページ
メンズBBクリーム 徹底比較

※2020年12月時点での情報です。
※色見本は商品画像を参考に作成していますが、お使いのモニタ環境によって実際のBBクリームの色とは異なって見えることがあります。

見た目だけじゃない。男性用BBクリームは機能で選ぼう!

リモート会議など、カメラ映りによって第一印象が左右される場面が増えてきたせいか、男性も「見た目」への意識が上がっていますよね。だからこそBBクリームに求める機能は、クマ、シミ、青ひげをひと塗りで隠せる「カバー力」に目が行きがちです。

とはいえ、一口にBBクリームといってもいろんな種類があります。
メンズBBクリームの注目度が上がればあがるほど、たくさんの商品が登場し、どれを選べば良いのか迷ってしまう、、、のではないでしょうか?

そもそもBBクリームは、スキンケアや化粧下地、日焼け止めなど、メイクに必要な面倒な手順や機能をひとまとめにして1度でカンタンに使えるように考えられた、いわばメイクのオールインワン的な存在。

商品によって、紫外線防止剤やスキンケアに必要な保湿剤や美容成分、ニキビや肌荒れを防ぐ成分など、多彩な機能を持ったアイテムがあります。

なので、自分にとってほしい機能はどれなのか?その機能を備えているアイテムはどれなのか?をチェックできると、納得のいく商品に出会えます。

まず、数あるメンズBBクリームの中で、機能性が高く、バランスが取れていて、おすすめなのはコチラ!

おすすめ厳選メンズBBクリームはコレ!

NULL ナチュラルカバーBBクリーム #02ナチュラルオークル(標準の肌色向け)

  • BBクリーム初心者でも使いやすい軽いつけ心地!
  • 肌バリア機能を助ける優秀な保湿成分をふんだんに配合!
  • ニキビや肌荒れを防ぐのに期待大の成分設計!
  • ナチュラルに仕上がる使いやすい自然な肌色!
  • お肌にやさしい紫外線カット機能!

女性用BBクリームを差し置いて、AmazonのBBクリーム売れ筋No.1に輝いたメンズBBクリーム「NULL」の新カラーバージョンです。

単色のみだった従来品(MENS NULL BBクリーム)から、明るめの肌色と自然な肌色を使い分けられる2色が登場しました!#02のナチュラルオークルは従来品の色味に近く、日本人男性の肌色に合わせやすく使いやすいカラーです。

ヒト型セラミドを始め、肌のバリア機能を補佐してくれるのに役立つ期待が持てる優れた保湿成分が追加されているのも嬉しい追加点になっています。

ニキビや肌荒れを防ぐ優秀な抗炎症成分に「グリチルリチン酸2K」が採用されてさらにバージョンアップ!しています。ベース剤にエタノールが入っているので、汗や皮脂でベトつきが気になる男性でもサッパリ・サラッと軽い使い心地で使えます。

SPF値に関しては、現在「測定/申請中」とのことですが、既存品と同じ紫外線防止剤の成分が入っているので、おそらく同等の「SPF30/PA++」クラスの紫外線カット機能を持っているのではないかと推測されますが、日常使いでの紫外線カット能力としては十分な数値ですね。

ノンケミカルとは、この商品の全成分について化学物質を何も使っていない、という意味ではなく、紫外線カット機能において「紫外線吸収剤」という特定の成分を使っていない、という意味です。日焼け止めでよく使われる言葉です。

紫外線吸収剤は人によって肌に合わない場合があるので、よりお肌にやさしく肌負担の少ないBBクリームを選びたい場合は、紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)のものがオススメです。

人気BBクリームの新バージョンであり、保湿性や抗炎症性についての機能がよりグレードアップ! オールマイティーに使いやすくBBクリームデビューにおすすめなのは「NULL ナチュラルカバーBBクリーム#02ナチュラルオークル」です。

色白さんや、より肌を明るめに見せたい場合は、色違いもあります。
>>NULL ナチュラルカバーBBクリーム #01やや明るい肌色向け(ライトオークル)

L’UOMO(ルオモ) ナチュラルBBジェルN 22g SPF37/PA+++

  • BBクリーム初心者でも使いやすいナチュラルな仕上がり!
  • SPF37/PA+++で紫外線をしっかりカット!
  • ヒアルロン酸などのうるおい成分を配合。スキンケア感覚で使える!
  • 汗で落ちにくい成分で気になる部分を自然にカバーしてくれる!
  • 塗ってる感を感じにくいナチュラルカラー!

ルオモのナチュラルBBジェルも多機能で使いやすい!おすすめのメンズBBクリームです。

紫外線カット機能とお肌にうるおいをもたらす保湿成分、汗が多い男性が使っても落ちにくい処方、といったBBクリームにとって、はずせないポイントをしっかり抑えて仕上げてあるあたりが、オールマイティーに使えるBBクリームとして優秀です。

ルオモの特徴として注目すべきは「落ちにくさ」のために使われている成分。

ルオモにはライトカバータイプと、マットキープタイプの2種類が用意されていて、ナチュラルBBジェルは、より自然な仕上がりを重視したライトタイプではあるものの、より崩れにくいマットタイプと同じ、汗や湿気に強いコーティング剤として優秀な「トリメチルシロキシケイ酸」が配合されています。

せっかく好感度アップのためにBBクリームを使うのに、時間が経ってヨレたり崩れたりしてしまっては逆効果・・・になりかねませんから、より崩れにくい設計になっているのは嬉しい特徴ですね。

