当サイトはアフィリエイト広告を利用しています 

脂性肌(油性肌)におすすめの日焼け止め

脂性肌の場合、日中テカってしまったり、日焼け止めが浮いて、紫外線カット機能が上手く発揮されなくなってしまったりしますよね?そんな、脂性肌でも安心して使える日焼け止めについて、調べてみました!

脂性肌(油性肌)なら、酸化亜鉛ベースの日焼け止めをまず試してもらいたい!

脂性肌とは、お肌本来のバリア機能である皮脂膜を作るべく、毛穴から生まれる皮脂がもともと多い方のお肌のこと。
脂性肌の方は、日焼け止め成分の内の油性成分が皮脂と混じりあって浮いてしまう為、お肌が油脂成分でテカってしまったり、日焼け止め成分が皮脂と混じりあい、うまく機能してくれなくなってしまう心配があります。

そんな脂性(油性)肌の方にぜひおすすめしたい日焼け止めは、ノブUVミルクEXです。

脂性肌におすすめしたい日焼け止め!ノブUVミルクEX

created by Rinker
ノブ(NOV)
¥2,500 (2024/04/13 18:11:30時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥2700 35g ¥77.1/g

酸化亜鉛という、紫外線を散乱してくれる紫外線カット成分のみで普段使いに十分なSPF32PA+++の紫外線カット機能を持ち合わせている日焼け止めです。

酸化亜鉛は、紫外線をカットしてくれるだけでなく、毛穴から生まれる皮脂の一部を吸着硬化してくれる期待の持てる成分なので、日焼け止め成分のサラサラ感の持続や、テカリ防止効果が期待できます。

そんな酸化亜鉛だけで、十分な紫外線カット機能を持ち合わせているノブUVミルクEX。
脂性肌で、化粧崩れやテカリが気になる方にぜひ一度お試しいただきたい逸品です。

脂性肌(油性肌)に酸化亜鉛を含んだ特別な日焼け止めが必要な理由

脂性肌、乾燥肌、乾燥肌、アルコール過敏症、金属アレルギー。
様々な肌があるから、様々な選択肢があり、正解が一つでないのが日焼け止め。

脂性肌の方の場合、一番悩ましいのは、当面『テカリ』や『化粧崩れ』だと思います。

これを解決してくれる期待がもてるのが、日焼け止め成分の内、紫外線を散乱してくれる『酸化亜鉛』。

『酸化亜鉛』は、ただ、紫外線を散乱してくれるだけでなく、皮脂中の遊離脂肪酸という成分に反応して、金属石鹸のような役割をして、皮脂を吸着して硬化してくれる効果が期待できるので、化粧崩れやテカリの防止まで期待できるため、サラサラ感の持続に貢献してくれることまで期待できるのです。

脂性肌(油性肌)におすすめの酸化亜鉛を含んだ特別な日焼け止めの選び方

脂性肌(油性肌)におすすめの酸化亜鉛を軸にした日焼け止めは、そう珍しくもないのですが、選び方にコツがあります。
まず第一に、基本、配合量順に記載のある全成分表示での酸化亜鉛の記載順位に注目です。

全成分表示の上位に酸化亜鉛の記載があること

紫外線カット成分は一つではなく

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
  • オクトクリレン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

等々、数えきれないほどたくさんの種類があるのが日焼け止め。

そんな紫外線カット成分の中でも、脂性肌のテカリ防止やメイク崩れが防止できる期待がもてるのは酸化亜鉛。
紫外線カット機能の高さを示すSPF/PAですが、同じ国内最高ランクのSPF50+PA++++でも、その最高ランクのカット機能を叩き出している成分がどの成分かによって脂性肌向きかどうかが、大いに変ってくるというわけですね!

そこを見極める唯一の方法が、全成分表示。
全成分表示は基本的に配合濃度順に記載があるので、脂性肌におすすめしたい酸化亜鉛の表示順位が上位にあることのチェックが必要です。

そのうえで、紫外線カット機能を示すSPF/PAが高いのであれば、酸化亜鉛高濃度配合が示唆してくれるわけですね♪

同時配合された紫外線カット成分の種類にも注目すると◎!

