【秋キャンプ】におすすめな日焼け止め5選!2021年最新版!

目次

心地のよい秋キャンプ!日焼け止めを選ぼう!

夏とは段違いの過ごしやすさが楽しい秋キャンプ♪
ですが、秋とはいえ、日差しに潜む紫外線のダメージは油断なりませんよね?
ですから、帽子や長袖による日焼け対策はもちろん、日焼け止めが大事。
ところが、手の空かないキャンプ、塗りなおしてばかりもいられないし、いちいち手を汚すのも嫌だ。
実は、日焼け止めには特徴を決める成分要素がいくつかあり、そこを上手に見極めれば、あなたのニーズにぴったり合う日焼け止めも選べるんです。
そこで、さまざまなニーズが求められる秋キャンプで使いやすい日焼け止めをご紹介いたします!

秋キャンプにおすすめの日焼け止めNo1はコレ!

とにかく、キャンプにまずおすすめしたい日焼け止めはコレ!
焼かない、落ちない、持久力あり、使いやすい!
アウトドアユーヴイのアウトドアUV シリーズ!

created by Rinker
OUTDOORUV(アウトドアユーヴイ)

¥2,970(ホワイトバージョン)¥3,575(ナチュラルカラーバージョン)
ホワイト・ナチュラルカラーから選べる
●SPF50+ PA+++
最高ランクの紫外線防止性能なのに、劣化しない紫外線散乱剤のみ配合。だから効き目長持ち
●紫外線吸収剤不使用で低刺激かつ自然に優しい
●スティックタイプだから片手で手を汚さず使える、手袋装着のままOK
●汗や皮脂に強いオイルタイプかつ酸化亜鉛配合!だから落ちにくい
●ハッカ油、ユーカリ油配合で虫除けも対応
●固形なので漏れの心配なし。激しいアクティビティーにも携帯可能

※2020年10月
現在の情報です。

落ちにくい。効き目長持ち。使い勝手がよい。
とりあえずキャンプに必要な性能を抑えきっている日焼け止めです。
さらに、、、
SPF50+の最高ランクなので、秋キャンプに限定せず夏や高山でも使えます。
虫除け効果付与もうれしいですよね!
固形スティックタイプで携帯にも便利ですから、とりあえず持っていて正解!の日焼け止めです。

秋キャンプだからこそ選べる!低刺激日焼け止めならコレ!

紫外線量の比較的少ない秋だからこそ、低刺激ですませられるお肌や自然に優しい日焼け止めを選びたい!そんな日焼け止めが、キュレル UVエッセンスです。

¥1,100(楽天市場)
●SPF30+ PA+++
●程よい性能は秋キャンプにぴったりの低刺激設計
紫外線吸収剤不使用に加え、低刺激な酸化チタンのみ配合だから低刺激かつ自然に優しい
●医薬部外品で抗炎症成分配合だからお肌を守りながら使える。使えるお肌の幅が広い
●アルコールフリー
●ノンコメドジェニックテスト・アレルギーテスト・敏感肌パッチテスト。多くの試験を実施済で安心感が違う※1
●擬似セラミド配合だからお肌の調子を整える化粧水効果も期待できる
優しい皮膜だから、洗顔でさっぱりかつ
低刺激にオフできる

※ 2020年10月
現在の情報です。
※1 すべてのかたにアレルギー、皮膚刺激、コメドができ無い事を約束できるものではありません。

強力な紫外線降り注ぐ『夏キャンプならともかく、そこまで高い紫外線防止性能を必要としないせっかくの『秋キャンプ』。
性能よりも刺激性やエコにこだわりたいという方におすすめ。
花王渾身!とにかく肌刺激を防ぎたい方に向け開発しました!といわんばかりの成分設計になっています。
その結果、低刺激紫外線散乱剤の酸化チタンのみの採用になっている点も◎。
お肌にも環境にも優しい設計となりました。
まだお肌の強さがわからない小さなお子さんにも向いています。
優しさにこだわった設計は、比較的お肌を選ばず使えるので、家族や友人、皆で共有したいときにも便利!

キュレル UVエッセンスの詳細な解説はこちら!

秋だって絶対に焼きたくない!とにかく焼かない日焼け止めはコレ!

とにかく焼きたくない!紫外線ダメージを受けたくない!
ならば、ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトミルクがおすすめ!