スッと伸びがいいのでBBクリームが初めてでも使いやすい!
色味も明るすぎず暗すぎず、肌になじみやすいナチュラルカラーが採用されています。

ほどよいカバー力で自然な仕上がり♪ 気になる部分ををサッとカバーしながら、お肌をいたわることも忘れない、機能と性能のバランスが整ったBBクリームとしておすすめです。

UNO(ウーノ) フェイスカラークリエイター (ナチュラル) 30g SPF30/PA+++

  • BBクリーム初心者でも使いやすい!
  • SPF30/PA+++で紫外線をしっかりカット!
  • ヒアルロン酸などの保湿成分配合でうるおい効果もバッチリ!
  • ノンコメドジェニックテスト済みだからニキビが気になる時でも心強い!
  • カラーチェンジパウダーで自然な肌色にフィット!

化粧品といえば「資生堂」というくらい王道のメーカーなので、信頼感から手に取りやすいのは「UNO」!

資生堂の取り扱う商品はほぼ全てにノンコメドジェニックテストが施されており、あらかじめニキビができにくい処方になるように、組み合わせる成分や配合量までが計算されて作られていると聞きますから、そこまでの細やかな配慮が行き届くのはさすが老舗メーカーの成せるワザ!といったところ。

男性は女性より皮脂量が多く、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起きやすいので、あらかじめニキビのできにくい設計が考え抜かれたBBクリームであれば使いやすいですね。

また、このアイテムの特徴の中でも最も目をひくのが「カラーチェンジパウダー」です!

BBクリームはほぼファンデーションと一緒ですから、元々肌色のクリームになっているのが普通ですが、UNO フェイスカラークリエイター ナチュラルは、「白い」クリームなのに、肌に乗せると肌色に変わる!というなんともビックリ!な特徴を持っています。

ファンデーションを塗りなれない男性が使っても、ダマになったり伸ばしきれていないところがあれば白く目立つので、違和感を生みやすい頬や首との境目の塗り残しを防げる!という点で使いやすいと思います。

ただ、この肌色が単色なのか、その人の肌の色にちょうどよくなじんでくれるのか?はナゾですが、、、商品写真を見る限りわりと明るめな肌色なので、もともとの色白さんか、肌を明るめに仕上げたい人向けかもしれません。

もう少し暗めの肌色が好みの場合は、カラーチェンジ機能はないけれど、よりカバー力が高く、色違いから選べるタイプも用意されているので、そちらを検討することもできます。

>>UNO(ウーノ) フェイスカラークリエイター(カバー) カラーレベル3 SPF30+ PA+++ 30g
>>UNO(ウーノ) フェイスカラークリエイター(カバー) カラーレベル5 SPF30+ PA+++ 30g

なにはともあれ、紫外線カット機能も申し分ないですし、肌負担をやわらげる保湿成分もしっかり備えているので、BBクリームが初めて!という方でも使いやすいBBクリームは「UNO」です。

実は男性にこそBBクリームが必要だった!?意外な理由

BBクリームは女性用のイメージがあるかもしれませんが、実は圧倒的に男性にこそ必要なんです。

それは、男性の肌のほうが、女性より「紫外線ダメージを受けやすく、肌バリア機能が弱い」という事実が判明したから。

順番に見ていきましょう。

紫外線ダメージを受けやすい男性肌の保護に日焼け止め機能を持ったBBクリームが必要


日に焼けたって、お手入れしなくたって平気だし丈夫。それなのにかえって女性よりキレイかも!?と思えていたほどの男性のお肌ですが、なんと「女性よりも弱い!」ということが科学的に証明されてしまいました。。。

「資生堂、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことを発見」

紫外線によるダメージは肌のハリ・ツヤを奪うので、なんの対策もとらずにいたら、老け顔・疲れ顔を助長してしまいます。見た目の清潔感や輝きがちょっと足りなかったというだけで、その場での印象を下げてしまってはもったいない。。。これからは男性でも紫外線対策が必要です!

とはいえ、フツーの日焼け止めをただ塗るだけだと、顔が白くなりすぎたり、かえって顔色が悪く見えてしまったり、、、と、表情のイメージアップを計るには若干役不足なことも。

BBクリームなら、紫外線をしっかりカットしてくれるからお肌をカンタンに守ることができる。そして、もともと自然な肌色になっているから、血色良く健康的な表情に見せてくれる、ので便利♪なんですよ。

肌バリア機能が弱い傾向にある男性肌にはスキンケア成分豊富なBBクリームが必要

男性の肌は「肌バリア機能も弱い」ということが、先ほどの資生堂の研究で挙げられています。

肌バリアというのは、肌が元々備えている、紫外線や菌などの外的刺激から肌奥の大切な機能を守ったり、肌内部の水分が蒸発しないように守ったりする働きのことです。

肌バリア機能が弱いということは、紫外線や乾燥によるダメージを受けやすいということです。

ダメージを受けた肌は、うるおいがなくなり、透明感やハリを保つことが難しくなってしまう可能性が高いので、実年齢より老けて見えたり、第一印象で損する場面を増やしてしまうこともあるかもしれません。