紫外線カット成分には、紫外線をカットしてくれる方法の違いによって

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

に分けられます。

脂性肌におすすめしたい紫外線カット成分は、皮脂を吸着硬化してくれる期待の持てる酸化亜鉛。
酸化亜鉛は紫外線散乱剤です。

ほとんどの日焼け止めは、紫外線カット成分を複数種配合されているため、如何に脂性肌におすすめしたい酸化亜鉛中心の日焼け止めであったとしても、酸化亜鉛以外の紫外線カット成分に注目することで、さらにあなた好みの日焼け止めが選べる期待がもてます。

どうすれば、更にあなた好みの日焼け止めが選べるか?
まず注目するべきは、酸化亜鉛以外の紫外線カット成分の種類です。

紫外線吸収剤は、紫外線エネルギーをお肌の代わりにまともに受けて、赤外線や熱エネルギーに変換することで紫外線エネルギーからお肌を守ってくれます。

紫外線吸収剤の紫外線カット
紫外線吸収剤の紫外線カット

紫外線エネルギーをまともに受けてカットしてくれるので、紫外線をカットすればするほど変化を伴って、紫外線カット機能が低下していく傾向にあります。

そのかわり、日焼け止め特有の不自然な塗った感の見栄え、白浮きは起こりずらいのが特徴です。

一方、紫外線散乱剤は、紫外線エネルギーをまともに受けず、高い光の屈折率によって捻じ曲げて受け流します。

紫外線散乱剤の紫外線カット
紫外線散乱剤の紫外線カット

紫外線カットの過程で成分自体は変化を起こさないので、紫外線をいくらカットしても紫外線カット機能は低下する心配はありません。

その代わり、可視光線まで屈折させまくるので、塗ったところが不自然に白く光り浮き上がる、『白浮き』を起こします。

脂性肌におすすめしたい紫外線カット成分は、紫外線散乱剤の酸化亜鉛。

酸化亜鉛は、シワやタルミといったエイジングに重要なUVA領域のカットが得意なうえ、紫外線カット機能が低下しづらい紫外線散乱剤です。
また、紫外線散乱剤の中でも酸化亜鉛は比較的白浮きしづらい傾向にあるのも特徴の一つです。

通常、日焼け止めは、複数種の紫外線カット成分で構成されるため、酸化亜鉛以外の紫外線カット成分に何が配合されて、紫外線カット機能の高さを示すSPF/PAを叩き出しているかによって、より、あなたに向いている日焼け止めかどうかが判断できる!というわけです。

例えば、酸化亜鉛+紫外線吸収剤ならば、カット機能は低下しやすいものの、白浮きが控えめな日焼け止め。
酸化亜鉛+紫外線散乱剤ならば、紫外線カット機能は物理的に落ちでもしない限り、低下しないとみる事が出来るものの、これ以上なく白浮きする心配がある、、、、といった感じ♪

あなた好みの調合はいかがなものでしょうか??

酸化亜鉛のみ配合の日焼け止めを選ぶとお試しに◎

酸化亜鉛は、脂性肌のテカリや化粧(日焼け止め)崩れ防止に絶大な効果が期待できるのは、化学的根拠からいって間違いありません。

ですが、一部の敏感肌の方に酸化亜鉛が肌に合わない現実があるのも無視できない事実として上がります。

酸化亜鉛は皮脂を吸着硬化してくれる期待の持てる分、皮脂を生み出す毛穴で詰まりを起こす心配があったり、汗などに反応して金属イオンを放出し、金属アレルギーを引き起こしたりする心配もあります。

さも怖い言い方をしてしまうのがコスメの悪いところではありますが、効き目があるということは、その分、若干の副作用があるのは当たり前の話。

つまり、優秀な酸化亜鉛はお肌に合わない可能性もあるのです。

ですから、あなたの脂性肌にバッチリ合うこともあれば、合わない事もありうることに注意が必要です。
散々おすすめしておいて申し訳ありませんが、そうした問題をひとつづつクリアしてお試ししていくのがコスメ選びの宿命です。

酸化亜鉛の是非を選ぶのにおすすめなのが、酸化亜鉛のみで一定のSPF/PAを叩き出している日焼け止めです。

おすすめのノブUVミルクEXは、酸化亜鉛のみでSPF32PA+++の日常使いに十分な紫外線カット機能を表示する日焼け止め。

酸化亜鉛の配合濃度が程よく、十分なカット機能が期待できるので、お試しにもピッタリです。

紫外線カット成分が酸化亜鉛のみで構成された日焼け止めは数が少ないため、希少な逸品であることは間違いありません。

脂性肌におすすめの酸化亜鉛配合の日焼け止め

酸化亜鉛を軸にした日焼け止めは沢山あります。
その中でも、シーン別に脂性肌に特におすすめしたい日焼け止めをいくつかご紹介させていただきます。

脂性肌でも絶対焼きたくないなら、ハトムギノンケミカルUVスプレー

created by Rinker
スリフト
¥980 (2024/04/13 05:51:23時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥998 250g ¥3.9/g