¥1,218(AMAZON)
●SPF50+ PA++++
●紫外線防止性能最高ランクに加え、多種の紫外線防止剤がバランスよく配合されているため、他の最高ランク日焼け止めに比べ、防止幅に期待が持てる
●オイルベースで、とにかく落ちにくいため、高温、多湿、過酷な環境でも効果を発揮する

※ 2020年10月
現在の情報です。

紫外線防止機能最高ランクは当たり前。
紫外線吸収剤として
UVBに強い『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
UVAに強い『ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
紫外線散乱剤として
UVBに強い『酸化チタン

UVAに強い『酸化亜鉛

を配合。

吸収剤、散乱剤のダブル配合に加えバランスも考えられた設計で、紫外線を幅広い受け口で強力カット。過酷な条件化でも落ちづらいから隙を与える心配もほとんどありません。
あとは、吸収剤の機能低下を防ぐため、念を入れた2時間おきの塗りなおしをすればまさに鉄壁。
そこまでしてでも、秋キャンプに参加せざるを得ない方向けともいえる一品です。

おすすめの秋キャンプ日焼け止めを比較!

商品イメージ
商品名 アウトドアUV ホワイト キュレル UVエッセンス ビオレUVアスリズム スキンアクアパーフェクトスティック ミノン アミノモイスト ブライトアップベース UV
値段 ¥2,970(W)¥3,575(N) ¥1,100 ¥1,200 ¥746 ¥1,588
配合量 10g 50g 65ml 10g 25g
どんな人向き? 秋キャンプに汎用性あり 低刺激!いろんな肌に使える とにかく焼かない! 白浮きしたくない! 強力カットで低刺激かつエコ
SPF 50+ 30 50+ 50+ 47
PA ++++ +++ ++++ ++++ +++
日焼け止めの種類 散乱剤(亜鉛+チタン) 散乱剤(チタン) 吸収剤+散乱剤(亜鉛+チタン) 吸収剤 散乱剤(チタン)
虫除け 有り 無し 無し 無し 無し
落ちにくさ ×
洗顔方法 石鹸レベル お湯洗いレベル クレンジングレベル 石鹸レベル クレンジングレベル
白浮き 有 ナチュラルタイプも気持ち有
タイプ スティック ミルク オイル スティック オイル
AMAZON 購入 購入 購入 購入 購入

※値段は変動するので2020年参考値です。

秋キャンプでも日焼け止めが要る理由

紫外線の活発な夏に比べ、紫外線の衰える秋。衰えたとはいえ、いなくなるわけではありません。ですから、秋でも日焼け対策は大切です。
最近では、秋はおろか、1年を通しての日焼け対策が推奨されています。
この背景にあるのが、日焼けのもと『紫外線』に対する考え方の変化です。
紫外線は単に日焼けを促す光線ではなく、人体へダメージを与え、長期間かけて健康を害す刺激物であるという考え方が浸透しつつあるのです。

日焼けしない!が目的じゃない。お肌の健康を守るために秋キャンプの日焼け止めは必要

紫外線が人体に引き起こすのは、『日焼け』だけではありません。
日焼けなんかより、もっと深刻なのが、お肌の奥、お肌を生む基底層や、更にその奥、お肌を支える真皮層への目に見えないダメージです。

ダメージは次第に蓄積し、シワやタルミとなって目に見える形で現れます。
また、お肌の奥にある大切な細胞のDNAへのダメージも注目が集まっています。
ダメージを受けたDNAは再生されます。が、なんどもダメージを受けるうちに再生を間違え設計違いの細胞を生み出してしまう心配があるのです。
このため最近では、
若い頃からの紫外線対策が推奨されています。
単なる日焼け止めではなく、紫外線ダメージに注目が集まっているというわけですね?