保湿成分を失いやすい男性だからこそ、肌バリア機能を助けてくれる成分を補える期待が持てるBBクリームで、肌の状態をより健やかに保つことが必要!です。

皮脂・汗の多い傾向にある男性の肌あれを防ぐのに抗炎症機能のあるBBクリームが必要

皮脂・汗の多い男性の肌は炎症を起こしやすく、ニキビや肌荒れも起こしやすい傾向にあります。

今日の顔色やお肌の状態をカバーして見た目をアップグレードさせたいけど、BBクリームを塗ることでお肌に負担をかけないか・・・?と不安に思ってしまう場合にも、ニキビや肌荒れを防ぐ期待が持てる「抗炎症成分」が配合されているBBクリームであれば、気兼ねなく使えます。

身だしなみの1つとして一般化しつつあるからマナーとして必要

現在販売されているメンズBBクリームの謳い文句には「バレない自然な色合い」といったものが多いですが、もはや、塗っていることを恥ずかしいと思う必要はないと思います。

男性でも、BBクリームを利用する人が年々増えてきていますから、そのうち、メンズBBクリームを持つことがスタンダード、もはや、見栄えや印象を良くするためにメイクすることも当たり前、な未来になっていくことが予想されます。

寝不足や肌トラブルで顔色がさえない・・・なんて時に使うことで自分の気持ちを上げたり、周囲への配慮や好感度アップに貢献できるのならば、前向きに取り入れてはいけない理由なんてないですよね?

自分が未来人を先取り!くらいの勢いで、堂々とカッコ良く、バシッと決めちゃいましょう!

失敗しないBBクリームの選び方

BBクリームには、様々な保湿成分や美容成分が配合されており、その種類は千差万別です。自分にとってより機能性の高い成分はどれなのかが見極められると、選びやすくなります。

紫外線カット機能をチェック

男性は普段から紫外線を浴びることへの抵抗感が少ないと思いますが、紫外線を浴びすぎることによる健康への影響や、「光老化」と呼ばれる肌トラブル(シミ・シワ・たるみなど)の80%が、実は加齢よりも紫外線による影響が大きい、ということもわかってきています。

紫外線対策はもはや、美意識の高い人だけの問題ではなく、1人ひとりが対策を講じるべきテーマとして注目を集めていますし、環境省からも正しい対策ができるよう告知がなされています。
「紫外線環境保健マニュアル2020」

この先、歳を重ねても、若々しさやダンディさを保っていたい!と思うなら、日頃からサンケアへの意識を高め、今からでも紫外線対策を取り入れた方がいいと思います。

しっかり紫外線対策したいなら「SPF30/PA++」クラスのものを選ぼう

SPF30の「30」という数値は、通常、紫外線を「1」の量受けて日焼けしてしまう状態を、「30」の量浴びても日焼けしない状態までお肌の紫外線耐性を高めてくれる期待の持てる数値の指標です。

人体に影響を与える紫外線には、紫外線A波(UVA)と、B波(UVB)がありますから、UVAのカット能力を「PA」、UVBのカット能力を「SPF」で表しています。

環境省によると、下の表のように、生活シーンごとにSPF/PA値を選ぶことが推奨されています。

環境省「紫外線環境保健マニュアル2020」より

高い紫外線カット機能があっても、塗りムラがあったり、マスクで擦れたり、皮脂や汗でとれてしまったり、など、常に十分な数値が保てるとは限らないので、少し余裕をもった数値のものを選んでおくのがおすすめです。

日常生活で使用するBBクリームならば、「SPF30/PA++」クラスの紫外線カット能力があれば安心ですね。現在販売されているBBクリームも「SPF30/PA++」前後のものが多いです。

普段より直射日光の下で長時間活動することが想定される場面では、これ以上の数値のあるBBクリームを選ぶか、強力な紫外線カット機能を持つ日焼け止めを別途用意して併用するのがベストです。

紫外線防止剤の種類がバランスよく配合されているものを選ぼう

紫外線防止剤には、UVAのカットを得意とするもの、UVBのカットを得意とするもの、それぞれ種類があります。

UVAはお肌の奥まで届いて、シワやたるみの原因に、UVBは肌表面を焼いて黒くする特徴があります。なので、日焼けとエイジングケアを両立させるには、A波とB波を効率よくカットできるよう、バランス良く配合されているものを選ぶのがおすすめです。

主な紫外線防止剤の種類は下記です。

【紫外線吸収剤】
UVAに強い「ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル」
UVBに強い「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」
UVBに強い「オクトクレリン」
UVBに強い「サリチル酸エチルヘキシル」
UVBに強い「ポリシリコーン-15」
UVA・UVBに強い「ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン」

【紫外線散乱剤】
UVAに強い「酸化亜鉛」
UVBに強い「酸化チタン」

特徴から紫外線防止剤の種類を選ぶ

「吸収剤」と「散乱剤」で、肌馴染みなどの特徴が違うので、使用感から使い分ける、という選択肢もあります。

「吸収剤」はオイルに近い成分で、伸びがよく、肌馴染みがいいため使いやすい、というのが特徴です。

その反面、紫外線を「熱」エネルギーに変換することで防ぐため、人によっては肌刺激を感じる場合があります。また、光によって劣化しやすいので、2〜3時間で塗り直す必要があります。

「散乱剤」は粉なので、白浮きしやすく、肌にべったり塗ってる・・・という、重さや被膜感を感じやすい特徴があります。

紫外線を物理的に反射することで防ぐので、吸収剤に比べて、肌にはやさしく、敏感肌の人でも使いやすいところがメリットです。紫外線防止効果も劣化しにくいため、塗り直しが面倒な人は散乱剤を使用しているBBクリームがオススメです。