SPF50+PA++++の国内最高ランクの紫外線カット機能をもつ、脂性肌でも絶対焼かきたくない方に絶対おすすめの日焼け止めです。

酸化亜鉛ベースで、同じ紫外線散乱剤である酸化チタンも配合のある優秀な日焼け止め。

名前の通り、ノンケミカルであることも重要なポイントの一つ。
ノンケミカルとは、紫外線吸収剤を利用していない日焼け止めの総称です。
ケミカルとは、紫外線カットの過程で化学反応を起こし、変化する紫外線吸収剤の使用を意味するわけですね♪

ハトムギノンケミカルUVスプレーは、紫外線吸収剤を一切使わないで作り上げた日焼止め。
ですから、紫外線吸収剤のデメリット

  • 肌刺激になりやすいこと
  • 紫外線をカットすればするほど紫外線カット機能が低下していくこと

といった弱点を完全にシャットアウトできる期待がもてるわけですね♪

そのかわり、紫外線散乱剤だけでSPF50+PA++++の国内最高ランクの紫外線カット機能を持つということは、紫外線散乱剤のデメリット

  • 白浮きすること

も最大限に引き出してしまうことにも注意は必要です。

また、ハトムギノンケミカルUVスプレーの無視できない特徴のひとつとして、敏感肌に避けられがちな成分も見当たらない低刺激性もおすすめする大きな理由。

スプレータイプの多くは、殺菌成分で一世風靡しているエタノール高濃度配合が目立つ中、低刺激性に富んだハトムギノンケミカルUVスプレーは逸品と言えます。

酸化亜鉛だけで程よいSPF/PAだから白浮きは穏やか! ノブUVミルクEX

created by Rinker
ノブ(NOV)
¥2,350 (2024/04/13 12:31:06時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥998 250g ¥3.9/g

改めていちおしをご紹介♪

皮脂を吸着硬化してくれる期待の持てる紫外線散乱剤、酸化亜鉛のみでSPF32/PA+++の普段使いに十分な紫外線カット機能を持つ日焼け止めです。

酸化亜鉛は脂性肌でも、テカらない、成分崩れしないが期待できる優秀な成分ですが、肌に合わない方もいらっしゃるので、お試しが大事!
そんな酸化亜鉛試しに持ってこいなのがノブUVミルクEX!

紫外線カット成分に酸化亜鉛しか使っていない上に、普段使いに十分なSPF32/PA+++だから配合濃度も程よいと考える事が出来るからです。

しかも、酸化亜鉛はどうしても白浮きしてしまう紫外線散乱剤の中でも、白浮きが穏やかなことが特徴。
紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルタイプの日焼け止めの中でも、自然な仕上がりになりやすいのも嬉しい特徴ですね。

おまけに、敏感肌に避けられがちな成分も見当たらない低刺激設計。
幅広いお肌に受け入れられる期待値が高いのです。

ただ、脂性肌向けの日焼け止めなだけでなく、低刺激、白浮きしづらい、プチプラ、カット機能が低下しづらい、普段使いに持ってこいのSPF/PA、これ以上ないくらい高い汎用性が光るノブUVミルクEX。
脂性肌におすすめできる日焼け止めとして逸品です。

酸化亜鉛のみでSPF50+PA++++の高い紫外線カット機能を持つ脂性肌向けの日焼け止め

created by Rinker
JMソリューション
¥1,800 (2024/04/14 00:26:59時点 Amazon調べ-詳細)

参考価格 ¥1881 20g ¥94/g

コスメ先進国韓国ならではの日焼け止めスティック。

脂性肌向けの酸化亜鉛のみで、SPF50+PA++++の国内最高ランクの紫外線カット機能を持った日焼け止めです。
これだけでも非常に稀有。
この条件を満たす日焼け止めとしては、

リトルハンズハワイ<肌色(ベージュ)> 28g SPF40+/Broad spectrum(UVA/UVB protection)
ノーブランド品

と、ハワイ製の2本が上がりますが、こちらは植物油脂などの皮脂に近しい成分が主軸で作られた乾燥肌向けの日焼け止め。
特に脂性肌の方に使ってはいけない理由にはなりませんが、脂性肌向け?といった具合に、納得いきづらい使用感に思えるかもしれないと想定してローズメイプルームをいちおしにしたまでです。

どちらも、酸化亜鉛だけで素晴らしい紫外線カット機能を秘める脂性肌向けの日焼け止めと言えますね!