ですから、秋キャンプとはいえ、屋外での長時間の遊びです。
焼ける焼けない以前に、紫外線ダメージ防止のためにも日焼け止めは必要です。

秋キャンプでも標高や遮蔽物次第では夏並みの紫外線も想定できる

紫外線量を決めるのは『時期』だけではありません。
木陰が多ければ当然紫外線量は減少します。
わかりやすいですよね?
もう一つ注目なのは標高です。

紫外線は、オゾン層のオゾンと空気中の酸素によってその多くは吸収されます。
注目は酸素です。標高が高くなれば高くなるほど紫外線が酸素に吸収される機会は減ります。ですから、高い山や高地での秋キャンプならば、夏の平地並みの紫外線量は想定できてしまうのです。
環境庁は、山の紫外線は高度が1,000m上がるごとに10〜12%ほどアップするとのこと。

秋だから大丈夫!とはいえず、高い標高や遮蔽物の少ない高地と条件を生みやすいキャンプでは、十分な日焼け対策がやはり大切です。

秋キャンプにぴったりの日焼け止めを選ぶ5つのポイント

日焼け止めに決定的な良し悪しは無く、絶対コレ!と呼ぶことは難しいです。
ですが、秋キャンプで使う!といった具体的な目的を持って選ぶのならば選ぶべきポイントは絞り込めるため、ちゃんと考える必要があります。

  1. SPF値PA値だけでなく、配合されている紫外線防止剤やテクスチャーから紫外線防止機能を想定する
  2. 配合成分のバランスで決まる肌なじみを想定する
  3. 配合されている紫外線防止剤から低刺激性を想定する
  4. 配合成分で決まる落ちづらさを想定する
  5. 酸化チタンの配合の有無で白浮きを見抜く

詳しく理解するならば化学やお肌の知識がかなり必要となりますが、日焼け止め選びの根拠をつかむ程度ならそう難しくはありません。構えずにかるーく読み飛ばしてくださいw

日焼け止めの紫外線防止機能の高さの真の見抜き方

紫外線は
紫外線A(UVA):多くが地上に到達し、比較的お肌浸透力が高く、しわ、たるみの原因とされている
紫外線B(UVB):オゾン層や酸素で吸収されるが、一部が地上へ到達し、DNAの損傷、皮膚癌、しみ、そばかす、日焼けなどの原因となるとされている
紫外線C:もっとも害が大きいがほぼオゾン層などで吸収されるため地上に到達することは無い
に分けられます。

そして、日焼け止めの紫外線防止機能は
UVAへの防止機能を示す『PA
UVBへの防止機能を示す『SPF
で示されているわけです。
私たちの多くは、パッケージにあるSPFとPAで日焼け止めを選んでますよね。

ただし、SPFやPAは単純にあてにしてはいけない側面があります。
このPA,SPFは一定のルールに従って測られた数値ですから、私たちが実際に使用するときにもこのルールに従って初めてその数値どおりの効果が期待できるわけです。

平たく言うとムラ無く一定の厚さを保って塗ることです。
となると、紫外線防止機能を計るには『塗りやすさも重要ですよね?
厚塗りしやすさを決めるのは、『オイル』っぽさです。
オイルは油性成分の多いお肌へよく馴染むからです。

ですから、1,000mクラスの高地で高い紫外線量が想定される秋キャンプで、SPF50+以上の高い紫外線防止機能を求める場合、オイリータイプを選ぶこと、少なくとも水っぽいウォータータイプは避けるべきです。

日焼け止めの肌なじみの見抜き方

先述のように、お肌に良くのる、馴染むには『オイルっぽさ』がある程度必要です。
ですから、シャビシャビなタイプほどお肌に乗りづらく、ベタベタなタイプほどお肌に良く馴染む。というわけです。
なので、配合量順に記載される全成分表示において、上位記載がジメチコンやイソノナン酸イソノイルなどの油性なものをで埋まっているほど肌なじみが良いというわけです。
難しいですよね?
そこで注目なのが、『水』の記載位置です。
水っぽさを決める一番の要因はもちろん『水』です。

『水』の記載が3位以降くらいからそれなりに肌のリの良い日焼け止めとなる傾向にあります。秋キャンプで、厚めの皮膜が求めたいのであれば、『お水』の記載位置は3位以降、少なくとも1位のものを避けることが重要かもしれません。
ですが、あくまで予見するための目安です。
実際のテクスチャーとも相談しましょう。

日焼け止めの特別な低刺激性の見抜き方

敏感肌の方は、化粧品を選ぶのが難しいですよね?
敏感肌の方で、化粧品で避けたい成分として警戒されるのは
DPG
エタノール
1,2-ヘキサンジオール
ペンチレングリコール
あたりだと思います。