保湿成分は「肌バリア機能」を補える成分が入っているかチェック

お肌にうるおいを与える保湿成分には代表的なものに、「ヒアルロン酸」や「植物エキス」などがありますが、最近特に優秀な保湿成分と言われているのが、肌が元々持っている「バリア機能」を助ける成分です。

肌本来のうるおいとは、角質細胞内の「天然保湿因子(NMF)」、角質細胞同士をブロックとセメントの関係で満たしている「細胞間脂質」、お肌の表面をコーティングしそれらのうるおいを守っている「皮脂膜」のことを指します。

その主成分はそれぞれ、「アミノ酸」「ヒト型セラミド」「油脂」です。なので、お肌のうるおいを考えるなら、これらの成分が補えるかどうか、が重要です。

「天然保湿因子(NMF)」を補う「アミノ酸」をチェック

実際に人に存在し、重要といわれているのが、下の4種類。

セリン
グリシン
アラニン
アルギニン


それ以外にも、たくさんの種類があります。

プロリン、バリン、グルタミン、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジン、リシン、アスパラギン、アスパラギン酸、チロシン、フェニルアラニン、イソロイシン、トレオニン、メチオニン

これらの成分が入っているかどうかをチェックしてみましょう。

「細胞間脂質」を補う「ヒト型セラミド」をチェック

ヒト型セラミドには、以下のような種類があります。

セラミド1(EOS)、セラミド2(NSまたはNG)、セラミド3(NP)、セラミド4(EOH)、セラミド5(AS)、セラミド6(AP)、セラミド7(AH)、セラミド8(NH)、セラミド9(EOP)、セラミド10(NDS)、セラミド11(ADS)、セラミド12(EODS)

化粧水など、肌の保湿に使われる化粧品には、セラミド1(EOS)、セラミド3(NP)、セラミド6(AP)、セラミド9(EOP)がよく配合されています。

また、角質層のバリア機能の形成や角質細胞同士のつなぎ役として、より重要な役割があるのでは?と多くの専門家から注目されている「アシルセラミド」と呼ばれるヒト型セラミドは、セラミド1(EOS)、セラミド4(EOH)、セラミド9(EOP)、セラミド12(EODS)です。

これらの成分が入っているかどうかをチェックしてみましょう。

「皮脂膜」を補う「油脂」をチェック

皮脂膜の原料となる皮脂は、「油脂」「スクワレン」「エステル類」「コレステロール」で構成されています。
これらの成分が配合されているかがチェックポイントです。

特に注目なのは、皮脂膜の主成分である「油脂」です。

油脂は、主成分となる「オレイン酸」と「リノール酸」のバランスで特徴が変わってきます。

人気の高い油脂にはアルガンオイルやコメヌカオイルがありますが、これらのオイルにはリノール酸が多く含まれており、高いお肌の柔軟効果とリッチなテクスチャーが期待できる分、紫外線などの影響を受けて劣化しやすい傾向にあります。

逆に、オレイン酸が多く含まれるオイルは、テクスチャーやお肌の柔軟効果の期待値こそさがるものの、紫外線などの外部刺激の影響を受けづらく安定性が高いためお肌に負担をかけずに使える期待が持てます。

なので、日中の使用が想定されるBBクリームでは、オレイン酸が多い「ツバキ油」「シア脂」「マカダミアナッツオイル」などが配合されているとポイントが高いですね。

抗炎症成分をチェック

抗炎症成分とは、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを防いでくれる期待の持てる成分です。

皮脂や汗が多く、肌トラブルが起きやすい男性にとって、抗炎症成分が配合されているかどうかは注目のポイントですよね。

抗炎症成分が配合されているかどうかをチェック

「グリチルリチン酸2K」
「グリチルレチン酸ステアリル」
「アラントイン」

は優秀な抗炎症成分です。

これらの成分が配合されていれば、お肌をいたわりつつカバーできるので、ニキビが気になる方は絶対にチェックした方がいいです。

医薬部外品かどうかをチェック

さらに、これらの抗炎症成分が有効成分として配合されている「医薬部外品」であれば、肌荒れを防ぐ効果がより期待できます。
なぜなら、「医薬部外品」とは、一定の効果効能が認められている商品しか名乗れないからです。

肌荒れやニキビを防ぐ機能をより確かにしたいなら「医薬部外品」のBBクリームを選ぶことが大切です。

ニキビに対抗する殺菌成分の是非を決める

ニキビ対策として有名な成分に「サリチル酸」という殺菌成分があります。

ニキビができる経緯として、お肌の常在菌の働きが関わっているのですが、常在菌はお肌の健康な状態を保つのにも欠かせない存在なので、ニキビ対策したいからといって、殺菌することで常在菌を一掃してしまおう、というのはあまりにも短絡的、という考え方もあります。

上記のように、ニキビ対策は、殺菌しなくてもできることなので、選択肢はいくつもあるということを知っていてほしいです。

ただ、サリチル酸がニキビ対策として有効であることは間違いないので、利用するかどうかの是非をよく考えてみた上で、計画的に使用する方法を取り入れるようにしましょう。

落ちにくさをチェック

皮脂・汗の多い男性は、BBクリームが崩れやすいので、落ちにくい成分が配合されているかどうかも重要なチェックポイントになります。

ベース成分がオイル系かどうかチェック

そもそも、化粧品には水ベースのものと油ベースのものがあります。人の肌表面は、水をはじき、油がなじみやすいという、オイルに近い性質があるので、油ベースのBBクリームのほうが、肌なじみがよく落ちにくい傾向にあります。