みずみずしく使いやすい!ジェルタイプの雪肌精 クリアウェルネス UV ディフェンス トーンアップ

参考価格 ¥1980 70g ¥28.2/g

大人気!ジェルタイプ!

脂性肌だからこそ、オイリーな質感よりもみずみずしく使えるジェルタイプが良い!という方も多いでしょう。

そんなジェルタイプで、脂性肌に特におすすめなのが、酸化亜鉛ベースが特徴の雪肌精シリーズ。
その中でも、程よいSPFとPAを持つクリアウェルネスUVディフェンセンストーンアップが特におすすめです。

エタノールの配合もあり、清涼感も楽しめるのもおすすめのポイントの一つ。
ただし、みずみずしく使い勝手の良いテクスチャーがある分、雪肌精に含まれるエタノールやDPGといったベース成分は敏感肌に避けられがちな成分。
お肌が弱い方はテスターなどで、エタノールやDPGが配合された日焼け止めがお肌に合うかチェックをしてからの購入がおすすめです。
意外にも使い勝手の良いテクスチャーの物の方が敏感肌に向かない傾向にあるのです。

また、酸化亜鉛に加えて、同じ紫外線散乱剤である酸化チタンの配合がある事もポイントの一つ。
酸化亜鉛は、エイジングケアに必須なUVAを中心とした幅広い波長のカットが得意な成分ですが、日焼けの元となるヒリヒリ痛く赤くなるサンバーンを引き起こすUVBのカットは出来ないとまではいかずとも、得意とは言えません。

この弱点を補うのがUVBカットが得意な酸化チタンというわけですね♪

しかも、カット機能が低下しづらい同じ紫外線散乱剤で補うのですから、嬉しいメリット

  • いくら紫外線をカットしてもカット機能が低下する心配が無い

ことは変りません。
その分白浮きの心配はあがりますが、物は考えよう♪
名前の通り『トーンアップ』として着こなしてしまえばデメリットでもなくなりますよね。

低刺激かつ高いカット機能のうえにみずみずしいジェルタイプ!マザー&ドーターUVジェル

created by Rinker
¥1,680 (2024/04/13 07:39:17時点 Amazon調べ-詳細)


参考価格 ¥1980 50g ¥39.6/g

脂性肌向けの酸化亜鉛ベースで、UVBをカバーできる酸化チタンを加えたカット機能が低下しづらい上に低刺激性に長けたノンケミカルタイプ(紫外線吸収剤不使用)の日焼け止め。
しかも、SPF50+PA++++の国内最高ランクのカット機能をも誇ります。

そのうえ、敏感肌に避けられがちな成分も見当たらない低刺激設計。

これだけの条件を兼ね揃えていて、脂性肌に嬉しいジェルタイプ♪
スーッと伸びるテクスチャーが大人気の日焼け止めです。

さらに!本来高級美容液に配合のある、人本来のバリア機能と潤い保持を担う

  • ヒト型セラミド3種類配合

ヒト型セラミドは、近年大注目を浴びる新たな期待がもてる優秀成分。
単なる保湿成分とは期待値の次元が違うのです。

そんなヒト型セラミドを3種類も配合されたマザー&ドーターはもはや優秀日焼け止め美容液ジェルといえますね!

脂性肌向けの酸化亜鉛ベースのおすすめ日焼け止め徹底比較

脂性肌にはとにかく酸化亜鉛をまず試していただきたい!
ということで、7種類の選択肢をご紹介しました♪

ここで、7種の日焼け止めを表にして比較してみましょう!