日焼け止めの場合、同じく上記の成分を警戒すべきですが、日焼け止めだからこそ特別に警戒するべき成分があります。紫外線防止剤です。

まず、警戒するのであれば紫外線防止剤のうち

紫外線吸収剤
とよばれる成分です。
紫外線吸収剤は紫外線をカットする過程に化学反応を必要とします。
このため、お肌周りでさまざまな変化を生む心配があるのです。
また、化学変化の結果生まれる熱も何らかの変化を促してしまったり、お肌の乾燥を促すといった刺激の心配もあります。

つぎに、紫外線防止剤のうち
紫外線散乱剤
のうち、酸化亜鉛と
呼ばれる成分です。
酸化亜鉛は紫外線を物理的に反射するので化学変化を必要としません。
ですから、紫外線吸収剤にくらべて比較的安全とされています。

ですが酸化亜鉛は、汗などに反応して金属イオンを放出する心配があります。
この金属イオンが金属アレルギーを引き起こす心配があるわけです。
なので、金属アレルギーが心配な方は避けるべき成分です。

また、酸化亜鉛は皮脂の主成分を固める機能が期待できます。
この機能は、皮脂による日焼け止め崩れを防ぐ期待が持てるという反面、毛穴詰まりなどのトラブルも引き起こす心配のある成分であるという欠点も有り、敏感肌が気になる方には避けるべき成分ともいえます。

では、なんなら良いのか?
現状最も誰の肌にも安全性が高い傾向にあるのは
酸化チタンのみ配合した日焼け止めとされています。
あくまで、傾向です。お肌は人それぞれ、極端な話、基本『水』以外はなんだって刺激に成りえます。
そもそも、ここで紹介した敏感肌の方が避けるべき成分が配合された日焼け止めも、ほとんどの人のお肌にとって刺激となる可能性は非常に低いです。だから堂々と販売されてるわけですからね

あくまで、敏感肌や乾燥肌でお肌のトラブルがおきやすい方、心配な方は、酸化チタンのみ配合のものをまず選んでみる。もしくは、使用してみてトラブルがあったときの原因究明の参考程度に利用しましょう。

日焼け止めの落ちづらさの見抜き方

日焼け止めの落ちづらさを決めるのは3つ
・ベース基剤の種類がオイルよりかどうか?
・界面活性剤の配合量が少ないか無いか?
・化粧崩れ防止成分の配合があるか?
YESが多いほど落ちづらい傾向にあります。

ベース基剤の種類がオイルよりかどうか?

コレについては、先述済みですね?
お肌は油系成分で成り立っているため、水を弾き油が馴染みます。
前述同様、全成分記事の『水』の順位の高さと、実際のテクスチャーで想定しましょう。

界面活性剤の配合の有無

日焼け止めは油っぽければ油っぽいほど馴染みやすいので良いか?というと単純にそうは言い切れるものではありません。
・とんでもない厚い皮膜は感触が良くない。
・全体での成分配置にムラになってしまう心配がある。(うまく成分が分散できていない)
・洗顔時落ちづらくなり、クレンジングなどの高刺激洗浄に頼らなくてはいけなくなる。
などなどのデメリットがあるからです。
ですから、ある程度の水っぽさも必要といえるわけですね?
そこで活躍するのが水と油を混ぜ合わせ、全体で成分をバランスよく分散するノニオン界面活性剤です。
これにより、日焼け止めのテクスチャー、安全性、機能性などの調整を行っているわけです。

が、界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる機能を持っているために、日焼け止めへの配合は日焼け止めのお水での落ちやすさが上がります。
ずばり、雨や汗で落ちやすくなるのです。

なので、究極に落ちづらい日焼け止めを求めるのであれば、カチャカチャ振ってから使う日焼け止めを選ぶと良いかもしれません。界面活性剤が使用されていない為に、使用する都度自力で成分を分散させる必要がある日焼け止め=界面活性剤不使用のものである可能性が高いからです。

化粧崩れ防止成分の配合があるか?