つまり、シャビシャビな水っぽいタイプよりモッタリとしたタイプのBBクリームの方が落ちにくい傾向にあります。
化粧水よりは乳液、乳液よりはクリームの方が落ちづらいBBクリームである期待値が上がるという訳ですね。

このため、落ちづらいBBクリームを選びたいのであれば、テクスチャーが油っぽいものを選ぶことをおすすめします。
これが、落ちづらいBBクリームを選ぶ基本となります。

化粧崩れ防止成分が配合されているかチェック

化粧崩れ防止成分とは、落ちづらさを高める成分を言います。
「トリメチルシロキシケイ酸」
「パーフルオロ」
「酸化亜鉛」
などが有名です。

一番メジャーでよく見かける成分が「トリメチルシロキシケイ酸」という優秀なコーティング剤です。
「トリメチルシロキシケイ酸」は化粧成分に撥水性をもたらすことで、汗や湿気でよれたり崩れたりするのを防いでくれる期待が持てます。

「パーフルオロ」は、化粧成分に撥水性だけでなく、発油性をも与える成分で、汗だけでなく、皮脂によるよれや、崩れをも防いでくれる期待が持てます。

「酸化亜鉛」は、本来紫外線防止剤としての活躍が期待できる成分ですが、皮脂を固める効果も期待で来ます。このため、皮脂によるよれや、崩れをも防いでくれる期待が持てます。

これらの成分が配合されたオイルベースのBBクリームを選ぶことで、より落ちづらい男性向けのBBクリームを手に入れられる期待値がグッと増すことができます。

低刺激性をチェック

お肌にやさしいBBクリームを使いたい人は、BBクリームの低刺激性に注目することが必要です。チェックすべきはそのBBクリームのベース成分や紫外線防止剤の種類です。

ベース成分の上位5位までをチェック

ベース成分というのは、BBクリームの大半を占める成分で、肌のりの良さや保湿性をアップするために配合されている成分です。そのベース成分の種類によって、肌刺激の強さが変わってくるので、肌にやさしいBBクリームを使いたい人は、肌にやさしいベース成分が使われているかどうかをチェックする必要が出てきます。

一般的に肌にやさしいといわれているベース成分は「BG」「グリセリン」などです。逆に肌刺激になりやすいのが「エタノール」「DPG」「1,2-ヘキサンジオール」「ペンチレングリコール」などです。

なので、 我こそは「肌弱男子」と思われる方は、配合量順に記載される全成分表示をチェックして、上位5位以内に、刺激になりやすい成分が配合されていないかを確認してみるといいでしょう。

紫外線吸収剤と酸化亜鉛を避ける

紫外線防止剤の話のところでもすでに触れていますが、紫外線吸収剤は、人によっては肌刺激になりやすい成分と言われています。

また、紫外線散乱剤の「酸化亜鉛」も、皮脂を吸着して、皮脂による崩れを防止してくれるので、皮脂が多い男性には重宝する成分という説明をしましたが、人によっては毛穴に詰まってブツブツが気になる原因になったり、あるいは金属アレルギーの心配がある、など、人によっては合わない場合があります。

低刺激性のBBクリームを使いたい場合は、吸収剤や酸化亜鉛を避けて選ぶのがオススメです。

環境へのやさしさをチェック

環境にやさしいBBクリームを使いたい場合は、紫外線防止剤として、吸収剤ではなく、散乱剤を使用した商品を選ぶ方がいいでしょう。

吸収剤でよく使われる成分は「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」です。

日本ではメジャーな紫外線吸収剤ですが、海外では海の生態系に影響を与える成分として、使用に規制がなされる方向で動いています。ハワイやいくつかの南国リゾートでは2021年から販売が禁止されました。日本ではまだそこまでの規制はありませんが、そのうち変更があるかもしれません。

今後、特に、海でのレジャーや海外に持参する場面では使い方に気をつける必要があることを、頭の片隅にでも置いておいた方が良いと思います。

自分に合うカラーをチェック

メンズBBクリームは日本人男性の肌色に合わせて開発されているものが多く、男性でも違和感なく使える色合いのものが多いですが、明るめ、暗め、黄味強めなど、各アイテムごとに特徴があるので、ある程度、自分の肌にマッチしそうと感じる色合いのものをあらかじめ選べると失敗なく使えると思います。

比較表に、商品写真から集めた色見本を載せたので参考にしてみてください。

商品名uno ナチュラルuno カバー(3)THE FUTURERolandale × NULL(LIGHT)Rolandale × NULL(BASIC)NULL01MOOJL’UOMO(ナチュラル)L’UOMO(マットキープ)EVERSKINnullNULL02DANBIuno カバー(5)TEXMEXLIPPS BOYMen’s URUTASvegeboyREGNOSLIPPS BOYMENONMenzBasicPHYTOGRAM(ライト)PHYTOGRAM(ミディアム)DTRT(ナチュラル)STAR’SDTRT(カバー)PHYTOGRAM(ダーク)
イメージ
色見本
明るさ明るめ明るめ明るめ明るめ明るめ明るめ普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通暗め暗め暗め暗め暗め暗め暗め
カラーナチュラルカラーレベル3なじみやすいベージュカラーLIGHTBASICライトオークル自然な肌色自然な肌色自然な肌色日本人男性により馴染みやすい肌色オークルナチュラルオークル日本男性の平均的な肌色カラーレベル5自然な肌色#001 明るい肌色ベージュに近いブラウンカラー日本人の肌に合わせた自然な色味日本人男性向けカラー#002 自然な肌色男性の肌色に合わせた「色合い」健康的な肌色ライトミディアムヌードベージュ日本人男性の肌に自然になじむ色ベージュダーク
AMAZON購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入
メンズBBクリーム 色比較

※色見本は商品画像を参考に作成していますが、お使いのモニタ環境によって実際のBBクリームの色とは異なって見えることがあります。

目的別メンズBBクリームおすすめ11選

多機能♪マルチなBBクリームはコレ!