商品名ハトムギノンケミカルUVスプレーノブ UVミルクEXローズ メイプルーム トーンアップ UVスティック FLOWERリトルハンズハワイ<無色(ホワイト)>リトルハンズハワイ<肌色(ベージュ)>雪肌精 クリアウェルネス UV ディフェンス トーンアップマザー&ドーター UVジェル
イメージ
会社名アイスタイル常盤薬品JMソリューションLittle Hands HAWAIILittle Hands HAWAIIコーセーツーウェイワールド
アマゾン順位129位1408位917位311位(UVカット・日焼け止め)
参考価格998270018813700370019801980
内容量250g35g20g28g28g70g50g
コスパ¥3.9/g¥77.1/g¥94/g¥132.1/g¥132.1/g¥28.2/g¥39.6/g
カラー無着色ライトピンク無色(ホワイト)肌色(ベージュ)ラベンダー
色見本
香り無香料無香料ローズの香り透明感のある香りゼラニウム
ウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフウォータープルーフ80分持続ウォータープルーフ80分持続
容器スプレーチューブスティックスティックスティックチューブチューブ
タイプLPGリキッドミルク固形固形固形ジェルジェル
SPFSPF50+SPF32SPF50+SPF40+SPF40+SPF35SPF50+
PAPA++++PA+++PA++++UVAも防ぐと言われるブロードスペクトラムUVAも防ぐと言われるブロードスペクトラムPA+++PA++++
ノンケミカル
紫外線カットのバランス
紫外線防止剤の総数2111122
酸化亜鉛:散乱剤(UVA)1111111
酸化チタン:散乱剤(UVB)1000011
トリメチルシロキシケイ酸(撥水性分)23位に有り
特別な特徴ノンケミカル、逆さスプレーOK化粧下地にも韓国製。化粧下地にも。トーンアップタイプ。ハワイ製。唯一の有効成分は非ナノ酸化亜鉛ハワイ製。唯一の有効成分は非ナノ酸化亜鉛大気中の微粒子をブロック、化粧下地効果
低刺激性◎+◎++◎++
DPG4位
エタノール5位
1,2ーヘキサンジオール43位
ペンチレングリコール46位
グリセリン41位9位11位
ジグリセリン
BG7位4位40位18位2位
PG
ヘキシレングリコール
エチルヘキシルグリセリン47位
プロパンジオール42位
カプリリルグリコール37位
抗炎症成分ありあり
ヒト型セラミド3種(3,6,2)
AMAZON詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる
脂性肌におすすめしたい日焼け止め

※数値は参考値です。値段や順位は変動します。

無難性で言えば、やはりノブがいちおし。
プチプラっぷりならばハトムギノンケミカルUVスプレーが断トツでおすすめですね。
海外製のスティックタイプは、コンパクト且つ液漏れせず、持ち運びに便利ですから、塗り直し用に持ってこいですね♪

一方、ジェルタイプの2選は、テクスチャーが人気ですし、さも、脂性肌によさそうですが、実際はみずみずしい日焼け止めほど脂性肌に効果があるわけではありませんので、あくまで好みのテクスチャーがジェルの時に選ぶべき選択肢。

脂性肌=ジェルなどみずみずしい日焼け止めが合うというわけでは無いことも抑えておきましょう!
とはいえ、脂性肌の方ほど、みずみずしいテクスチャーをお好みである傾向にあるから推薦した優秀な逸品ではあります♪

脂性肌におすすめの日焼け止め まとめ

脂性肌の方にとって、日焼け止めが浮いたり、テカったりするのは大きな悩み。
そんな方に、まず試していただきたいのは、皮脂を吸着硬化してくれる期待の持てる酸化亜鉛を軸にした日焼け止めです。
酸化亜鉛には金属石鹸のような効果が期待できる訳ですね。

今回は酸化亜鉛ベースの日焼け止めを7種類ほどご紹介しましたが、酸化亜鉛配合ならば、ベースではなくとも配合があれば脂性肌の悩みを解決してくれる期待の持てる日焼け止めといえ、選択肢の幅はまだまだあります。

酸化亜鉛+白浮きしない紫外線吸収剤で、白浮きがさらに穏やかな日焼け止め。
酸化亜鉛+酸化チタン+紫外線吸収剤で、紫外線を散乱も吸収もしてくれる、とにかく頼もしい紫外線カットが期待できる日焼け止め。

選択の幅はとことん広いんです♪

当サイトでは、脂性肌の方向けの日焼け止めだけでなく、幅広く細かいキーワードでの日焼け止めをはじめとしたコスメの選択肢を真剣に吟味し、たくさんの記事でご紹介させていただいています。

なので、他の記事もご参考にしていただくと最高です。

脂性肌向けの日焼け止めのご紹介はここまでです。
長文にお付き合いいただきありがとうございました♪

Scroll to Top