化粧崩れ防止成分は本来、化粧下地に配合されている成分です。
現在化粧崩れ防止の為に配合される成分は
1、水にも油にも強いフッ素変性シリコーンの配合
・パーフルオロオクチルトリエトキシシランなど
※~フルオロ~を含む成分

2、化粧落ちの大きな原因、皮脂を固める成分
・酸化亜鉛

3、撥水性のシリコーン皮膜を形成する
・トリメチルシロキシケイ酸

の3つが主流。
日焼け止めでは、そもそも日焼け止め成分である2の
酸化亜鉛の配合があるものがかなり多く、3のトリメチルシロキシケイ酸の配合があるものをいくつか見ることができます。

まとめ

3つの要素すべてを抑えれば、秋キャンプでも落ちづらい最強日焼け止めといえますが、落ちづらさは
洗浄しづらい
高刺激性
などのデメリットも無くはないです。
秋キャンプでの使用は短期的!ですから、落ちづらさ重視で選ぶのは間違いないではないですが、デメリットも抑えて選択しましょう!

日焼け止めの白浮きを避けるのなら酸化チタンを避けよう

日焼け止めを塗ると白く粉っぽいものが浮くことがありますよね?
あれは、紫外線防止剤のうち『酸化チタン』の仕業。
比較的安全性の高い酸化チタンだけに残念なデメリットですが、白浮きを避けるのであれば『酸化チタン』は避けるのが無難です。
一部、白浮きしづらい酸化チタンとして一粒を細かくした酸化チタンを採用したものもありますが、まったく白浮きしないのは難しいそう。そのうえ、細かすぎる酸化チタンは経皮吸収による毒性についてヨーロッパで警鐘が鳴らされているようです。

また、白浮きしない新たな紫外線散乱剤として『酸化セリウム』が新たに開発されていますが、まだその機能性、安全性はベールに包まれています。

白浮きしない紫外線散乱剤はこれからが楽しみな紫外線防止剤です。
白浮きしない日焼け止めを求めるには現状は素直に、『酸化チタン』を避けるに留まった方が無難です。

 

おすすめ5選

アウトドアユーヴイのアウトドアUV シリーズ

created by Rinker
OUTDOORUV(アウトドアユーヴイ)

¥2,970(ホワイトバージョン)¥3,575(ナチュラルカラーバージョン)
ホワイト・ナチュラルカラーから選べる
●SPF50+ PA+++
最高ランクの紫外線防止性能なのに、劣化しない紫外線散乱剤のみ配合。だから効き目長持ち
●紫外線吸収剤不使用で低刺激かつ自然に優しい
●スティックタイプだから片手で手を汚さず使える、手袋装着のままOK
●汗や皮脂に強いオイルタイプかつ酸化亜鉛配合!だから落ちにくい
●ハッカ油、ユーカリ油配合で虫除けも対応
●固形なので漏れの心配なし。激しいアクティビティーにも携帯可能
※2020年10月現在の情報です。

高い!でもその分性能は高いです。
だから、アウトドアなら、やっぱりコレをまず手に入れておきたい。
秋キャンプはもちろん、アウトドア専用の日焼け止めのベースとして是非お手元に♪

ぬりやすい、落ちづらい、劣化しづらい!とにかくアウトドアに必要な機能がまず抑えられている!

スティックタイプだから片手ですばやく使えるし、固形のオイルタイプだから落ちづらい、紫外線散乱タイプだから紫外線カット機能が低下しずらい。
虫除け効果まで搭載。
その上で最高クラスの紫外線カット効果のSPF50+PA+++で標高や季節を選ばず使える!
小さく持ち運びやすい上に、漏れの心配も少ないので、車やザックに忍ばせておけば心強いお供になってくれます。

キュレル UVエッセンス

¥1,100(楽天市場)
●SPF30+ PA+++
●程よい性能は秋キャンプにぴったりの低刺激設計
紫外線吸収剤不使用に加え、低刺激な酸化チタンのみ配合だから低刺激かつ自然に優しい
●医薬部外品で抗炎症成分配合だからお肌を守りながら使える。使えるお肌の幅が広い
●アルコールフリー
●ノンコメドジェニックテスト・アレルギーテスト・敏感肌パッチテスト。多くの試験を実施済で安心感が違う※1
●擬似セラミド配合だからお肌の調子を整える化粧水効果も期待できる
優しい皮膜だから、洗顔でさっぱりかつ
低刺激にオフできる
※ 2020年10月現在の情報です。

※1 すべてのかたにアレルギー、皮膚刺激、コメドができ無い事を約束できるものではありません。

刺激が気になる。秋の穏やかな紫外線。
目的地の標高も特別高くないなら、低刺激にこだわったキュレル UVエッセンスを選ぶのも一手。

とにかく低刺激を選びたいならまずはコレ!