NULL ナチュラルカバーBBクリーム #02ナチュラルオークル(標準の肌色向け)

  • 大人気NULLのBBクリームがより機能性をパワーアップさせて新登場!
  • 日本人男性の肌色に合わせやすい自然な肌色!
  • ヒト型セラミドなどの肌本来のうるおいを保つために必要な保湿成分を配合!
  • ニキビや肌荒れを防ぐ期待が持てる抗炎症成分配合!
  • 従来品と同等の機能(SPF30/PA++程度)が期待できる紫外線カット機能!(現在SPF値:測定・申請中)
  • 紫外線吸収剤不使用!(ノンケミカル)

Amazon売れ筋BBクリームNo.1に輝いたNULLの新カラーバージョンです。
従来品(MENS NULL BBクリーム)のオークルに近いナチュラルオークルと、より明るいカラーのライトオークルの2色展開になっています。

肌本来のうるおいを守っている「ヒト型セラミド」など、肌バリア機能の底上げが期待できる成分がふんだんに追加されてバージョンアップしています!

ニキビや肌荒れを防いでくれる期待の成分「グリチルリチン酸2K」が採用されて、よりお肌にやさしい設計になっています。
汗や皮脂が気になる男性でもサッパリと軽い使い心地で使えるエタノールベースのBBクリーム。

紫外線カット機能については現在計測中とのことですが、従来品が持っていたSPF30/PA++クラスの紫外線防御力はあるだろうと推測できますから、日常使いでの紫外線対策にもピッタリです。

肌弱さんには刺激になりやすい紫外線吸収剤は不使用(ノンケミカル)。

紫外線カット機能をもっと万全にしたい場合は、日焼け止めを併用するのがベストです。同じNULLシリーズに日焼け止めも用意されているので、お揃いで使えば相性がよく使いやすいと思います。

>>NULC 日焼け止め パーフェクトウォーター SPF50+/PA++++ 60g
>>NULL 日焼け止め メンズ ウォータープルーフ (顔 & 全身 用) SPF50+/PA++++ 40g

多機能でBBクリームデビューに使いやすいおすすめのメンズBBクリームです。

明るい肌色バージョンもあります。
>>NULL ナチュラルカバーBBクリーム #01やや明るい肌色向け(ライトオークル)

L’UOMO(ルオモ) ナチュラルBBジェルN 22g SPF37/PA+++

  • 汗っかきな男性が使っても崩れにくい優秀なコーティング剤を使用!
  • 肌になじみやすく、塗ってる感を感じにくいナチュラルカラー!
  • ヒアルロン酸などの保湿成分配合で、お肌のうるおいを保ちながらスキンケア感覚で使える!
  • SPF37/PA+++で日常の紫外線対策もバッチリ!

初めてBBクリームを使う男性でも使いやすいナチュラルタイプのbbクリーム!

せっかく好印象アップを狙って使ったのに、時間とともにドロッと崩れたりヨレたりしてしまっては逆効果・・・そんな事態に陥らないために、優秀なコーティング成分を使っているのがルオモの特徴!
崩れにくいマットタイプと同じ「トリメチルシロキシケイ酸」が配合されているので、汗っかきな男性でも使いやすい♪

ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているので、メイクやメイク落としなど一連の動作に慣れていない男性の肌もやさしくいたわりうるおすことのできる設計になっています。

日常生活で気になる紫外線もしっかりカットできるので、シミ・シワやたるみなど気になる肌トラブルを回避し、エイジングケアしたいときにも重宝します。

日本人男性に合わせた使いやすい肌色で、気になる肌悩みをサッとカバー、お肌をいたわる保湿成分と紫外線対策、汗崩れをおさえる成分など、男性がBBクリームに求める機能がバランス良く整ったおすすめのメンズBBクリームです。

ニキビ対策を重視するならコレ!

【医薬部外品】メンズウルタス(MENS URUTAS) メンズ BBクリーム 30g SPF30/PA++

  • 医薬部外品!ニキビや肌荒れを防ぐ抗炎症成分「グリチルリチン酸2K」が有効成分として配合!

メンズ用BBクリームは、ニキビ対策用に考えられた設計になっているものが多いですが、こちらのメンズウルタスには、ニキビや肌荒れを抑える成分が「医薬部外品」の有効成分として配合されています。

医薬部外品とは、その有効成分の効能が国から認められた証であり、認可を受けた製品しか名乗ることができないので、その成分の効果としては、同じ成分を配合している他の化粧品よりグレード的には上、と考えることができます。

BBクリームの中で医薬部外品の製品は数少ないので、ニキビ対策を重視するなら、メンズウルタスがおすすめです。

NULL BBクリーム オークル 20g SPF30/PA++

  • 「サリチル酸」配合で、ニキビの原因とされるアクネ菌を殺菌!気になるニキビ肌のケアに期待大!