まず、超低刺激の条件、医薬部外品で抗炎症成分配合であり、お肌をいたわりながら目的をである紫外線カットを計ることが出来ること。
その上、
アルコール(エタノール)
DPG
1,2-ヘキサンジオール
ペンチレングリコール
紫外線吸収剤
酸化亜鉛
といった刺激になるかもしれない成分を一切使っていないことが注目ポイント。
日焼け止めの低刺激の条件をすべてクリアしているといってよいと思います。

しかも、洗顔時落ちやすい設計になっていて、さらなる低刺激、アミノ酸系洗浄成分の洗顔フォームでも十分落ちる期待が持てるため低刺激洗顔にもつなげることが可能な点も◎。

お肌を選ばず使えるので、お子様や自分以外のひとにも安心して共有できるのも良いですね!

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトミルク

¥1,218(AMAZON)
●SPF50+ PA++++
●紫外線防止性能最高ランクに加え、多種の紫外線防止剤がバランスよく配合されているため、他の最高ランク日焼け止めに比べ、防止幅に期待が持てる
●オイルベースで、とにかく落ちにくいため、高温、多湿、過酷な環境でも効果を発揮する※ 2020年10月現在の情報です。

絶対焼かないなら、コレ!
2時間おきに塗れば鉄壁間違いない!!

複数種の紫外線防止剤がバランスよく配合された上に、落ちにくい対紫外線のエキスパート!

紫外線吸収剤として
UVBに強い『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
UVAに強い『ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
紫外線散乱剤として
UVBに強い『酸化チタン

UVAに強い『酸化亜鉛

が配合されています。

とにかくバランスが良いうえに最高ランクSPF50+PA++++。
SPF50+の「は50以上の意味を持ちます。
ビオレUVアスリズムスキンプロテクトミルクの50+は期待度満点です。

そして耐久力の指標の一つ、落ちづらさにも注目です。
ビオレUVアスリズムスキンプロテクトミルクは、高温多湿、あらゆるハードな環境でも落ちにくい!
絶対焼きたくない!にはうれしい性能ですよね?
だから、ライン下りや、山登りなど激しめの秋キャンプでも安心です。

ただし、配合することで紫外線カット効果の幅を広げてくれる分、活躍すると効果の薄れていく紫外線吸収剤をふんだんに使っているので、絶対焼かないならば、2時間おきの塗りなおしが必須です。ご注意を。

なんとしてもっ、、、、なんっとしても焼かない!
そんな矛盾を抱えて秋キャンプへ連れて行かれるあなたにもおすすめですw。

スキンアクアパーフェクトスティック

 

¥748(AMAZON)
●SPF50+ PA++++
●使いやすいスティックタイプ!なのに、プチプラはスーパーレア!
紫外線吸収剤だけの配合だから白浮きしない!
●固形オイルベースのスーパーウォータープルーフだから環境を選ばず落ちにくい!
※ 2020年10月現在の情報です。
※ 
2020年10月現在すでに製造終了のアイテムだから、販売は在庫限りです。お買い求めはお早めに!

こちらも便利な固形スティックタイプ!
最初に紹介したクマさん日焼け止め、アウトドアUVと同じくとっても使いやすい!
秋キャンプなどのアウトドアでは、必ず片手でササッと使えるスティックタイプがとにかく便利!

とにかくコスパが良い!スティックタイプでガンガン使うならこちらが便利!

低刺激系日焼け止めの宿命。白浮きをしない!

断トツのコスパと、白浮きしない日焼け止め!というのがスキンアクアパーフェクトスティック独特の特徴です。
男性の方や色黒の方は白浮きだけはしたくない!という方も多いですよね?