女性用BBクリームを差し置いてAmazonの売れ筋No.1に輝いたBBクリーム。
NULLのBBクリームは新カラーバジョン2種が新発売されていますが、こちらは以前からある従来品バージョンです。

日本人男性の肌色に合わせた使いやすいカラーで、ほどよいカバー力と保湿力を兼ね備えた使いやすいBBクリームです。

皮脂量の多い男性のニキビ対策に期待大!殺菌作用のある「サリチル酸」が配合されています。

ニキビは皮膚の常在菌であるアクネ菌の増え過ぎが原因と言われていますから、「サリチル酸」は気になるニキビを素早くなんとかしたい時に期待できる成分です。

ただ、皮膚の常在菌はお肌の健やかな環境を維持するために必要な存在でもあるので、殺菌剤が持つ「他の必要な常在菌をも殺菌してしまう」という特徴や、短期集中的なニキビケアではなくメイク用品として「長期間使用し続けること」への是非は考えたいところ。

ニキビ対策には、肌荒れを防ぐ「グリチルリチン酸2K」のほうが穏やかに作用するので、よりお肌へのやさしさを期待するなら新バージョンの方が使いやすいかもしれません。

>>NULL ナチュラルカバーBBクリーム #02標準の肌色向け(ナチュラルオークル)
>>NULL ナチュラルカバーBBクリーム #01やや明るい肌色向け(ライトオークル)

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター BBクリーム (カバー カラーレベル3) 30g SPF30+/PA+++

  • ノンコメドジェニックテスト済みなので、皮脂量が多くニキビが気になる男性肌にも使いやすい!
  • 気になるニキビ跡を目立たなくしてくれるカバー力を持っているからナチュラルな仕上がり!

資生堂の取り扱う化粧品はほぼすべての商品について「ノンコメドジェニックテスト」が施されており、元々ニキビができにくい処方が考えられて作られています。

また、こちらのカバータイプなら、気になるニキビ跡も自然に隠してくれるので、ニキビが気になる時にはこれが使いやすいですね。

紫外線対策で今後の肌ケアも重視したいならコレ!

【お得な洗顔料付き】メンズコスメ DTRT BBクリーム ナチュラル 30ml SPF50+/PA+++

  • 最高クラスの紫外線カット機能!
  • セットの洗顔料がついているので、何で洗えばいいの?という疑問を解決!

日常使いを想定した紫外線カット機能が施されたBBクリームが多い中、こちらは炎天下の紫外線にも耐え得る最高クラスに近い紫外線カット機能が設定されています。

屋外で過ごす時間が長い場合は、紫外線カット機能の高いBBクリームがおすすめです。
カラーも少し暗めの肌色なので、色黒さんや日焼けした肌向けのカラーになっているのではないでしょうか?

また、BBクリームを使い慣れないうちは、何で洗えば良いの?普段のボディーソープで落ちる?という不安も持ちがちですから、セットで洗顔料が付いているのもポイント高いですね。

皮脂・汗に強い、落ちにくいタイプならコレ!

MOOJ メンズBBクリーム 30g SPF37/PA+++

  • 崩れ・ヨレに強い優秀なコーティング剤「トリメチルシロキシケイ酸」高配合!
  • 皮脂を吸着してくれる「酸化亜鉛」配合で、テカリ・ベトつきの心配が少ない!

BBクリームをせっかく丁寧に伸ばし、ムラなくなじませても、時間が経つと汗と一緒にドロッと流れたり、シワや毛穴部分に溜ってスジや点が強調されてかえって汚く見えてしまうことを、化粧の「ヨレ、崩れ」などと言います。

汗をかきやすい男性でも崩れにくい、優秀なコーティング剤「トリメチルシロキシケイ酸」が配合されているのがこちらのMOOJ メンズBBクリーム。

「トリメチルシロキシケイ酸」が採用されているBBクリームは他にもいくつかありますが、配合量順に記載されているとされる全成分表示で「トリメチルシロキシケイ酸」の登場順位が一番早いのがMOOJです。

使われている成分を見ただけでその機能の全てを把握できる訳ではないのですが、商品のアピールポイントとして「汗に強く、テカらない崩れにくいファンデーション効果」が謳われている点と、Amazonの売れ筋TOP10の中にランクインしているなどの人気ぶりからも、使用感やカバー力など、全体的に満足感を感じやすいアイテムに仕上がっているであろうという期待を込めてピックアップさせていただきました!

しっかりした紫外線カット機能を持ちながら、紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)なので、お肌への負担を減らしながら、スキンケア、エイジングケア、肌色補正、好印象アップの全てにアプローチしたい時に重宝するBBクリームです。

シミ、青ひげ隠しにカバー力が高いのはコレ!

L’UOMO(ルオモ) マットキープBBクリームN 25g SPF35/PA++

  • 優秀なコーティング剤「トリメチルシロキシケイ酸」配合だから崩れにくい!
  • 「酸化亜鉛」が皮脂を吸着してくれるのでテカリやベトつき知らず!

こちらも崩れにくい優秀なコーティング成分「トリメチルシロキシケイ酸」を使用した、ルオモのマットキープバージョンです。
汗や湿気に強いから、高温多湿な日本での日常使いにぴったり。

また、皮脂を吸着してくれる「酸化亜鉛」も入っているので、テカリやベタつきを抑えてくれる期待大。

汗・皮脂に強く、カバー力が高いタイプなので、男性でも使いやすく、自然な仕上がりで、シミ・クマ・青ひげ・ニキビ跡などの気になる肌悩みをサッと隠してくれます。

肌ヨワ男子に。お肌にやさしいタイプはコレ!