秋キャンプで白浮きしたくないときに絶対おすすめなのがこれです。
白浮きしないのも当然。
白浮きの元凶である『酸化チタン
はおろか、白浮きを手伝う『酸化亜鉛すら使用してない。紫外線防止剤が完全吸収タイプの日焼け止めです。

その上、使いやすいスティックタイプで、ウォータープルーフだから、汗や湿気に強く、タフなアウトドアでも安心して使えます。

またスティックタイプが良いけど、秋キャンプだしそこまでの性能は要らない。
ってか、クマさんちょっと高い、、、という方にもびしっとハマル設計になっています。
改めて、スティックタイプのライバル、クマさん日焼け止めと、アウトドアUVとを比べてみましょう。

商品イメージ
商品名 アウトドアUV ホワイト スキンアクアパーフェクトスティック
値段※ ¥3,500 ¥746
日焼け止めの種類 散乱剤(亜鉛+チタン) 吸収剤
虫除け
白浮き

スキンアクアの圧倒的なコスパの差が光りますね。
ただ、やはり性能に差があります。
アクアパーフェクトは吸収剤を利用しているために、白浮きのデメリットがない分、紫外線カット機能が低下していくデメリットを抱えています。
同じ50+でも、スキンケアアクアをはじめとする吸収剤を配合した日焼け止めは、
時間がたてば50+を維持できない心配があります。吸収剤オンリーのアクアパーフェクトはなおさらです。
このため、一般に2時間おきが適正といわれる「塗りなおし」が必要となるのです。
これは、秋キャンプにおいて多くの人にとってのデメリットですよね。
とはいえ、白浮きを避けるのに塗りなおしは基本的に避けられないデメリットです。

そんなデメリットでむしろ目を引くのがアクアパーフェクトの最強の魅力『コスパ
です。
塗りなおしに躊躇もしづらいので複数個購入しておいてガンガン使のにも向いています!

コスパ重視の日焼け止めならこちらがおすすめです!

ミノン アミノモイスト ブライトアップベースUV

 

¥1,586(AMAZON)
●SPF47 PA+++
●刺激となりやすい成分を徹底排除&紫外線防止剤は『酸化チタン』のみ配合の超低刺激設計なのに、SPF47・PA+++の高機能性!
豊富なアミノ酸成分配合で、お肌のバリア機能と潤いをサポート!美容効果も期待できる!
化粧崩れ防止成分配合だからお水や汗でとっても落ちづらい!化粧下地としても活躍する!
抗炎症成分配合配合でお肌の調子を整えながら紫外線をカット!とにかく優しい。。。
※ 2020年10月
現在の情報です。

圧倒的な低刺激設計かつ、高い紫外線カット能力の二つを兼ね揃えた、性能と低刺激において安定のミノンシリーズの日焼け止め。
低刺激とエコはもちろんキープ!
その上、、、、
落ちづらい!
性能も高い!
性能維持力も高い!
だから、塗りなおし回数も減らせるでしょ!?
そんなわがままさんにはこれがおススメ!

低刺激かつ、高性能。落ちづらい化粧下地としても◎

DPG
エタノール(アルコール)
紫外線吸収剤フリー
しかも、紫外線防止剤は『酸化チタン』のみ配合の超低刺激設計。
なのに、SPF47・PA+++の高機能性をもっています!

この時点でかなり異質な日焼け止めですが、そもそもミノンアミノモイストブライトアップベースは、「化粧下地」です。
「化粧下地」も「日焼け止め」も化粧崩れがお題目の製品であるため、役割も配合成分もかなり似ています。というか、基本ほとんど同じです。

ただし、ミノンアミノモイストブライトアップベースには、化粧下地でよく見かける
トリメチルシロキシケイ酸
という化粧崩れ防止成分が配合されています。
この成分は化粧成分に撥水性、つまり水を弾く力をプラスしてくれる成分です。
それにより、お水により強い日焼け止めを実現してくれてるわけですね?
このため、日焼け止めとしての落ちにくさによる効果時間の期待値が高いといえます。
しかも、紫外線防止成分は、劣化しない「酸化チタン」
のみ。

ようするに、SPF47という高い紫外線カット性能を長時間維持できる期待値が高いため、塗りなおしの必要性をぐっと抑えることの出来る日焼け止めであるといえるわけですね!

このため、
ミノンアミノモイストブライトアップベースは塗りなおしが嫌いな方のニーズにもバッチシこたえる性能を持っているといえます。

もちろん、本来の機能化粧下地として利用するにもばっちりです!

 

日焼け止めのお供、洗顔料もあわせて選ぶと◎!

日焼け止めと切っても切れない関係にあるのが、クレンジングやW洗顔用の洗顔フォームです。

いくら低刺激の日焼け止めを選んでも、必要の無い高刺激なクレンジング、高洗浄力の洗顔フォームで根こそぎ油性成分を落としてしまっては元も子もないですし、

高機能の紫外線防止機能を持っている日焼け止めを選んで、うまく紫外線ダメージを防げたとしても、こうした日焼け止めにありがちな、高い皮膜力や、大量の油性成分に対抗できるクレンジングや洗顔フォームを選ばないと、成分残しを起こしてしまい、それはそれで本末転倒です。

日焼け止め選びは、あわせてつかうことになるクレンジングと洗顔フォームを選んではじめて完了することも抑えておきましょう。

洗浄成分の選び方

秋キャンプでつかう日焼け止めは一時的。だから、結構強めの日焼け止めを選ぶ方が多いのではないでしょうか?
そうした場合、クレンジング+洗顔料でのW洗顔をおススメします。
このように、洗浄成分はつかった日焼け止めの落ちやすさにあわせて選んで生きます。

では、どんなクレンジングと洗顔フォームの組み合わせが良いのか?
今回おススメした日焼け止めごとの推奨セットをお供としてご紹介しておきます。

強洗浄力がおすすめ!ビオレUVアスリズムとミノンアミノモイスト ブライトアップベースUV

クレンジングの油分吸収力は
ミネラルオイルタイプ
合成エステルタイプ
油脂タイプ

の順に強い傾向にあります。

ビオレUVアスリズムとミノンアミノモイスト ブライトアップベースUVは
強い皮膜力をもったうえ、たくさんの油性成分が配合されているために油脂成分をそれなりに強力吸収するクレンジングがまず必要。
おすすめは合成エステルタイプ!
特におススメしたいのがFANCLEのマイルドクレンジングです。

なんだ知ってるよって声が聞こえるくらい有名なアイテムですが、低刺激性と程よい洗浄成分がもっとも定評のある成分構成になっていることが最大のおススメポイント。
ただし、これ自体も強い残留性を持ち合わせているために、W洗顔は必須で通常の石鹸ベース(市販はほぼ必ず石鹸ベース)の洗顔フォームを利用してすっきり落としましょう。

やさしくしっかり落とせる油脂クレンジング+アミノ酸洗浄フォームがおススメ!アウトドアUV、スキンアクアパーフェクトスティック

さきの2アイテムに比べて比較的皮膜力の低いこの2つならば、残留しても刺激になりづらく、むしろお肌の特徴を整える期待すら持てるうえ、油性成分をやさしく吸収してくれる油脂クレンジングがおすすめ。
特に、完全油脂タイプのクレンジング!
AGB クレンジングオイル
が断然おススメ!
リッチなテクスチャーは必見?です。

created by Rinker
アルガンビューティー(Argan Beauty)

完全油脂タイプを選んだのなら、石鹸ベースのW洗顔はもったいない!
低刺激低洗浄力のアミノ酸系洗顔フォームを選ぼう!
そもそもレアなアミノ酸系洗顔フォーム。
特におすすめのアミノ酸系洗顔フォームは

キュレル泡洗顔料です。

石鹸系洗顔フォームかアミノ酸系洗顔フォームに挑戦がおススメ!キュレル UV エッセンス

L

キュレル UV エッセンスくらいの超低刺激系日焼け止めならば、肌負担になりやすいクレンジングの使用はいらないとさえいえそうです。
ただ、お湯のみで落ちるというほどではないはずなので、洗顔フォームで優しくOFFしましょう。

特におススメなのが、先におススメしたアミノ酸系洗顔フォームによるWキュレルコースです。

ここまできたら、あなたも低刺激の達人ですw

まとめ

いかがでしょうか?
奥の深い日焼け止めの世界。
紫外線は、美容を超え、健康と垣根を無くし、今後さらに注目のあつまるジャンルであり、そのため、日焼け止めは大きな変化を控えていると確信しています。
今後も注目が必要です。
判明したニュースが報告され次第随時発信していく所存ですw

長文にお付き合いくださりありがとうございます。。。恐縮です。
それでは、お気に入りの日焼け止めとの秋キャンプ、楽しい思い出となることをお祈りしております!いってらっしゃい!またきてね!

Scroll to Top