[Amazon限定ブランド] フィトグラム BBクリーム ミディアム シボレー メンズ 30g

  • 紫外線散乱剤「酸化チタン」のみの配合で肌負担を抑えて紫外線カット!
  • とにかく肌にやさしいBBクリームを使いたいならフィトグラムがオススメ!

ヘアメイクアップアーティスト小椋ケンイチ氏(おぐねぇー)プロデュースのBBクリーム。

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)で、酸化亜鉛も不使用。使用している紫外線散乱剤は肌トラブルが少ないとされる「酸化チタン」のみだから、肌弱さんにとっては貴重なBBクリーム。

SPF15/PA+と紫外線カット機能は控えめですが、日常使用を目的としていれば十分な数値。

その分お肌への負担は少なめと言えるので、肌へのやさしさをとにかく重視したい人のためのBBクリームはこちらがオススメです。

Rolandale × NULL クリームファンデーション (BBクリーム) BASIC(明るめ肌~普通肌の男性) 32g SPF23/PA+++

  • 肌バリア機能の回復に期待大!の「ヒト型セラミド」配合!
  • 紫外線ダメージや肌バリア機能が弱い男性にピッタリの保湿成分が充実のラインナップ!

人気BBクリームNULLのローランドプロデュースバージョン。

なんといっても目をひくのは、豊富なスキンケア成分。
ヒト型セラミドや油脂など、お肌本来のうるおいを保つのに助かるうるおい成分が潤沢に配合されています。

その分、若干お値段は張るのですが、、、ここまでの保湿成分を兼ね備えたBBクリームはプチプラではなかなか見かけないので、さすが、「見つめられる肌」「好印象の肌」を極めたホスト目線で作られたBBクリームだと感じます。

カラーはやや明るめなので、色白さんか、肌のトーンアップを狙いたい人向けです。

塗ってる感がない自然な仕上がりを目指すならコレ!

UNO(ウーノ) フェイスカラークリエイター BBクリーム (ナチュラル) 30g SPF30/PA+++

  • 白から肌色に変わる「カラーチェンジパウダー」採用!
  • BBクリームビギナーでも使いやすい!

資生堂独自の発想から生まれた「カラーチェンジパウダー」で、白色クリームが肌の上で肌色になじむから、首筋や耳の際など、塗り残しやムラになりやすい場所にも伸ばしやすい、BBクリーム初心者さんでも使いやすいBBクリームです。

ノンコメドジェニックテスト済みで、ニキビが気になる時でも使いやすい。
気になる肌悩みをサッと隠してナチュラルな仕上がりを目指せるBBクリームです。

まとめ

「いくつになってもステキな存在でありたい」と願うのは女性も男性も同じ。

未来の常識は現在の非常識。すでにメンズコスメは人気アイテムになっており、「男がメイクなんて・・・」などと感じる時期は過ぎています! BBクリームが少しでも気になったなら迷わず手に取ってもらいたいです。

そのメンズメイクの人気っぷりを象徴するように、すでに数多くのBBクリームが登場してきています。自分が一番重視する点はどこか?のポイントを抑えた上で探せば、納得のいくBBクリームにきっと出会えます。

「BBクリームデビューにぴったり多機能」
NULL ナチュラルカバーBBクリーム #02ナチュラルオークル(標準の肌色向け)
L’UOMO(ルオモ) ナチュラルBBジェルN
UNO(ウーノ) フェイスカラークリエイター BBクリーム (ナチュラル) 

「ニキビ対策」
【医薬部外品】メンズウルタス(MENS URUTAS)
NULL BBクリーム オークル
uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター BBクリーム (カバー カラーレベル3) 

「紫外線カット率」
DTRT BBクリーム ナチュラル

「落ちづらさ」
MOOJ メンズBBクリーム

「カバー力」
L’UOMO(ルオモ) マットキープBBクリームN

「肌へのやさしさ」
フィトグラム BBクリーム ミディアム
Rolandale × NULL クリームファンデーション (BBクリーム) BASIC(明るめ肌~普通肌の男性)

「自分に合う色味」

商品名uno ナチュラルuno カバー(3)THE FUTURERolandale × NULL(LIGHT)Rolandale × NULL(BASIC)NULL01MOOJL’UOMO(ナチュラル)L’UOMO(マットキープ)EVERSKINnullNULL02DANBIuno カバー(5)TEXMEXLIPPS BOYMen’s URUTASvegeboyREGNOSLIPPS BOYMENONMenzBasicPHYTOGRAM(ライト)PHYTOGRAM(ミディアム)DTRT(ナチュラル)STAR’SDTRT(カバー)PHYTOGRAM(ダーク)
イメージ
色見本
明るさ明るめ明るめ明るめ明るめ明るめ明るめ普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通普通暗め暗め暗め暗め暗め暗め暗め
カラーナチュラルカラーレベル3なじみやすいベージュカラーLIGHTBASICライトオークル自然な肌色自然な肌色自然な肌色日本人男性により馴染みやすい肌色オークルナチュラルオークル日本男性の平均的な肌色カラーレベル5自然な肌色#001 明るい肌色ベージュに近いブラウンカラー日本人の肌に合わせた自然な色味日本人男性向けカラー#002 自然な肌色男性の肌色に合わせた「色合い」健康的な肌色ライトミディアムヌードベージュ日本人男性の肌に自然になじむ色ベージュダーク
AMAZON購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入
メンズBBクリーム 色比較

自分にピッタリのBBクリームをいち早くゲットして「いつまでもカッコイイ男」を目指していきましょう♪

Scroll to Top